TwitterFacebookLINE

皇室問題分析室は本物の告発サイトである。皇族と公的組織が連携し『異常なシナリオを実行している事実』を学術的分析を交え解説する。国民の大半は知らない実話である。

皇室が政府と連携し『如何なる国家犯罪を行っているのか』学術的分析もおこない問題点の解析と解説を行う。異常なシナリオを正当化する為に日本の諜報機関までもが加担し世界中を愚弄している現状を告発する。

【第二次世界大戦をシナリオに組み込んだ国家犯罪の分析及び告発(皇室問題分析室)】

皇室問題分析室は本物の告発サイトである。皇族と公的組織が連携し『異常なシナリオを実行している事実』を学術的分析を交え解説する。国民の大半は知らない実話である。画像は秋篠宮家の家紋(紋章)。菊タブーに包まれた秋篠宮家の「実態」と、皇室の「実情」を明らかにしてゆく。

弊サイトで述べている事は、週刊誌でも書けない『実話』である。

秋篠宮は1990年(平成2年6月29日)、礼宮文仁親王川嶋紀子との結婚を機に創設された宮家である。宮号は和歌の歌枕として有名な奈良県奈良市の「秋篠」に由来すると一般向けで公表されている。宮号に秋篠が選ばれたことで同地が話題となったとの意図的な報道が出ていた事もある。その他にも、秋篠寺の技芸天像が紀子殿下に似ているとも言われたとの真偽不明な情報も存在する。

令和の天皇陛下と皇后雅子様

〔1〕北海道と秩父宮を繋ぐ三笠宮家と皇后雅子さまが入内した理由|蝦夷地開拓とお印のハマナス

【雅子さまと北海道を繋ぐ秩父宮の背景と皇室の政略結婚の流れ及び政治的動きの解説】

226事件の首謀者である可能性が極めて高い、軍人皇族の〝秩父宮〟が始めた『宮様スキー大会』を御存知だろうか? この大会は、北海道で開催されており、軍人皇族の秩父宮を賛美する形態で行われている大会である。

さらにこの大会には、秋篠宮を除く各宮家(複数の皇族)が参加し、宮号を冠するスキー競技を行っている大会である。(三笠宮杯・常陸宮杯・高円宮杯・等々)

226事件と軍人皇族の秩父宮の関連性は、軍人皇族の仁和寺宮(小松宮彰仁親王-伏見宮)と蝦夷地開拓(北海道)の公文書(開拓使日誌)-《明治維新》を閲覧して頂くと、その重大なる意味と関連性を御理解して頂ける事と思う。

軍人皇族の小松宮の死去や埋葬日関連が2月26日である。等々

即ち、北海道開拓の主導者は、『初代近衛師団長・日本赤十字社初代総裁である皇族の小松宮彰仁親王』であり、死亡関連日が2月26日でもある。 また、北海道に初めて行った天皇が明治天皇である事も、上述してきた事柄を裏付ける動きとなる。

さらに、張作霖爆殺事件の昭和2年(1928年)に軍人である秩父宮は北海道の盤渓や朝里へ行っている。 226事件-秩父宮-小松宮-これらと北海道を繋ぐ秩父宮賛美の〝宮様スキー大会〟となるのである。

よって、大会運営の札幌スキー連盟は秩父宮がはじめたといっても過言ではない。 そのうえで、札幌スキー連盟のホームページには秩父宮を賛美する文言がしっかりと明記されている。

そのうえ、第二次世界大戦に関する三笠宮寬仁親王の思想と合致するのが秩父宮の動きでもあるのだ。

札幌オリンピックに深く関わった皇族が三笠宮寬仁親王である事からも、私が記述している事を明確に裏付ける事ができる。

即ち、小松宮が明治元年に主導していた蝦夷地開拓の軍略的構想を、『北進論』という形で具現化する為の牽引役として秩父宮が引き継ぎ、結果として地政学的に必要不可欠な北海道を、張作霖爆殺事件が生じている1928年に訪れているという事となるのである。

したがって、豪雪地帯かつ起伏が多い北海道の地に於いて、スキーを軍事目的で発展させるに至っているのである。 これが宮様スキー大会の起点である。

よって、『ロシア外交官』だった〝小和田恒の娘〟である雅子様を皇室へ入れ、その御印に、北海道に因む『ハマナス』を・・・・

開拓使日誌(北海道開拓史料 蝦夷地)

〔2〕小松宮彰仁親王(仁和寺宮)が北海道開拓の指揮を執った理由と開拓史日誌の解読

【地政学的側面から読み解く「北海道」及び「樺太」と「満州」】

明治元年、仁和寺宮が明治天皇へ暗号文書を提出し採択された。

翌、明治二年、蝦夷地の開拓が明治政府によって本格的に行われる事となる。

この際、『開拓使日誌』の冒頭にて記述されている、『山丹満州』の行に於いて、

「蝦夷地の儀は、皇国の北門、直に山丹満州に接し、境界祖定といえども、北部に至っては、中外雑居致し、これまで官使がアイヌ(土人)を使役する事、苛酷を極め、外国人はもっぱら愛血を施している事により、アイヌ(土人)は常々、我々邦人を怨離し、外国人を尊信するに至っている。一旦、アイヌ(民)の苦しみを救うを大儀名分とし、アイヌ(土人)を煽動する者が居れば、その時は、その災いが、たちまち函館松前にまで及ぶ事は必然にて、災いを未然に防ぐには、各方々が、今の要務に就いている間に函館平定の際は、速やかに開拓の教導などの方法を施設し、人民繁殖の域とするが為には、利害得失の各意見は忌み憚り無しとする事を申し出でます。」

上記の内容が記述されている。

まず、着目すべきは、文章の冒頭に、何の脈略も無く「山丹満州」が出てくる事である。

したがって、「山丹満州」に関し、脈略と成り得るのは、文章の最後に記述されている「人民繁殖の地」であろう。

ようするに、結果論でいう所の、「満州の植民地化」に至るのである。

さらに、着目すべきは・・・・

秋篠宮が用意した〝小室圭さん〟と「統一教会の笹川良一」の関係

〔3〕秋篠宮が用意した〝小室圭さん〟と「統一教会の笹川良一」の関係

江ノ島は笹川良一やパラグアイにも関係する。江ノ島海の王子、小室圭さんと統一教会関係者である笹川良一の関係を解説し、秋篠宮が小室圭さんを用意した事実を証明する。尚、皇族に関係する江ノ島は全国で2ヶ所、神奈川と北海道の島牧村だけである。

【眞子さまと小室圭さんの政略結婚に関する明確なる動向と江ノ島海岸および笹川良一の関係】

江ノ島有する島牧村の宮内温泉湯治滞在中に、〝ゾウの花子の会〟の招きにて、パラグアイ大使御一家や、茨城県議会一行が訪れる等、象の花子はかなり人気であったとの事である。

この時期の関東地区花子後援会会長は、衆議院議員であった、〝三ツ林弥太郎との事だ。

冬季札幌オリンピックで沸いている 1972年には、〝偶然〟宮内温泉を訪れた〝笹川良一が、ゾウの花子の姿を見て感嘆し、日本顕彰会から信田修治郎が社会福祉貢献者として表彰された。

1975年、ゾウの花子は宮内温泉を離れ、その後は内地(本州)を旅して回ったとの事である。

5年後の1980年、ゾウの花子は募金で集まったお金を元に、飼主である信田修治郎と共にパラグアイに移住し、パラグアイで、その生涯を終えた。

パラグアイでもゾウの花子は人気があったらしく、「パラグアイ日経ジャーナル創刊号」にて、〝花子南米の地を歩け-念願のパラグアイ移住-日本の子供たちの夢と希望を背にして〟という記事を表紙として取り上げたのである。

以上が、タイトルである「笹川良一と象の花子」に関する概要である。

そう、笹川良一といえば、言わずと知れた〝統一教会系‐右翼の大物(国際勝共連合の名誉会長)〟であるが、その笹川良一が、影で関わっているのである。

〝偶然〟訪れたとの事だが、はたして偶然なのだろうか・・・?

なんとも、《「江ノ島」‐「笹川良一」‐「動物園」‐「秋篠宮」‐「パラグアイ」‐「タイ」》と「阿倍比羅夫と北海道」‐「冬季札幌オリンピック」という『点と点が線で結べてしまう』のである。

また、秋篠宮の海外公務先も御覧頂きたい。小室圭さん御披露目の直後である2016年9月8日、眞子さまが公務でパラグアイへ行く等がある。尚パラグアイは昔から統一教会が農地開拓(ニューホープファーム計画)などで影響力を与える事に力を入れてきた国である。2021年、結婚会見の時期に秋篠宮と小室眞子さんはパラグアイから勲章を授与された。尚、アフリカでも同様の農地開拓に注力している。

三笠宮崇仁親王および各皇族が、統一教会の教祖である文鮮明 氏とテーブルを囲んでいる写真

〔4〕天皇家の秋篠宮と統一教会の関係|自民党清和会と皇室

1954年に韓国で設立された「世界基督教統一神霊協会|世界平和統一家庭連合(略称:統一教会|家庭連合)」には、1968年に設立された国際勝共連合という保守派で有名な政治団体が存在する。

当該組織は、韓国系の宗教団体なのであるが、日本の保守派と親和性が強い事でも有名な存在だ。

国際勝共連合は、満州財閥の政治家である岸信介 氏など日本の政治家が多数関わっている事からも、親和性の強い理由がよく分かる。

また、当該政治団体には、右翼のフィクサーと呼ばれている笹川良一 氏が名誉会長として君臨している事からも、その親和性は明確である。

現代の政治家の中で特に国際勝共連合と強い絆で結ばれている事が分かる人物といえば、岸信介 氏の孫にあたる安倍晋三 氏である。その事は、政治運動を見るとすぐにお分かり頂ける事と思う。

また、皇室と清和会や統一教会の深い繋がりも存在する。

例えば、三笠宮崇仁親王および各皇族が、統一教会の教祖である文鮮明 氏とテーブルを囲んでいる写真が現存している。

美智子さまが繋いだ〝統一教会の金山政英と笹川良一〟の韓国ハンセン病院

〔5〕美智子さまが繋いだ〝統一教会の金山政英と笹川良一〟の韓国ハンセン病院

韓国ハンセン病院設立に助力した金山政英と笹川良一を繋いだ美智子様と高松宮の動向を笹川陽平の回想を基に1965年へ遡り解説する。尚、金山政英と美智子様を繋ぐ統一教会の助野健太郎と聖心カトリックの関係も解説する。

〔6〕【祝日】山の日と統一教会の関連性|事件日と統一教会

以下に記述してゆく事は、どのような「カルト的陰謀論の思想に基づく動きが出ているのか」の要点を表面的にさらい簡潔に羅列し解説するものである。

詳細は、関連項目の各リンクに目を通して頂くとご理解頂ける事と思う。

尚、日本航空123便墜落事故に関しては、事実の信憑性を毀損する為に、あからさまな陰謀論が組織的に流布されている事にも注意して頂きたい。

かなりややこしく感じるかもしれないが、しっかりと理解して頂ければ、ことの深刻さをお分かり頂ける事と思う。

【祝日】山の日と秋篠宮の関連性|事件日と統一教会
近衛兵の名簿を悪用する皇族と第二次世界大戦の関係|日本の犯罪

〔7〕近衛兵の名簿を悪用する皇族と第二次世界大戦の関係|国家犯罪

平成の天皇(皇太子明仁)の疎開先である栃木県の日光御用邸(田母沢御用邸)にも随行していた近衛兵の軍人名簿を悪用する皇族と国家犯罪の現実を公表する。第二次世界大戦中、近衛師団歩兵連隊の近衛兵であった祖父にまつわる実話である。