皇室を彩る佳子さまと、小室圭さんと結婚確定の眞子さま。その裏側で皇族が求める異性関係や趣味嗜好のシナリオを正当化する為に利用されている第二次世界大戦と皇室の関係性。世界中の戦没者が愚弄されている現状を解説する。秋篠宮の実態だ!!

皇室が政府と連携し『如何なる事を実際に行ってきているのか』を学術的分析もおこない問題点の解析と解説を行う。『小室圭さんと結婚確定の眞子さま。その裏側で皇族が求める異性関係や趣味嗜好のシナリオを正当化する為に利用されている先の大戦と皇室の関係性』世界中が愚弄されている現状を告発する。

秋篠宮家の家紋、眞子様-佳子様の御家の紋章である。

ベールに包まれた秋篠宮家の実態と、お年頃の御姉妹。

季節は春、雪白が水面を覆うと、花の芽吹きが静かに栄ゆる。

秋篠宮家の二輪の花、『眞子内親王殿下』と『佳子内親王殿下』の「実情」を、『棘』と『親しみ』を持って明らかにしてゆく。

これから述べてゆく事は、全て『実話』である。

1990年(平成2年6月29日)、礼宮文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に創設された宮家である。

宮号は和歌の歌枕として有名な奈良県奈良市の「秋篠」に由来すると公表されている。

宮号に秋篠が選ばれたことで、同地が話題となった。

特に、秋篠寺の技芸天像が文仁親王妃紀子殿下に似ているとも言われたそうである。

↓↓↓弊サイトお奨め記事(告発7選)↓↓↓

令和の天皇陛下と皇后雅子様
北海道開拓(蝦夷地)と開拓した藩の分布図:北海道観光入門『行政編』(藩の分布)

〔1〕北海道と秩父宮を繋ぐ三笠宮家と皇后雅子さまが入内した理由|蝦夷地開拓とお印のハマナス

【雅子さまと北海道を繋ぐ秩父宮の背景と皇室の政略結婚の流れ及び政治的動きの解説】

226事件の首謀者である可能性が極めて高い、軍人皇族の〝秩父宮〟が始めた『宮様スキー大会』を御存知だろうか? この大会は、北海道で開催されており、軍人皇族の秩父宮を賛美する形態で行われている大会である。

さらにこの大会には、秋篠宮を除く各宮家(複数の皇族)が参加し、宮号を冠するスキー競技を行っている大会である。(三笠宮杯・常陸宮杯・高円宮杯・等々)

226事件と軍人皇族の秩父宮の関連性は、軍人皇族の仁和寺宮(小松宮彰仁親王-伏見宮)と蝦夷地開拓(北海道)の公文書(開拓使日誌)-《明治維新》を閲覧して頂くと、その重大なる意味と関連性を御理解して頂ける事と思う。

軍人皇族の小松宮の死去や埋葬日関連が2月26日である。等々

即ち、北海道開拓の主導者は、『初代近衛師団長・日本赤十字社初代総裁である皇族の小松宮彰仁親王』であり、死亡関連日が2月26日でもある。 また、北海道に初めて行った天皇が明治天皇である事も、上述してきた事柄を裏付ける動きとなる。

さらに、張作霖爆殺事件の昭和2年(1928年)に軍人である秩父宮は北海道の盤渓や朝里へ行っている。 226事件-秩父宮-小松宮-これらと北海道を繋ぐ秩父宮賛美の〝宮様スキー大会〟となるのである。

よって、大会運営の札幌スキー連盟は秩父宮がはじめたといっても過言ではない。 そのうえで、札幌スキー連盟のホームページには秩父宮を賛美する文言がしっかりと明記されている。

そのうえ、第二次世界大戦に関する三笠宮寬仁親王の思想と合致するのが秩父宮の動きでもあるのだ。

札幌オリンピックに深く関わった皇族が三笠宮寬仁親王である事からも、私が記述している事を明確に裏付ける事ができる。

即ち、小松宮が明治元年に主導していた蝦夷地開拓の軍略的構想を、『北進論』という形で具現化する為の牽引役として秩父宮が引き継ぎ、結果として地政学的に必要不可欠な北海道を、張作霖爆殺事件が生じている1928年に訪れているという事となるのである。

したがって、豪雪地帯かつ起伏が多い北海道の地に於いて、スキーを軍事目的で発展させるに至っているのである。 これが宮様スキー大会の起点である。

よって、『ロシア外交官』だった〝小和田恒の娘〟である雅子様を皇室へ入れ、その御印に、北海道に因む『ハマナス』を・・・・

小松宮彰人親王(仁和寺宮‐伏見宮)
開拓使日誌(北海道開拓史料 蝦夷地)

〔2〕小松宮彰仁親王(仁和寺宮)が北海道開拓の指揮を執った理由と開拓史日誌の解読

【地政学的側面から読み解く「北海道」及び「樺太」と「満州」】

明治元年、仁和寺宮が明治天皇へ暗号文書を提出し採択された。

翌、明治二年、蝦夷地の開拓が明治政府によって本格的に行われる事となる。

この際、『開拓使日誌』の冒頭にて記述されている、『山丹満州』の行に於いて、

「蝦夷地の儀は、皇国の北門、直に山丹満州に接し、境界祖定といえども、北部に至っては、中外雑居致し、これまで官使がアイヌ(土人)を使役する事、苛酷を極め、外国人はもっぱら愛血を施している事により、アイヌ(土人)は常々、我々邦人を怨離し、外国人を尊信するに至っている。一旦、アイヌ(民)の苦しみを救うを大儀名分とし、アイヌ(土人)を煽動する者が居れば、その時は、その災いが、たちまち函館松前にまで及ぶ事は必然にて、災いを未然に防ぐには、各方々が、今の要務に就いている間に函館平定の際は、速やかに開拓の教導などの方法を施設し、人民繁殖の域とするが為には、利害得失の各意見は忌み憚り無しとする事を申し出でます。」

上記の内容が記述されている。

まず、着目すべきは、文章の冒頭に、何の脈略も無く「山丹満州」が出てくる事である。

したがって、「山丹満州」に関し、脈略と成り得るのは、文章の最後に記述されている「人民繁殖の地」であろう。

ようするに、結果論でいう所の、「満州の植民地化」に至るのである。

さらに、着目すべきは・・・・

秋篠宮眞子さまと小室圭さんの婚約会見
宮内温泉と象の花子-北海道と小室眞子

〔3〕秋篠宮眞子さまと小室圭さん『結婚シナリオの真相』と〝笹川良一〟の影

【眞子さまと小室圭さんの政略結婚に関する明確なる動向と江ノ島海岸および笹川良一の関係】

昨今、日本国内に於いて、慶事の報が世間を馳せている。

どの様な慶事かと言えば、改めて述べさせて頂く必要も無いとは思うが、弊サイトで紹介させて頂いている、秋篠宮家の御長女である『眞子内親王(眞子さま)と、小室圭さん(湘南 江の島 海の王子)ご婚約』の報である。

2016年7月、とある週刊誌に掲載されたデートの報道に端を発する形で、御相手共々、世間に公表された慶事だ。

週刊誌に掲載された報道内容に関する詳細については、そちらを御覧頂きたいと思うが、差支えが無い範囲で概要を述べると、御二人が神奈川県に電車でデートに行かれた際に、電車内で撮影された、寄り添い歓談する御二人の写真である。

現在では御婚約会見が開かれ、世間に御披露目となっている事柄であるが、報道された当時は驚かれた方もいらしたかもしれない。

実は、弊サイトに於いて分析すると判る事柄が多々あるのだが、週刊誌に掲載される3ヶ月ほど前から、横浜からのアクセスが目に見えて多くなっていた。

要するに、「眞子さまがデートをされている」と、いう目撃が、「目撃者のストレートな表現による検索結果に現れた」と、いう事である。 《分析手法》については、記述すると長くなってしまう為、この項目で詳細の説明を行う事は省略させて頂きたく思う。

実は、さかのぼる事2年前の2016年4月頃から、同様の表現方法による検索結果が見受けられた。

それは、「大阪」「福岡」「京都」「名古屋」「金沢」「栃木」といった地からである。

上述した地に於いて〝何があったのか〟は、知らないが、検索傾向が同様である事には留意したい所である。

前置きが長くなってしまったが、この項目のタイトルとした、

【北海道の江ノ島海岸と眞子様結婚の秘密(笹川良一と象の花子)】

上記についての詳細、即ち本題に入ろうかと思う・・・・

眞子さま留学中に男性とクラブのパーティーで知り合う
眞子さま留学中の妊娠騒動(2012年~2013年)

〔4〕小室圭さんと交際開始の2012年‐留学中の眞子様が現地の男性と浮気騒動を起こしていた事実

【眞子様が関わりを持つダンスサークルとは?また眞子様の趣味嗜好は?】

眞子内親王殿下(眞子さま)が英国エディンバラ大学に留学し、帰国後の学内アンケートで答えた内容は皆様ご存知だろうか?

****以下、アンケート回答内容****

眞子内親王殿下(眞子さま)

「どちらかと言えば派手でお金がある新入生が多かったようで、毎晩のようにクラブに出かけて部屋や共有スペースでパーティーをしているような人が多かった。」

「私は盛り上がって楽しむのも好きだが、基本的にゆっくりお茶を飲みながらおしゃべりするほうが好きだったので、そこからして合わなかった。」 といった具合の回答をしている。 ※参照元:〔女性自身〕

ここで、『え!?』と思われた方も多いのではないだろうか?

では一体、騒ぐのが好きなような方とは、性に合わないという眞子内親王殿下(眞子さま)が何故、ダンスサークルとの交流が浮上するのだろうか?

この疑問点を、私「実態を知る者(Teda Wakou)」が、これから暴露してゆく。

【眞子さまが遊び歩いた事実を時期をずらし身内で誤魔化す(保険掛けを行う)】

アンケートに関する内容で、

「毎晩のようにクラブに出かけて部屋や共有スペースでパーティーをしているような人が多かった」とあるが、

この他にも、留学初期にプリペイド式の携帯電話を購入し、友達作りの為に、片っ端から電話番号を聞いて回った。との情報もある。

したがって、留学先で・・・・

秋篠宮家の記者会見で浮かぶ矛盾

〔5〕秋篠宮家の文仁親王と紀子さまが行う公務と会見による責任転嫁の手法

【秋篠宮家の特別意識から生じる自己正当化とダブルスタンダードの解説】

秋篠宮は不都合が生じると記者会見で担当省庁へ責任を転嫁する発言をすると同時に自身を良く見せる為の心理学的発言を行ってきた。

それら発言を分析し、文仁親王や紀子さまの独善性を明確にする。

また、眞子さまが東大博物館へ就職した裏の目的も解説する。

行動心理学で浮かび上がる驚愕に実態を御覧頂たい。

〔6〕第二次世界大戦は満州事変が発端か?歴史的公文書解析結果と政府の見解

【外務省・内閣府・官邸】満州事変に始まる第二次世界大戦か?【電話確認】

平成27年1月に天皇陛下が述べられた御言葉の中に、『満州事変に始まるこの戦争』という内容があった。

外務省-内閣府-首相官邸に電話し、「満州事変が第二次世界大戦の切っ掛けであったのか」を伺った。

結果、驚くべき回答が返ってきたので公開する。

【外務省・内閣府・官邸】満州事変に始まる第二次世界大戦か?【電話確認】
天空の城ラピュタ シータ 鳩に群らがわれる象徴的ワンシーンを利用した美智子様プロデュースの解説画像

〔7〕美智子様と秋篠宮家御用達のアニメ文化と印象構築手法の相関性

【皇族がおこなうアニメキャラを利用した自身の印象構築手法と利用されている方々及び事象の解説】

秋篠宮家の眞子さまと佳子さまが多用している『アニメキャラを彷彿とさせる通称〝アヒル口〟』による印象構築手法を解説する。

これは、国民的アニメのキャラクターを紀宮清子さまに利用した事が端緒である事から美智子さまの手法と分析できる。

さらに、被災者を自己アピールの為に利用している真相も解説する。