眞子さまと佳子さまの男遊びの真相を知る私に、直接接触するという裏工作がなされた!!用意周到に計画された裏工作担当は、公的組織か興信所か。二重三重に重ねる事で本質をウヤムヤにしようとする裏工作の実態を解説する。

他人を一方的にスケープゴートとして利用した事実を誤魔化す為に行われる保険掛け要素を含有する裏工作の手法解説

【スケープゴートとして利用した事実を誤魔化す為に行われる視覚的裏工作と保険掛けの手法】

[1]

2014年6月28日~29日;ホテルを利用させられた。

この際に来たのが【伊藤華奈さん殺人事件の真相】で述べた特徴を持つ(自称;雛)である。(送り雛;流し雛とでも言いたいのだろうか?)

※源氏名と聞いても分っていなかった。(水商売に居るならば源氏名くらいは分る筈であろう)

【歌会始の儀】を読んで頂ければ分るとおり、札幌入りした際のスケープゴートとして使われている事は明らかである。

したがって、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)が、今までにホテル等を利用し、男と遊んできた画像や動画が流出した際に、『うちの娘は関係ありません』『そっくりな人が居るんです』というように、誤魔化しをかける為に、そっくりな人もしくは本人を近づけている事が分るだろう。

(このような事に慣れている女性ですから、何の抵抗も無く、このような事を行えるでしょう。)

2014年6月28日~29日の女性ですが、帰り際に、自らのプライベート(彼氏)の時と、仕事でこうして来る時と、という具合に、自らの普段の性生活事情をつらつらと話し、私の本名;名字は「守山」(イントネーションを下げ)と名乗り帰って行きました。(これにより、何の為に風俗を利用させたのかを残していった)

(目の下に特徴的なソバカスあり。)

私は、秋篠宮眞子内親王殿下(眞子さま)が留学にて出国して行く2014年9月17日に、「この女は!?」と気が付いた状況です。

というのも、9月17日は、化粧をほぼしていない状況での出国画像が出ておりますので、普段メディアに掲載される写真とは別人であったものですから、当日は気が付かなかったのです。

この、化粧をしていない写真使う事によって、「この顔に見覚えない?」と言わんばかりだと受け取るほかありません。

※化粧に関してですが、一般に対しては、公務に専念という発表をして、化粧をしっかり施し、『もう大人です』とアピールしていたものが、急な留学となった為、化粧を落として『子供っぽく見せる』という視覚的な誤魔化しの意味合いがある事も窺えます。


[2]

スケープゴートとして使った挙句、嫌悪感情を抱いている被害者に対し、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)の日常を話して行くとは正に、『きちがい沙汰』としか言いようがありません。

一連の事件を含め、面白がっているとしか思えない状況です。

異常としか言いようがありません。

この事を説明できる事柄は、秋篠宮文仁親王殿下が歌会始の儀で歌っている、【歌会始の儀】で記述した、

『風月の移ろい見つづけし』となるのである。

(スケープゴートを馬鹿にしつつ、多方面に良い顔をする八方美人)

繰り返しになるが、何故、私がここまで書くのか、知っているのか。

私自身が、スケープゴートとして利用されているのと、川嶋家(池上家)の関係で人生を潰されているから知っている事であり、この様にして、実態を書かせて頂いているしだいであります。

暴露させて頂いている内容は、私がスケープゴートとして利用されているから知っている事であり、その裏づけは、明確に示す事ができる事から、こうして暴露に踏み切らせて頂きました。

これは、川島家(池上家)の1800年代中頃(明治維新以前)から始まり~1928年(張作霖爆殺事件);1931年(満州事変)の事柄について、未だにスケープゴート(責 任の擦り付け)として私の一族が利用されているからであります。

「知らなかった」では済まない事柄でありますし、「すみませんでした」「自分は関わっていない」では済まない事であります。 暴露に踏み切ったのは、「思慮分別」すなわち「道理=すじ」が無い事から、このような暴露に至ったという事を、述べさせて頂きます。 私の一族は、少なくとも曽祖父からデッチ上げの被害に遭ってきております。(詳細は後述します)

上記の事柄は、まるで劇本作家になったかのようにシナリオを作り、頭の中に花を咲かせ、面白がっているとしか言えない事柄でしょう。 天皇家;宮内庁及びその関係者は、『劇本作家になった気分』で『シナリオを組み』この日本を舞台として『面白がっております』。

もはや、異常としか言いようがありません。

※宮内庁(歌会始の儀):平成27年発表,歌会始の儀(※PDFファイルです)

下記に記載している歌は、2015年の歌会始の儀で発表の歌である。

【呼ぶ声に気づかず一心に本を読みふける幼き我が日】

※皇后陛下の歌は音読みと訓読みの差で意味合いが異なるが、これを模している歌となる。

したがって、

「呼ぶ声に気づかず一心に本を読みふける幼き我が日」

「呼ぶ姓に気づかず(守山)|心に元を読みふける〝幼き我〟が日(〝雛〟)

「呼ぶ性(姓)(守山)に傷数々、心に、元を読みふける〝幼き我〟が日」

「瘤ぶ 性に傷かず|シンに本を読みふける幼き我が日」

「呼ぶ声に気づかず|新日本を読みふける幼き我が日」

「呼ぶ声に気づかず一心に元を毒味ふける幼き我が日」

「呼ぶ声に気づかず一心に本を黄泉耽る幼き我が日」

「呼ぶ声に気づかず|〝心〟に本を読みふける幼き我が〝日〟(真実-心日)」

※これぐらい、多方面に自身の事情を公開している歌となる。

これを読んで心当たりがある方は何十人いるのだろうか?

少なくとも私は、姓が〝守山〟 源氏名が〝雛〟という部分で小馬鹿にされている。

八方美人であり、二枚舌、三枚舌である事がわかる歌であろう。

また、漢数字を用いて一線を引くというのも特徴的である。

これは、天皇陛下発表の和歌にて、漢数字の一を用いた事を踏襲する形である事が分かる。

私『実態を知る者』の場合は、上述のように「スケープゴート」「シナリオ遂行の為の遊び道具」として使われております。


おそらく、上記をお読み頂いただけでは、関係者ではない限り御理解頂けない事と思います。

核心に迫る詳細へのリンクを以下の【※詳細:私の家系と利用のされ方】に記述しておりますので、是非とも御覧頂きたく思います。

※関連項目:組織的なシナリオ作りと遂行に関する手法と誤認誘引工作の実態

※重要事項:近衛師団と第二次世界大戦の関連性を利用し行われている国家犯罪の解説|私の家族構成

眞子さまの男遊びを誤魔化す為のスケープゴート

※イメージ画像:ドッペルゲンガーの写真