秋篠宮紀子さまが今までに述べてこられた公式会見を分析し、眞子さまと小室圭さんが交際から結婚に至るまでの紀子様と文仁皇嗣の恋愛観と矛盾を明確にする。美智子さまと皇后の威光を利用している実態も明確にする。驚愕の現状を御覧下さい。

国民に対するアニメ的印象構築と皇室の政治的活動及び自己正当化の為に行われている官僚取り込み対策の解説

【1-皇族がおこなうアニメキャラを利用した自身の印象構築手法と利用されている方々及び事象の解説】

この項目に関しては、今まで記述してきた事柄との明確なる相関性を指摘できる例を挙げてゆく。

男性との御交際に関しても、トリプルスタンダードの眞子様(天皇家)であるが、

何故、清子内親王の結婚相手が、なかなか見つからない事態に発展していたのか?

大変恐縮ではあるが、想像するに容易い事柄を下記にて述べてゆきたいと思う。

先に解説から始めようと思う。

まずは、写真〔1〕について。

写真〔1〕は、国民に浸透している『天空の城ラピュタ』のワンシーンにある、

『パズーとシータの鳩に餌やり(トランペット)』で「鳩に群らがわれる」のイメージを使った一枚となる。

〝白い服〟と〝鳩〟、後ろで男性が『参ったな~』と頭に手を当てている写真となる。

美智子様の実家である日清製粉が協賛となっていた、ジブリのイメージを思い切り使ったイメージ形成手法と見る事ができる。

この写真は、『美智子様の思い入れが強い〝こどもの国〟』で撮影された写真である。

鳥は飛び立つ時、体を軽くする為に糞を垂れるそうであるが、写真を見て分かるとおり糞すら付いていない。(もっとも糞が付く様な鳥の状態ならばこのような服装では行かないであろうが・・・)

よって、あらかじめ糞出しがなされている完全な仕込みの状況での写真撮影である事がお判り頂ける事と思う。(週刊誌を利用し大人の女性にシータのイメージを付ける戦略)

紀宮清子内親王(princess sayako:黒田清子)結婚前のイメージ戦略(美智子様プロデュース)

清子さまが子供園で鳩に群れられる〔1〕

天空の城ラピュタでシータが鳩に群らがわれる

天空の城ラピュタの主人公シータが鳩の群れられるシーン〔1〕

お次は、写真〔2〕について。

2013年であろうか、2014年であろうか、眞子様が、伊勢神宮への参拝をされた時の写真である。

『白い服と逆光』で、『光が透ける柔らかき木漏れ日』をイメージした写真となる。

具体的なイメージとしては、『学校の教室に差し込む柔らかき日の光・木漏れ日』といった所であろうか。

この手法は、『学校・学園物のアニメやドラマ』などで、〝純粋無垢なイメージの描写〟を描く際に、よく利用されているものである。

具体的な描写としては、〝学園物の青春ラブストーリー〟など、純粋な恋愛劇を描く際に多用されている手法である事と思われる。

秋篠宮眞子内親王(princess mako)伊勢神宮参拝

イメージ付与のカット手法〔2〕

したがって、写真〔1(鳩とラピュタ)〕:写真〔2(木漏れ日のアニメ)〕につきましては、どちらの写真も『純粋無垢』をテーマとした写真となる事が判ります。(清子内親王の時と似通っております)

この他でありますと、写真〔3(アナと雪の女王)〕という事柄がある。

これは、撮影者の真意が見えてくる写真であると私は思う。

真意とは、個人的には《ディズニー映画のシンデレラ》だと思うが、皆様は、如何思われるだろうか。

何故、この様な撮影手法と国民に対するイメージ形成を行わなければならなくなっているのか。

それは、私が今まで述べてきたような事柄が事実、有りますので、これらイメージを、総合的に払拭する必要性が出てきている為である。と私は思う。

宮内庁としましても、『皇后陛下:美智子様』と『作家・俳優・右翼:三島由紀夫』の噂を気にされているようでありまして、イメージの一新と、払拭を試みている為であると思われます。

つきましては、上述した事柄を払拭する為の一端も含めた、下記の〝3つ〟の事柄に直結してくるかと思う。

  1. 『三島由紀夫と〝演劇・映画・右翼〟』

  2. 『野村秋介と〝演劇・映画・右翼〟』

  3. 『大学の彼氏(山守凌平)と〝演劇・劇団・ネット右翼〟』

(美智子様が内包している潜在要素にて、二度ある事が三度有ったら困るといった所でしょうか。)

また、眞子様は、ICU(国際基督教大学)を、ご卒業された際に、『今後は生活水準の向上を目指します』との事を会見にて述べられておりました。

生活水準とは、現代では、夫(旦那)が築き上げるのが通常の事となっているかと思われます。

したがって、これに於いては、結婚の先延ばしを、お考えとの〝国民向けの公表〟である事が判る。

万が一、山守凌平との御結婚を破棄しなければならなくなった際に、その他の結婚相手の確保をも含める必要性が有るが為に、トリプルスタンダードの公表を、眞子様がされたという事を、窺い知る事ができる会見、という事となるのである。

【2-宮内庁が行った眞子様の被災地ボランティアに関する報道とイメージ操作】

[1]

未曾有の災害、東日本大震災から早くも5年。

様々な方達が被災地にてボランティア活動をされておりました。

実は、その被災地に秋篠宮家のご長女である眞子内親王(眞子さま)が入られておりました。

そう、この時、2011年7月は、避難所生活が続き、仮設住宅もまだ、さほど出来ていない時。

様々な方達がボランティアをされておりましたが、被災地である東北はまさに『お葬式会場さながら』・・・。

親・兄弟・姉妹・祖父母・友人・同僚を亡くし、悲しみが広がり、行方不明者の数も増える一方・・・。

そんな中、眞子内親王(眞子さま)は被災地入り、〝満面の笑顔〟でボランティア活動を満喫されておりました。

信じ難い事でありますが、いわば、よそ様が途方に暮れているお葬式会場で〝満面の笑顔〟・・・。

御皇室というのは、いつから被災地を踏み台にして自身の付加価値を創造するようになったのでしょうか?

もし、貴方が被災者となった場合に、〝満面の笑顔〟で〝ボランティア活動を満喫〟している方達が居たら?

〝素晴らしい自分〟を、演出する為・売名の為に被災地入りしていたら?

貴方は、どう思い、どのようにボランティアを見る事になるでしょうか?

この事は、御皇室のみに限った事ではなく、いつ被災者とも分からない私達自身も、被災地での振舞いを、よく考える必要があるのではないでしょうか?

眞子内親王(眞子さま)に至りましては、この他にも、渦中の彼達との馴れ初め作りのボランティアもされております。

なぜ、宮内庁が、複数のボランティア活動の内、『女性ばかりのボランティア団体での活動』を、必死に宣伝するに至ったのか、言わずもがな見えてくる事かと思われます。

また、《お忍びでボランティア》と言っておりますが、〝お忍び〟とは公表される事ではないはずです。

したがって、お忍びと言う言葉を利用した印象操作と、自身の付加価値創り、そして、馴れ初め創りの為のボランティア活動である事が分かります。

そのうえで、ボランティア活動をしている際の動画を見て下さい。

博物館の公務等と同様、展示物を上目遣いで覗き込むように見ている眞子内親王(眞子さま)や佳子内親王(佳子さま)の姿を見る事ができます。

ようするに、被災地の子供を、博物館の公務等と同様に、自らを引き立てる為の物として捉え、自身が一番可愛く見えるようにアピールし、撮影と公表を行っている事が分かります。

今、この記事を御覧下さっている貴方は、この事実を、どの様に受け止めますか?

秋篠宮眞子内親王(眞子さま)公務で自分の見た目を意識する

自分を惹き立てる物の見方1

秋篠宮眞子内親王(眞子さま)被災地で子供にボランティア

自分を惹き立てる人の見方2

秋篠宮佳子(佳子さま)博物館の公務で自分の見た目を意識する

自分を惹き立てる物の見方3

[2]

これまでの経過を元に、仮説では有るが公表されている事柄を元に分析してみた。

数年前、眞子様が被災地にてボランティアをされたニュースが出ておりました。

この際、自身を『まこC』と呼んで貰っていたそうです。

〝マコC〟とは、学習院時代からの〝あだ名〟だそうでありまして、報道での説明では、〝ちゃん〟の〝C〟であると大々的に宣伝しておりました。

しかし、国民に対し、そこまでのイメージ形成をするとは何かあると思い調べました所、やはり、今までの経過の通りの事柄を見受ける事ができますので、記述してゆきたい。

俗に、『A・B・C』というと、男女の関係を表すものでありますが、事実、この〝あだ名〟である〝マコC〟には、同級生から付けられた早熟な由来があったようです。

当時、許婚やお付き合い等、家柄とも言えるような状態にあった御嬢様。

特に、富士急ハイランドの御子息とは同期でありまして、家族ぐるみのお付き合いがあるそうです。

富士急ハイランドのご子息の曽祖父は、『元:満州鉄道総裁』の『林さん』がおります。

ここに明確なる相関性がある事が分かりました。

要するに、お祭りなどで有名な『お囃子(おはやし)』とは、すなわち、『尺八』や『横笛』などがありまして、日本には古くから『性的な意味合いの隠語』として根付いております。

学習院界隈では一部のみが知っているようでして、疑惑を兼ねた渾名がついた経緯があるように見えます。

したがって、眞子様に付けられた『隠語を兼ねた渾名』それが、『マコC』である事が見えてきました。

これも、学習院大学には進学できない御事情である〝可能性〟は、御察し頂けたかと思われます。

※しかし、上記はあくまでも仮説であり、誤分析を行わせる為の、ミスリードである可能性も考慮したい。

※また、『林さん(富士急ハイランドの御子息)』に関する相関性と、これらを利用した男性関係の誤魔化しについては、下記に記述する。

皇族の眞子さま被災地で満面の笑顔でボランティア活動

被災者ボランティア;満面の笑顔で記念撮影

【3-眞子様の男性遍歴(彼氏)と,その経過】

ちなみに、眞子さまのロストは『小学生の時』であるようだ。

お相手はなんと、当時の許婚か彼氏、または実の父親ないし親戚 とのこと。

5歳~10歳ほど年上の許婚なら「さもありなん」である。

ただ、その許嫁の男性の他にも二人ほど絡みがあったそうで、聞こえはよいが「トリプルスタンダード」、所謂「三股」の状態が、2003年の時(11歳)には有ったとの確定情報である。

だから、学習院大学には進学せず、ICU大学に入学となった経緯があるのだ。

それは、小学生の頃から、良く知っている男性達とは別の学校に行きたくもなるだろう。

ただ、それだけで話が済む訳ではない。

なぜなら、小学生の時から接触を堪能されているのだから、やはり「虫が騒ぐ」。

学習院からの男性は『Aグループ』

ICUの男性は『Bグループ』

その他の男性は『Cグループ』

秋篠宮眞子内親王(眞子さま)ご婚約と保険(恋愛心理学応用テクニック)

といった具合に男性との交友を堪能されてきたのである。

この期に及んでも「トリプルスタンダード」をやめる事ができないそうだ。

ある意味で『政略的な』・・・。

そんなこんなで、ICU大学の彼が『処女ゲット』と、国民に対する処女であるというイメージ形成をおこなったのだ。

にわかには信じ難いかもしれないが、これが現実の話である。

そのような事があり、触れられたらマズイ話は、大学時代で印象操作を行い、封印しようとしている。という事である。

世の中には『表向きの顔』と『裏側の顔』がある人は沢山居るが、これ程の「顔」をお持ちの方達は早々居ないだろう。

また、「皇族の中で唯一、足を閉じて滑走するスポーツである競技スキー」をおこなっている。(三笠宮寛仁親王の薦めだそうだ)

但し、お嬢様の場合、趣味嗜好の類による家族ぐるみでの交流である事は言うまでもない。

これは、秩父宮発起人の宮様スキー大会(札幌・旭川富良野)の関連と、歴史の捏造を引き継ぎさせる目的もある。(一石二鳥との考え方+保険掛け)

学習院かいわいの一部では有名な話であるようだが、週刊誌にも出てこない話である。

これは、週刊誌では書けない話だろうと納得して頂けた事だろうと思う。

※許婚のいる御家柄とはそういうものでもある。これが現実である。(結婚相手と彼氏とは別という考え方)

【4-皇族が行う政治的活動と各宮家の互助機能及び官僚取り込みの為の政治活動の解説】

三笠宮寛仁親王は対談形式の会見(コラム)にて、『うちの娘は、ああ見えてモテるんだ』と言われていたが、この様な発言をされた年代から考えても、現在の様に、降嫁されていない事は、全くの予想外・想定外であったようである。

その一方で、秋篠宮様の女性宮家を欲する行動は、娘である眞子内親王(眞子さま)に総裁職を譲っている事でもはっきり解る。 また、宮号は名字ではない為、秋篠宮様の御嬢様が結婚しても公表する義務が無い。(相手に迷惑が・時期を見て公表等)

では、三笠宮家・高円宮家・皇太子家はどういう状況であろうか?

日本が英国で開催させた『福島の物産展』に顔を出したのは、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)である。

福島県産の流通品目は現在、安全である事と思うが、2011年当時の環境や報道を見ても判るように、現在の基準値以上の物が流通していた事も事実であろう。

したがって、現在は安全な品目であっても、将来的に何らかの健康懸念が出た際には、生産者に対する、ある種の非情理な矛先が向かう事も安易に予測できる。

にも拘らず、福島の物産展に私的に出席されたという事は、〝官僚や関連組織〟に対してのアピールという他無いだろう。 したがって、先述した、六次産業化と輸出機構に関連するアピール(経産省と内閣府)である事が明確に分かる。

尚、チェルノブイリ原発事故は現在、事故から30年(2016年)である。

2026年には、事故から40年となる。

2036年で、50年となり、世界の平均寿命より短い寿命の算出統計が出た時点で、深刻な問題を引き起こす事は必至であろう。

タバコよりも害は少ないとの報告書があるが、これについては、読んで字の如く、そのまま当時の予測を出しているにすぎない。

三笠宮寛仁親王を見ても判るとおり、タバコは20~30年で健康を害する可能性が高い。

したがって、仮に戦後100年を契機に戦後レジームからの脱却を日本の指針としていたとしても、その様な時間は無い事が判る。

ただし、その一方で、秋篠宮様は、『農家さんや漁師さんの風評被害を純粋に払拭したくて・・・』と良い訳ができる状態にある。(事実上、矛盾する説明となるが、国民に対しての説明だけを考えるならば、自らに向く矛先の分散にはなるかもしれない)

政府機関である農林水産省と外務省と経済産業省が推進する食べて応援の広告

皇太子殿下が出席されている〝世界水フォーラム〟の関係から見ても、〝福島原発周辺の海洋汚染〟は改善しようが無い事実であろう。(実際に政府としての見解で発言している。

あくまでも、主観論ではあるが、竹田 氏は、秋篠宮家以外の皇族で、ある種の出汁を摂り、秋篠宮様に還元するのが常態化している(いた)ように見える。

ご皇族に関連する方が、とあるコラムにて、真っ先に健康被害の懸念を発表した事からも、誰の為に動いているのか判る一例となっている。

例えば、三笠宮様に関しては、彬子女王や瑤子女王が靖国神社に参拝されている事からも分かるように、

保守勢力(日本で言うところの右翼等)の受け皿の役割を果たしているが、ネット右翼などの主張で未だ強いのが、〝放射脳〟といった、将来の健康に関する懸念を抱く方達を否定・揶揄する際に用いる造語が広まっている事が見受けられる点である。

しかしながら、万が一にも将来的に健康被害が露見された際には、現在の保守勢力の受け皿というよりは、懸念が現実となった事に対する不信感の矛先が向けられる対象となる事が見えてくるのである。

また、突拍子も無い事を言うようであるが、やはり竹田氏も男性である。

少ない皇族の中で万が一結婚相手を選ぶとなれば、若い女性が居る秋篠宮家を選ぶ事かと思う。

皇族関連で報道された大麻についてであるが、大麻に関する現在の日本の立ち位置は、安倍晋三 氏の夫人である、安倍昭恵 氏のtwitterによって立ち位置が見える。(大麻で町興し)

厚労省に於いては、医療用として医薬品の認可の絡みもある。(カンナビノイド製剤:THC製剤=がん患者や人免疫不全患者に対する処方)

国内だけでも、表面的に、これだけ有るのだ。

国際全体を総合した相関性を、冷静かつ客観的に分析すれば、現状が判るかと思う。

世の中を見たらわかる通り、女性が一番売れる時期は『22歳』までである。(芸能やキャバクラの世界を見れば一目瞭然であろう) 合法の範囲で言えば、18歳~22歳までが売れる時期となる。

これを過ぎたら、お客が付いていないキャストは、パブかスナックへも降りられない。

行く先は、風俗か真面目に働くかの二択であろう。

何故、仮面少女は、若い女性を起用しているのか?

それは、商品価値がある(芸能)、売れ時を起用しているからである。

2026年に愛子内親王(愛子様)は、25歳となっており、仮にスキー関連を秋篠宮眞子内親王(眞子さま)から愛子内親王(愛子様)にスライドしても、『女性が一番輝いている年齢を過ぎている』状態となっている。

この状態にて、札幌オリンピックという話を出しているは如何なものだろうか?

世の中の人々対し、秋篠宮家の長女である『眞子さま』を主軸に据えた工作を行っているが、上述した事柄について、はたして理解されているのであろうか?

したがって、竹田 氏に関しましては、仮面少女を自らプロデュースしている訳では無いという可能性も見えてくる。

適当な表現が見つからないが、所謂、名義貸しかと思われる。

仮に名を貸しているとした際には、これではプロデューサーの顔に泥塗っていると言う他無いと、私は思う。

例えば、『ダイエットして女を磨いて可愛くなってやる!!』

という、ある種の啖呵があるが、これ自体、美容業界の宣伝戦略である事は言うまでも無い。

努力する事は良い事であり、女性は何歳になっても女性である。

しかし、現実を直視すると、そこに存在するのは、〝美容整形業界の規模〟であり、

『努力して可愛くなるならば、芸能人は整形しない』という事でもある。

『蓼食う虫も好き好き』『十人十色』という言葉が存在するが、如何なものであろうかと私は思う。

私は、この様な事を言えた顔では無いが、現実というものは、ある種残酷であり、物事の道理であると思っている。

したがって、上述したような事柄が有る以上、心苦しいが、述べさせて頂いたしだいである。

【5-プチエンジェル事件と高円宮の関連性】

“なぜ、プチエンジェル事件という事件が起きたのか、その真相を御存知でしょうか?

プチエンジェル事件とは、2003年に発覚した〝小学生児童買春組織の名称〟であります。

発覚後、時期概要に関する警察の発表は二転三転・・・。

顧客リストに〝大物政治家〟や〝医者・弁護士〟などのエリートがズラリ・・・。

犯人は、きわめて不審な「自殺」を遂げている等など、異常な事態に発展していた〝未解決事件〟であります。

当時、ポロリと出てきた話の中に、ご皇族の「高円宮憲仁親王(2002年11月逝去)」の名前もありました。

おや?これは何かがあるぞ??と思い、そこで詳しく調べた。

事件の成り行き及び関連性を以下で軽く説明する。(詳細は■プチエンジェル事件とは?を御覧下さい)

事件に繋がる〝裏側〟の事実。

基礎知識として、『プチエンジェル事件とは?』を御読み頂ければと思います。”

〝噂〟として片付けられている事の真相と明確なる関連性を御理解頂ける事と思います。 また、方向性をずらした噂を流す事により、事の真相から視線を逸らす目的である事が御分かり頂ける事と思います。

プチエンジェル事件とは?

【記述している私〝達伊和洸〟が思う結論】

※私は、2011年まで秋篠宮眞子という人物を知らなかった。

※私に、ある種の負い目を負わせる事により、話を出せなくしようという動きが明確化している。

しかし、私は人生を潰され、事件を起こしている以上、負い目などは存在しない。(国際的問題であり、内政の問題では済まない)

さらに、負い目を負わせるという口実の元に、私の人生を崩壊させる事に関する〝行楽的行動=異常快楽=シナリオ作成〟に出ている事がわかる。

これにより、その他関連に対し、見せしめの要素をも含ませ、皇室に対する恐怖感を与えようとまで考えているようだ。

※詳細:近衛師団と第二次世界大戦の関連性を利用し現在も行われている国家犯罪の解説

※恐怖感を感じるならば、清子内親王の結婚候補者は逃げずに、結婚を承諾していた事であろう。

したがって、恐怖感よりも、気持ち悪さが先行しているという事が明確に判る。(ラピュタのシータを大の大人に利用する状況)

※秋篠宮の長女である眞子内親王(眞子さま)の男遊びと政略結婚相手探しの為に、歴史の捏造を利用すると同時に、不都合な男性関係を誤魔化しに走ったという事が判る。

国民や、その他団体が、国の為ではなく、秋篠宮眞子の男遊びを誤魔化す為に利用されている事が分る。

※秋篠宮家の教育方針としては、『佳子さまは、高校時代にも彼氏がいた』という事柄から判断できる。

私の主観的意見ではあるが、『彼氏=男遊び』ではないかと思う。

何故ならば、許婚(いいなずけ)など、将来結婚する相手が決まっている環境にて、結婚するまでの間にコロコロと相手が変わるという事は、『結婚するまでの間は趣味嗜好の男遊びを堪能しても良い』という考え方である事が明確となるからだ。

すなわち、結婚する意思すら其処には介在していないのであるから、男遊びであると思うに至る。(恋愛有りきの青春)

通常は、許婚や御相手リストの方に失礼だから控えるという判断に至るのではないだろうか?

しかし、秋篠宮家にはこのような考え方は無いという現実があるのだ。

同じ事は、秋篠宮家と親密な高円宮家にも言える事である。

よって、いよいよ都合が悪くなったが為に、皇族が連携し『長年交際を続けている小室圭 氏との「反対されても結婚を決意する一途な女性」を〝演出〟』するに至っているのである。

以下の関連項目1と2を御覧頂ければ私が述べている事を理解して頂ける事と思う。

※関連項目1:小室圭さんと交際中の2012年に眞子様が他の男性と関係を持った実態

※関連項目2:眞子さまと小室圭さんの政略結婚に関する明確な動向と江ノ島および笹川良一の関係

もしも、現在これを御読み頂いている方に御嬢様がいるとした場合、親として、このような娘に育って欲しいだろうか?

また、その様な状況の娘を、親族ぐるみで正当化する為に動き回るだろうか?

※これだけの事柄がありながらも、政府・天皇家は国内及び国際社会に自己正当化の裏工作や捏造が通用していると思っているようであるから、私は驚きを隠せない。