秋篠宮家の宮内庁職員宮務官がハプニングバーで逮捕された事件は世間を騒がせた。実は、眞子さまや佳子さまの情事を誤魔化す為の逮捕劇だ。 なぜか? それは、皇族にとって一番のスクープとなるのが『下半身事情』であるからだ。その事件の真相や詳細を暴露する。

秋篠宮家担当の宮内庁職員宮務官逮捕は眞子さまや佳子さまの男遊びを誤魔化す為の事件である事の解説

【秋篠宮の宮内庁職員逮捕は身内の誤魔化したい事と類似の事柄を起し人物の挿げ替えをする手法】

何故,ここまで「下半身事情」という下世話な話ばかりが出てくるのか。

それは、金銭問題などは出てこないであろう「天皇家」にとって、一番のスキャンダルとなるのが「下半身事情」となるからに他ならない。

留学中の眞子さまと現地人男性の関係

したがって、スケープゴートに利用されるのもまた、下半身事情ばかりとなるのは当たり前の事であろうと思う。

※産経新聞:秋篠宮家担当の宮内庁職員逮捕「ハプニングバー」で公然わいせつの疑い(秋篠宮家のお嬢様のスケープゴート事件。)

それに加え、〝セオドアニューカム〟の項でも説明したとおり、嫉妬や妬み、共通認識の敵という方向性に「視点そらし」をする事により、「スケープゴート(1928;1931~現在)」の実態から目をそらす、「視点そらし」の意味合いも相当に強い事がわかるかと思う。

【スケープゴートの使われ方】【秋篠宮家の思惑と川嶋家の誤魔化し(謀略)※後述】で述べた様に、誤魔化し;まやかし;欺き、この事柄に傾倒している。

更に、【スケープゴートの使われ方】;2014年6月28日~29日/で述べているように、一連の事件を含め、まるで小説や映画を作っているような感覚で事件を起こし、周辺環境を作り上げ、その一連の工作を面白がっている実態が見えてくる。

これは、フィクションと現実世界の区別ができていない程に、異常な精神状態である事が浮かび上がっていると言えるだろう。

これが、現在の天皇家;宮内庁;関係者の実態である。


【追加情報】

2012年8月から9月にかけて、留学の為に一人暮らしの練習でしょうか?

マンションが2つあるらしく、このマンションにて、友達皆が集まって、飲み食いした後、ゴミが、そのまま散らかった状態で、部屋にはこんなにどうするの?という位の量の避妊具や、洗面台には大量の日焼け止めクリーム等がそのままあったそうです。

1つは、一年ほど使用していないと、洗面台などの水周りにカビが生えやすい部屋であるとの事です。

※この話は、2012年11月頃の話でありまして、部屋を片付けに行ったという女性(清掃担当者と言うのでしょうか?)から入ってきた情報となります。

このような事柄も、英国留学中であったり、秋篠宮家の宮務官の逮捕(ハプニングバー)で誤魔化しているようです。

※恋愛に於けるA-B-X理論考察(共通認識の敵)参考文献

日本福祉大学福祉社会開発研究所『日本福祉大学研究紀要-現代と文化』

第130 号 2014 年9 月

友人関係の進展過程におけるパーソナリティの類似性認知 および一致・不一致事象の変化について(※PDFファイルです)

著者:吉原 智恵子

※男遊びと、フィクションと現実世界の区別ができていない証明

上記を御読み下さい。

天皇家が行う事件と誤魔化しのシナリオという異常性(イメージ画像)

※イメージ画像:シナリオ作りの会議