高円宮承子女王(承子さま)の許婚。彼氏と婚約と結婚。これは1997年に遡る。さらに秋篠宮眞子(眞子さま)の許婚と彼氏と婚約と結婚にも繋がる暴露である。さて、このページの意図を理解できるだろうか?

高円宮承子様の男遊び誤魔化しの裏工作と〝高円宮憲仁親王家の家庭環境〟(1997年or1999年)

【高円宮憲仁親王家の家庭環境に起因する承子さまの許婚戦略に関する一端】

以下に記述して行く事柄に関し、ご覧頂いている貴方は『〝その意味合い〟と〝事の本質〟』に関して読み解く事ができると信じ記述してゆく。

これは、私〝実態を知る者〟が小学生の時であるが、1997年or1999年の話である。

なにぶん、古い話であるが故に、私の記憶も朧であるが、記述してゆきたい。

1997年or1999年の春頃であったが、私が通っていた学校での事である。

私が通っていた学校の付近に、とある政党の方が暮らしているのだが、そこでの出来事である。

何時限目かまでは忘れてしまったが、授業の合間に休憩時間というのがあった。

この休憩時間に、私の同級生が窓から外を見て何やら騒いでいたのである。

そんな事もあり、私が4階の窓から一緒になって外を見ると、その政党の方の御自宅の敷地内の縁側にて、自分とさほど変わらないと思しき年齢の男の子と女の子が、重なるように縁側に横になり動いていた。

初めは、何をしているのか分からなかったのであるが、同級生との会話の中でようやく察しがついた。

そう、性的な行為を行っていたのである。

これは教師に言わなければと思い、同級生と話したが、やはり小学生(思春期)である。

「いや、こんな事を言ったら俺達が騒がれるんじゃないか?」という話が主導し、その時は話を出さずにいた。

翌日、同じように窓から、その御自宅の庭を見ていたのであるが、その時にも同じように行為の真っ最中だった。

そこで私は、教師にその事を話したのだが、この後、大きな動きが出る事となった。

教師にその旨を伝えた所、「うちの生徒じゃないよね!?もう学校の休み期間中じゃ無いよ!?」と私に訊いて来た。 私は、誰なのか分からないが、確かに同じ年代だと伝えたところ、血相を変えて職員室に向かった女性教師。

これから1時間経過した次の授業の休憩時間中に、先程の女性教師と、もう一人の女性教師に私は呼び出された。

そのまま外に連れて行かれたのだが、そこに居たのは、不機嫌そうに女性教諭にきつい言動をとっている中年の男性であった。

私の姿を、その中年男性が認識した時点から、中年男性の態度は軟化した。

『きみ、どこの窓から見えたんだい?』と優しそうに話しかけてきたその中年男性。

そう。この中年男性が、とある政党の家主である。

私は、自分が見ていた窓を指し示し、「あそこの窓から見ました」と答えた所、

その中年男性は、「何かの見間違いじゃないのかい?」と私に言ってきたのであるが、

見間違いではない事は確実であるので、「間違いなく見ました」と返答した。

その直後、中年男性は女性教師に対して、

  • 中年男性:『今、本州の方に住んでいる親戚の子供達が遊びに来ているんですよ~。学校が休み中でして。笑』

  • と説明し始めた。

  • 中年男性:『北海道とは休みの時期が違うんでしたよね?笑』

  • 中年男性:『確か教育制度と休み期間中の振り分けが各地域だったかな?確か決まっていたはずで!笑』

  • 中年男性:『いや~、先生達も、他の地域と休みの期間が違うと大変でしょう!?集会とかの日程で結構話題になってますよね~!笑』

  • 中年男性:『私も、休み期間は全国統一した方が良いと思っていまして、今度議会に提案してみようと思いますよ!笑』

この様な会話を、先程の剣幕は何処に行ったのか?という程、元気に笑顔で話し出したのである。

この時点で、女性教師は何かを悟ったのだろう、

「うちの生徒じゃないんですよね?」と、怪訝な表情と声で訊いたのである。

「子供が見たと言っている話は本当ですか!?」と、切り込んだ話を中年男性にし始めた。

この時、中年男性と女性教師は、

  • 中年男性:『いやー。子供は多感な時期ですから、何かの見間違いじゃないですかね!?』

  • 中年男性:『起きた後に、ラヂオ体操でもやっていたんじゃないですか?』

  • 中年男性:『ストレッチかもしれません!スポーツやっているものですから!』

  • 中年男性:『それに、親戚の子供と〝お友達〟は中学生…だったかな?』

  • 女性教師:『中学生って・・・。』

  • 中年男性:『あ…いや、高校生だったかな??』

  • 中年男性:『まあ、いずれにしても、もう大人ですし、お相手の親御さんとの関係もあっての事ですから』

といった、やり取りとなったのである。

このように、《親戚からお友達、そして家同士の交流と、本人同士の話しがついている》と、会話に激的な変化があったのである。 したがって、女性教師は、政党の中年男性に、事の詳細を、たたみ掛ける様に質問していたのであるが、この時から、やはり不都合があったのだろう。中年男性が当初のような剣幕で話し始めたのである。

  • 中年男性:『第一に、人の庭の中を覗くとはおかしいんじゃないか!?』

  • 中年男性:『人の庭の中が見えるような所に窓がある事がおかしいんだ!!』

  • 中年男性:『議会で報告して窓を塞いでもらう!!』

  • 中年男性:『お宅の学校でも、まずは何か策を講じるのが当然だろ!!』

  • 中年男性:『子供の嘘だって有りえるだろ!!』

  • 女性教師:『子供が嘘をついていると言うのですか!?』

というやり取りであったが、態度は変わらずであった。

この時点で、私は学校内に連れて行かれ、授業に戻った。

この時、女性教師は、他の女性教師と、

『用務員さんに話をして窓を塞いでもらおうか?』

との会話をしていた。

翌日、私が学校に行くと、女性教師から呼び出され、窓の所まで連れて行かれた。

  • 女性教師:『実態を知る者くん。どこの窓から見えたの??』

  • 女性教師:『ここの窓??え~?窓にいっぱいフィルム貼ってあるから見えないよね??見えないよ!?』

という事を言ってきたのである。

私は、この窓から見ていたと言ったが一向に聞き入れず。

ここで、他の女性教師が出てきた。

  • 他の教師:『子供が見たと言っているのに、無かった事にするのはどうなの!?』

  • 女性教師:『この子の為にも、それが一番でしょう!?』

  • 他の教師:『まあ、確かにそうだけど・・・』

  • 女性教師:『だから、何も見なかったよね?見なかったんだよ?あまり話しないでね?』

といった状態で、「他言無用」で終わったのである。

しかし、これから多少の期間を経て、とある転校生の女の子が私のクラスにやってきた。

名前は《高円寺か高円宮》と紹介された。

担任の教師が、女の子の紹介で、女の子に対して、

  • 担任の教師:『コウエングウ?タカソノグウ?珍しい苗字だけれども、読み方これで良いのかな?』

  • 転校生:『どっちでもいいですよ』

  • 担任の教師:『コウエンちゃんか、タカソノちゃん。って呼んであげてね!』

  • 担任の教師:『いま、お父さんが、こちらに出張で来ていているそうです!』

  • 担任の教師:『普段は皆と違う学校にいて、一般の子供達とも触れ合わせたいという事で来ているからね!』

  • 担任の教師:『少しの期間一緒に御勉強しましょうね!?仲良くしてあげてね!』

という紹介があった。

この一定期間、私は普段と変わらずに生活していたのであるが、

私が、この転校生に話し掛けた時に、同級生が私に対して言った事がある。

同級生:『あまり話しかけない方が良いよ?子供作る事しているらしいから…』

一瞬、戸惑ったが、この時、転校生が私に対して、

  • 転校生:『私、嫌われているから話しかけない方が良いよ?皆に嫌われるよ?』

と言われたのである。

それから、私は関わりを持たなくなった。

後の期間、2週間程度であろうか、この転校生が居たのだが、この期間中に、

転校生の女の子が、私のクラスにいる同級生の女の子の家に遊びに行ったという事で少々騒ぎがあったらしい。

転校生が同級生の家に行った際、『紅茶やケーキも出ないの?』と同級生に訊いたらしい。

色々と話を聞いていると、結構な御家柄の御嬢様らしく、普段いる学校の同級生や、周りの友人宅は、どこもこういった、〝御もてなしが〟普通の環境だそうだ。

それどころか、

  • 転校生:『自分の周りは皆、彼氏とかと性的な行為をしているよ?皆遅れてない??』

  • 転校生:『私は父親とも関係あるんだ』

この様な事を話していたそうだ。

当然、転校生が遊びに来た同級生宅の親御さんは驚いたらしく、〝役所の児童福祉課〟や〝保健所〟に連絡を入れたそうだが、

対応策に関して返ってくる返答は一貫して同じだったという。

  • 役所職員:『皇室の事でありますから、こちらでは対応できません。宮内庁に電話して下さい。』

  • 役所職員:『皇室の事ですから、何かの儀式かもしれませんので、対応できません。』

という返答であったと言うのだ。

そう、この転校生は、クラスの紹介では皇族という事に一切触れていなかったが、

同級生宅にて、自分は皇族であるという事を明かした上で、上述した話をしていたという事である。

それは役所の職員も対応できかねるだろう事と、今になれば思う。

私がこの様な〝一連の騒動〟と〝話をしない方が良い〟という関連性を知ったのは、

転校生が居なくなった後に行われてた、授業参観の日に親が集まって話をしているのを小耳に挟んだからである。

ようするに、とある政党の庭の中での出来事から少しして、転校生は突然やって来た。

数週間で転校生が居なくなるまでの間に、同級生宅にて騒動があり、役所や保健所に連絡を入れた。

しかし、転校生は皇族であったが為に、役所も保健所も手を出せなかった。

後にすぐ、転校生は学校から居なくなった。という事である。

いままで記述してきた、〝実態を知る者を利用したスケープゴート〟は、

1997年or1999年の時点に於いて、既に発生している。という事である。

即ち、一般の市立小学校との休み期間の誤差を利用し、誤差の期間だけ転校してきて居なくなった。

それも、《許婚か彼氏という事柄と、父親(高円宮憲仁親王)との性的な関係》を、《実態を知る者と歴史の捏造にかこつけて》、誤魔化しと自己正当化を行い続けている現状の発端、それが1997年or1999年であると言える。

残念な事に、ごく短期間の出来事であったが為に、写真等の記録などは無いが、事実である事に変わりは無い。

情況証拠等で整合性が取れるので、私は誰もが閲覧できるネット上に事実説明を公表・告発している現状があるのだ。

この後も、今まで私が記述してきたように、

《歴史の捏造にかこつけた男遊びの誤魔化しと自己正当化》が、ひた繰り返されているのである。

但し、この事柄のみを見ていると、あたかも〝高円宮承子(承子さま)〟に関する許婚や彼氏と男遊びを誤魔化す為であるかのように見える。

しかし、今までの経過を時系列順に並べて分析すると、〝高円宮承子(承子さま)〟だけではなく、

他の女性皇族である、《眞子さま・絢子さま・佳子さま》の、

《歴史の捏造にかこつけた男遊びの誤魔化しと自己正当化》が、ひた繰り返されていることが分かる。

ようするに、天皇家では、《歴史の捏造にかこつけた男遊びの誤魔化しと自己正当化》は、

〝1997年or1999年〟から常態化しているという事である。

したがって、これらに関連するスケープゴート事件として有名なのは《プチエンジェル事件》であったり、

《稲葉事件(北海道)》北海道警裏金事件であったりするのである。

この国の為、皇室の為に、『彼氏や許婚や男遊び』を行っているのではなく、

《歴史の捏造にかこつけた男遊びの誤魔化しと自己正当化》が、現実である。

したがって、警察組織や情報機関、皇族に関連する団体や国民は、

《歴史の捏造にかこつけた男遊びの誤魔化しと自己正当化》の為に利用されてきている事がはっきりとした。

〔鶏が先か卵が先か〕という水掛け論にもならないのである。

上述してきた事柄に関し、『なぜ,わざわざ北海道で高円宮が積極的に活動しているのか』という疑問が生じる事と思う。

それら疑問を明確に説明する事ができる事実が存在するので、下記「※関連項目1」を御読み頂きたく思う。

※関連項目1:皇室と北海道を繋ぐ秩父宮|ハマナスとロシア


【プチエンジェル事件との関連性】

“なぜ、プチエンジェル事件という事件が起きたのか、その真相を御存知でしょうか?

プチエンジェル事件とは、2003年に発覚した〝小学生児童買春組織の名称〟であります。

発覚後、時期概要に関する警察の発表は二転三転・・・。

顧客リストに〝大物政治家〟や〝医者・弁護士〟などのエリートがズラリ・・・。

犯人は、きわめて不審な「自殺」を遂げている等など、異常な事態に発展していた〝未解決事件〟であります。

当時、ポロリと出てきた話の中に、

ご皇族の「高円宮憲仁親王(2001年逝去)」の名前もありました。

おや?これは何かがあるぞ??と思い、そこで詳しく調べてみた。

その詳細と、事件の成り行きを説明てゆく。

事件に繋がる〝裏側〟の事実。

基礎知識として、『プチエンジェル事件とは?』を御読み頂ければと思います。

その後に、下記を読み進めて頂くと、事の真相が見えてくるかと思います。”

■プチエンジェル事件とは?

プチエンジェル事件と高円宮・秋篠宮

※関連項目2:皇族の許婚と彼氏と結婚と男遊び(歴史の捏造を利用した誤魔化し工作)

高円宮承子(承子さま)と絢子さまと典子さまが、三笠宮嵩仁親王100歳の誕生祝をおこなっている時の写真

高円宮ご一家

高円宮久子(久子さま)と承子さまと典子さまと絢子さまと憲仁親王像を囲んで家族写真

2014年、高円宮家の三姉妹と三笠宮崇仁親王