秋篠宮を含めた皇族と日本政府が誘引した国際社会からの経済制裁と世界情勢の実態を解説。紀子さま含め皇室の家柄に関連する歴史の捏造や国家犯罪隠蔽を世界が為替市場で示した一例をチャート画像付きで説明。日本に対する本物の世界的経済圧力だ!!

秋篠宮を含めた皇族と日本政府が誘引した国際社会からの経済制裁と世界情勢の実態を解説する

【1-民主党政権の以前に発動した日本に対する経済制裁に関して解説する】

民主党政権下であった、2010年~2012年。

実は、この期間こそが、中国への軟化姿勢の為と「重大な失策に関する責任」を、民主党へと転化集約する為に、

政府が民主党を、〝使い捨て与党〟に〝押し上げた〟事実が見えてくる。

一見すると、日本は民主主義であるかのように見えるが、実際は、メディア(テレビ・情報発信ツール)を使い、『国内世論を形成した上で投票に持ち込む。』という政治を行っている。

それでは、『何故、日本が経済的な圧力を世界から受けたのか。』について、以下で述べてゆく。

それは、現在の世界経済ショック=リーマンショック+サブプライム焦げ付きの引き金を引いたのが日本であるという事が見えてくるからである。

(戦争責任について逃れようとしている事も要因であろう。)

日本バブルの崩壊(橋本元総理)の時代と、現在の政権を照らし合わせると、現在、天皇家と政府が必死になり経済面に関する過去の清算を行おうという思惑も見えてくるが、実態は、清算というよりは誤魔化しであり、経済面に関する事のみである事が見えてくる。

何故ならば、政府と天皇家は対立しているかのように演じているだけであり、

実際は、極めて密接な関係にある事が判明しているからです。

上述した事柄を、様々な観点から照合すると、日本は円高という経済制裁を世界中から受けたという事に繋がってくる。

では、円高を用いた経済制裁の根拠は、どのような事から説明できるのか、下記の画像を御覧頂きたい。

【ポンド/米ドルのチャートに出された明確なるサイン(2007年11月9日)】

2007年11月9日為替チャート(ポンド・米ドル)

ポンド/米ドルのチャートに出された明確なるサイン(2007年11月9日)

1月9日は、原油が高騰し始めた時であると同時に、

9月11日の米国同時多発テロの逆であり、

9月11日は『秋篠宮紀子殿下の誕生日』でもある。

また、2007年は、私〝実態が知る者〟を潰す為に、

私をハニートラップに掛けた年でもある。(2005年と2006年も)

テロとの戦いの矛先は、日本にも向いているという事の表れであると私は推測する。

拡大画像:ポンド/米ドル(2007年11月9日)

【ポンド/米ドルのチャートに出された明確なるサイン(2008年7月30日)】

2008年7月30日為替チャート(ポンド・米ドル)

ポンド/米ドルのチャートに出された明確なるサイン(2008年7月30日)

2008年の7月30日は陽線十字が出現しているが、

トレンドラインを引いた際に、30日と31日に中間のトレンドラインがピッタリと当てはまる。

(海外から見たチャートだと陰線十字である)

ちなみに7月30日は、私〝実体を知る者〟の誕生日でもある。

7月31日も、海外時間での7月30日となる。

ここから、米ドル高・ポンド安が進行し始める。

したがって、7月30日-31日に明確なサインがあると言える。

拡大画像:ポンド/米ドル(2008年7月30日)

【ポンド/米ドルのチャートに出された明確なるサイン(2009年3月11日)】

2009年3月11日為替チャート(ポンド・米ドル)

ポンド/米ドルのチャートに出された明確なるサイン(2009年3月11日)

2009年3月11日に、ポンド/米ドルがダブルボトムを描き、底を打つ。

〝3年後〟の2011年3月11日に東日本大震災発生。(急激な地殻変動は、2008年から明確に発生していた:国土地理院GSIの地殻変動図にて確認可能)また、3月11日は神武天皇崩御の日でもあり、秋篠宮紀子殿下の曽祖父の母である、「かつ」の命日でもある(1930年3月11日)。※政府がここまで行っている事から、死亡日時は自在であろうし、命日は3月11日であるという関連付けを行い、川嶋家が暗殺された被害者だという誤魔化しの意味合いをも含ませているのではないだろうか。

拡大画像:ポンド/米ドル(2009年3月11日)

【米ドル/円のチャートに出された明確なるサイン(2007年8月16日)】

2007年8月16日為替チャート(米ドル・円)

米ドル/円のチャートに出された明確なるサイン(2007年8月16日)

2007年8月16日に長い下髭陰線を付けている。

この陰線が抵抗線となっている事が先の日足を見た際に判る。

1946年8月16日は、経済団体連合会(経団連=財閥連合)が設立された日でもある。

この抵抗線を突破し、円高が進行し始めたのが2007年11月9日である。

拡大画像:米ドル/円(2007年8月16日)

【米ドル/円のチャートに出された明確なるサイン(2007年11月9日)】

2007年11月9日為替チャート(米ドル・円)

米ドル/円のチャートに出された明確なるサイン(2007年11月9日)

8月16日の抵抗線を突破している事が判ると同時に、

11月9日の下限を突破した後、円安方向の抵抗線となっている事が先の日足で判る。

この抵抗線で頭を抑えられ、円安方向の抵抗線が明確になるのは、

2008年8月15日と16日である。

2007年11月9日は、ポンド/米ドルにも明確なサインが現れている。

拡大画像:米ドル/円(2007年11月9日)

【米ドル/円のチャートに出された明確なるサイン(2008年8月15日)】

2008年8月15日為替チャート(米ドル・円)

米ドル/円のチャートに出された明確なるサイン(2008年8月15日)

円安方向に対する抵抗線となっている事が明確に判る。

翌日の8月16日には,円安方向の圧力よりも、

円高方向の圧力が強くなっている事が、この日足から判る。

以上の事から、日本に対する経済的圧力と戦争責任について、

天皇家;政府に対する世界的なサインを知る事ができる。

拡大画像:米ドル/円(2008年8月15日)

【独自分析トレンドライン手法】

為替:TedaWakou式トレンドラインによる経済分析法

上記画像は、私(TedaWakou)が、為替に相関する世界情勢を分析する際に使用している独自分析トレンドライン手法の一例である。

上記画像のトレンドラインに各国の情勢を被らせる事により、国家間の相互性を視覚的に表現する事ができる。

【2-第一次安倍政権が誘引した為替市場の混乱と対中国強硬姿勢及び歴史修正に対する国際的動き】

2013年、財務官僚が書いたと思われるスピーチ内容を米国で読み上げた安部総理であるが、

この内容は『政府が買い支えしますから、世界の皆さん買って下さい!』という内容であった。

また、為替介入過去2番目の財務官は、黒田財務官である。

したがって、現在、黒田さんの事に関する市場に流す情報(投資家心理誘導)は、ミスター円こと榊原さんである。

この為替介入により、世界中のファンドが混乱したのは事実である。(倒産含む)

さらに、前回の安部政権(2006年9月-2007年9月)の際には、ヘッジファンドが悪いという理由を付けた断続的な介入が行われ、金融業会含め、世界的に大きな混乱をもたらした。(国単位)

日本は、為替介入により、世界的な為替水準の均衡を保つ役割をしたと考えているようですが、

実態は、何故為替介入を行わなければならない事態になったのかを理解していないところにあると言えるだろう。

これを物語るのが、先程の[1]で説明した為替チャートである。

また、対中国強硬姿勢を取り続け、切羽詰った日本が、中国に対して軟化姿勢を見せようとしたのが、

西宮伸一 死去である可能性も見えてくる。(国内の抵抗勢力を粛清してますからという、お腹を見せる態度)

しかし、日本はこれまでに、中国を馬鹿にする国内世論を構築してきた。

例えば、習近平(シー・ジーピン)国家主席を、シュウ・コンペイ国家主席と、わざと間違った読みで国民に流布し、刷り込みを行ってきた。

ここ最近になって、ようやく正しい読みである、シー・ジーピン氏と一部の新聞社が、振り仮名を付けるようになったが、街中で習近平国家主席の読みを振り仮名なしで読ませたら、大半の方が、日本政府に刷り込まれた間違った読みをするであろう。

どの様な関係にある国同士でも、氏名ぐらいは正しく伝えるものなのですが・・・。

したがって、信用できない国であると捉えられ、世界的に脱日本という事柄が発生していると言える。

常日頃から、二枚舌三枚舌八方美人である日本は、世界でも嫌われているようです。(私に対して行っている事を見れば判るとおり)

したがって、秋篠宮佳子内親王(佳子さま)が、ご両親の友人である、米国ハーバードの教授の元にホームステイした2013年8月以降に、日本人留学生の交通事故が、米国で立て続けに発生したと見る事ができる。

朝日新聞:米で車衝突、日本人留学生3人が死亡 カリフォルニア(別件)

産経新聞:大阪出身の日本人留学生が死亡 米カリフォルニア州で4人死傷事故

上述の事故は、『北白川宮様の交通事故』に似通っていると言える。

検分結果を参照されたい:北白川宮様の交通事故

2013年、財務官僚が書いたと北京での高速道路事故(御曹司):北京の公道でスーパーカー衝突、学生らがレースか

これのみならず、英国では『ロンドンの名物2階建てバスで屋根が取れる』という事故が、秋篠宮眞子内親王が留学している際に発生しております。

このバスの左側面にはZoopla.ukというレンタルハウス等を扱う不動産関連会社の広告があり、

この広告にアクセスすると、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)がパーティーに参加した部屋であったり、

2012年から2013年にエディンバラ大学に留学していた際に、共同生活を行った寮を見る事ができるようです。

2階建バスの右側面には、King'sManという、シークレットサービスが題材となった映画の広告もあります。

したがって、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)が英国に居る間は、シークレットサービスが付いているという事でしょう。

※英国にてテロの懸念も高いという情勢であり、日本人も標的であるとの声明も出ている為

しかし、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)は、その事に気が付いているのかいないのか、

【ICUダンスサークルと秋篠宮佳子内親王殿下(佳子さま)のご関係、繋ぎ役は眞子内親王殿下(眞子さま)!?】で記述した遊びをしていたようです。

この事を裏付けできる事は、『Zoo=動物園』であり、日本でヒット曲となった『Zoo(愛を下さいwow-wow)』

であり、たくさんの動物が、つがいで乗った『ノアの箱舟』に繋がり、さらには、山守凌平の『劇団のの』に繋がります。

『劇団のの』では、『ノア・ノエル』という名でブログを書いており、この『ノア』が山守遼平の事を紹介しております。

2014年には、『劇団ののTwitter』にて『ノア・ノエル』が、またしても、山守凌平の事を紹介しております。

さらに、『のの』という名でありますが、2008年に私がレディースクリニックに連れて行った女性が、

通称『ノノ』という名でありました。(劇団は2012年にできている)

山守遼平のTwitterでは、10月23日に『行き付けの渋谷のコンドーム屋が潰れていた』と、

秋篠宮眞子内親王の誕生日パーティーに必要なコンドームを購入できなかったと受け取れる発言があり、

翌24日には『過ちの末、緑のタヌキを食べている』という発言がされております。

10月24日は、私〝実体を知る者〟が『この国が大変な事になりそうだ、スパイが右翼をやっているかもしれないから右翼をやって手伝ってくれ』と言われ、私は右翼の活動をさせられた日でもあります。(意図して社会的信用を潰された)

さらに、私の家族は、緑のタヌキを作る会社で働いております。

このような行動は、一連の事柄を、秋篠宮から山守遼平が聞いていなければ、この様に人を蔑むツイートはできないと思われます。

一切関係の無い私と私の家族に対し、この様な侮辱を『情報発信ツール』で行うとは言葉を失います。

※山守凌平とノア・ノエル:劇団のの

※山守凌平とノア・ノエル:劇団のの(プロフィール紹介)

山守遼平眞子内親王の誕生日で使うコンドーム購入(イメージ画像1)

※イメージ画像:買いたいけど閉店中

山守遼平と眞子さまと劇団のの(イメージ画像)

※イメージ画像:演劇サークル

【3-信じがたいが実際に生じている事柄と私に対する裏工作の動き及び八方美人外交の一端】

まだ、事件に関わる事柄があります。

それは、2月4日(英国時間。2月3日)(日本時間2月4日=立春)に、

高速速道路上を走行中の『黄色い車』が、推力を失った民間双発機(飛行機)の『ATR72』に左翼が接触し、

川の中に墜落するという悲惨な航空機事故がありました。

『ATR72』は、台湾の航空会社(復興航空)でありますが、ここで見えてくる秋篠宮家との関わりは、

高速道路で『黄色い車』に接触と、『機体に描かれている〝赤と青のリボン〟』それと『川の中に墜落』という事柄です。

※私は2004年7月に免許を取りましたが、この際、私に接近してきた者から、黄色い車の購入を比較的安い金額で紹介され、『黄色い車に乗っておりました』秋篠宮の回し者によって購入せられた車は、2004年に『石狩市花川にある紅葉山公園』に引き取りに行った。

2015年の歌会始の儀で皇族が詠んだ歌の中には『紅葉山・紅葉・池』が入っている。(皇太子と高円宮承子)

何れも紅葉山公園に実在する。(2004年、私は、秋篠宮家という皇族の存在すら、知りませんでした)


※紅葉山公園:北海道石狩市花川に実在する〝紅葉山公園〟(Googleマップのキャプチャ画像)

※宮内庁(歌会始の儀):平成27年発表,歌会始の儀(※PDFファイルです)

※皇族全員で私を貶している和歌の証明

歌会始の儀(林ありて〝下陰〟)

佳子さまの婚約相手と身内で話をスリ変える(林)

政略的に必要な男性を複数維持する心理テクニック

上記を御読み下さい。


秋篠宮文仁親王は黄色い初代ビートルに乗っておりました。

『赤と青のリボン』に関しては、『三笠宮彬子女王』が『赤と青のガウン』という自身の留学記を出版しました。

(これも、身内を使った誤魔化しであると思われます。)

私〝実体を知る者〟は、2014年2月4日に埼玉県の『川越のビジネスホテル』に宿泊しておりました。

CNN:台湾当局、全ATR72型機の飛行を停止 墜落事故で

産経新聞:「信じられない」高速道を横切る機体、思わず絶叫した走行中の女性…台湾機墜落事故

※川越に宿泊した時ですが、その後に部屋が決まり、9日に札幌に一時帰宅し、

10日と11日に小樽のオーンズスキー場に、一人でナイター営業の時間にスノーボードをしに行き、

荷物を纏めて、2月12日の昼に埼玉に行き、ビジネスホテルが満室の為、一人でラブホテルに宿泊し、翌日2月13日から東大宮に入居したという足取りです。

※スキー場にも、おかしな連中が付いて来て嫌がらせを受けている。

もしかしたら、埼玉-札幌 札幌-埼玉という私の動きに合わせて、私をスケープゴートとし秋篠宮の娘が遊んでいた可能性(これについては断定できない)がある。

高速道路上の事故に関して言えば、

米国留学中の日本人学生の交通事故

『中国高速道路での御曹司の事故』

台湾の高速道路での事故(ATR72

と、3つの事故が重なる事になります。

2階建バスの車種で、『ATR23』という中国や台湾といった『アジア諸国』で良く使用されている2階建バスもありますので、

この事柄は、秋篠宮眞子内親王が『アジア系の男性と関係を持った』という事の裏づけになるかと思われます。

(世界中で遊んだ事、ないしハニートラップを行った事の清算が行われている。)

また、『ATR7200』という、録画・録音・集音機材もあります。

〝7200〟といいますと、私〝実体を知る者〟が2005年から2008年まで乗っていた車のナンバープレートになります。

さらに、英国内では、『会員制クラブの個室トイレで性行為(日刊スポーツ)』や、『パブBARの個室トイレで性行為』のニュースも出てきております。

(パーティーを行うクラブの話は陰に隠れている。)

この事に関連して。『ATR7200』との繋がりを見る事ができるかと思われます。

航空機事故関連に関しては、米国でも発生しております。

米国にて、2015年3月6日に、ハリソン・フォードさんが、LA近郊で小型機墜落にみまわれ、重症を負ったというニュースがあります。

ハリソン・フォードさんと聞いて、一番初めに思い浮かぶのはやはり、

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ではないでしょうか。


〔インディージョーンズ魔宮の伝説〕

1935年、考古学者インディ(ハリソン・フォード)は上海のギャングとの取引が決裂しトラブルに陥る。その場に居合わせた歌手ウィリー(ケイト・キャプショー)、相棒の少年ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)と共に飛行機で追っ手から逃れるが、ギャングの策略により飛行機は墜落、インドへたどり着く。奇妙な老人に出会い、彼の住む小さな村へ案内されると、そこは井戸が干上がり食べることもままならない状態で、子供が一人もいなかった。村にはシヴァ・リンガムと呼ばれる秘石が祭られていたが、邪教集団に奪われ、村の子供も連れ去られたという。老人から救世主だと言われたインディ達はサンカラ・ストーン(シヴァ・リンガム)と子供達を取り戻すため、邪教集団が住み着いているという、かつてマハラジャが支配していたパンコット宮殿へ向かう。無人の筈のパンコット宮殿には新しいマハラジャが即位し、表向きには煌びやかに見え、インディ達を大歓迎する。

※上記参照元:インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

上記に出てくる飛行機は、『水上機』である。

※インドと日本をつなぐ機体は『水上機』である。

US-2:US-2 (航空機)

産経新聞:30日に日印防衛相会談 救難飛行艇US2輸出など協議

天皇陛下は、インド訪問時の晩餐会にて仏教について触れられる(インドにはチベット亡命政府もある)

南沙諸島(スプラトリー)の問題と、沖ノ鳥島(世界遺産の話も有る)と、ツバル(文科省・外務省・他外郭団体)とビキニ環礁の話の関連性は御存知だろうか?

積極的に皇室外交を行っている様子が見える。

この他に、インドのモディ首相が訪日された際に、安倍総理大臣が、日本を案内したのであるが、

世界遺産に登録されている、『東寺』という『チベット仏教にも繋がる宗教施設』を案内したのである。

当然ながらこれは、インド政府の要望による東寺訪問ではなく、

日本政府が『政治的意味合い』を全面に出して案内したものである事は言うまでもないだろう。

後に天皇陛下は、インド外交に注力した方たちを招き、慰労会を行なわれた。

※産経新聞:原爆犠牲者への追悼「心からの感謝」 陛下のインド大統領主催晩餐会お言葉全文

以上が、世界的な動きと天皇家;政府が行っている事である。

※関連項目1:円高株安と円安株高に相関する歴史の捏造と日本経済の実態

※関連項目2:仁和寺宮(小松宮彰仁親王-伏見宮)と蝦夷地開拓(北海道)の暗号公文書(明治維新)

秋篠宮の回し者によって,2004年に紅葉山公園に引き取りに行った黄色い車(イメージ画像)

※2004年6月頃購入した車両