秋篠宮家の長女、眞子様が「札幌のレディースクリニックを利用していた」事実を公表。お付の女性は『インターネットで知り合った男性と関係を持って心配だから連れて来た』との説明。2008年の実話だ。女性皇族と出会い系の関係を明確に解説する。

秋篠宮眞子さまが札幌のレディースクリニックを利用した理由と自己正当化に利用する為の対スケープゴート工作の意味

【眞子さまの交友関係と札幌市での目撃状況及び自己正当化の為の対スケープゴート工作の手法解説】

[1]

札幌のメディカル山鼻の2階にあるレディースクリニックに、中年の女性と当時15歳~16歳の秋篠宮眞子内親王殿下(眞子さま)が窓際の席に座って、診察を待っていました。

入って左側に下足箱があり、入って直ぐ右手の通路が診察室に繋がっている。

待合室の真ん中に受付のカウンターがあり、中年の女性が、受付の女性の問診に対して、

「どこの誰と関係を持っているか分らない男の子とサイトで知り合って性的な関係を持っちゃって、何か病気を貰っていても怖いものですから。」と説明しておりました。

この中年の女性は、15歳16歳の女の子に対して、「敬語交じりの話し方」をしておりました。

札幌も〝遊び場〟になっております。(なっていた。)

一般の方よりも座り方に特徴があって目立っておりました。

背筋を伸ばして、背もたれに、もたれかからないで座るという独特な座り方でした。

なぜ、私がこの事を知っているのか。

それは、〝同じ年齢の女友達〟に「一人で病院行くの怖いから連れてって」と〝頼まれて〟連れて行ったからです。

私は、指一本触れていない女性ですから、私には一切関係無いのですが、そこに居たのが、「秋篠宮眞子内親王殿下(眞子さま)」だったものですから知っております。

※同様の病院であるのかは分かりませんが、2009年3月~5月の間にかけて、アフターピルを処方してもらっているという情報もあります。

(こちらの男性もインターネット上で知り合ったのでしょうか?)


[2]

北海道は土地柄、天皇家に対する関心が低い一面もあります。

何故ならば、明治時代に開拓された歴史の浅い土地ですし、皇室ゆかりの歴史的な話も少ない。

しかし、北海道にはスキーという大きな繋がりもあります。(三笠宮様で有名な宮様スキー大会など。)

皇族の方々が、公務で北海道に御成りになることが少ない為、普段、遊びで出入りしていても、あまり目立たないという特性があるからです。

あとは、思いのほか、○○の子孫など、遊んでもそこまで問題にならないような遊び相手が居ると見ることもできるでしょう。

そしてこれは、「秋篠宮眞子(眞子さま)が札幌に居るわけがない」と考える「先入観を逆手に取った行動」です。

どのようなコネがあろうと、宮内庁病院であろうと、情報が漏れる可能性はあります。

でしたら、スケープゴートの保険証を使ったり、皇族専用に用意してある空の戸籍を元にした保険証を使い、都内以外で受診した方が安全でしょう。(全額自己負担でありますと保険証は不要です。)

それでいて、この一連の行動の裏側には、「探し者」と「二重三重の誤魔化し工作」の意味合いも有ったようです。

※関連項目1:近衛師団と第二次世界大戦の関連性|北海道での裏工作の解説|私の家族構成

※関連項目2:【天皇家と北海道】秋篠宮と秩父宮に関係する北海道の意味合い(三笠宮家と雅子様)】


[3]

世の中には『表向きの顔』と『裏側の顔』がある人は沢山居るが、これ程の〝顔〟をお持ちの方達は早々居ないだろう。 お嬢様の個人的な趣味嗜好の類である事は言うまでもない。

これは、※宮様スキー大会(札幌・旭川富良野)の関連と、歴史の捏造を引き継ぎさせる目的もある。(一石二鳥との考え方)

学習院かいわいの一部では有名な話であるようだが、週刊誌にも出てこない話である。

それは、週刊誌も書けない話だろうと納得して頂けた事だろうと思う。

眞子さまサイトで知り合った男性と親密になる(イメージ画像)

※イメージ画像:マッチング

北海道観光入門『行政編』(藩の分布)

※北海道と旧家の分布図

眞子さまサイトで知り合った男性と関係を(イメージ画像)

※イメージ画像:お相手発見

眞子さまネットで男性と会った後レディースクリニックに(イメージ画像)

※イメージ画像:プラス=病院

眞子さまアフターピルを処方してもらった情報(イメージ画像)

※緊急用シート