大祓の儀(お祓い)の祝詞から読み解く神道における罪穢れの概念と天皇家の宮中祭祀、女性皇族である秋篠宮家の眞子様が参加された大祓の矛盾。神道の概念を、自己の不徳を正当化する為に捻じ曲げて利用している現代皇族の実態を解説する。

大祓などの皇室儀式を利用した印象操作とインターネット上の情報操作・印象操作の手法

【歴史上初めて女性皇族が大祓の儀に出席した理由と宮内庁及び皇族の思惑】

[1]

先程も記述しましたが、誤魔化しの為に雇われた、書き込み専門の方であろうか?

24時間書き込みを続けております。

一見すると、秋篠宮家を罵倒するような書き込みでありますが、

【秋篠宮家のお噂1023】で必死に2011年3月11日(東日本大震災)のスキーネタを出おります。

二人は公然の関係であるという事を、世の中に再認識させたいからではないのでしょうか?

どこの指示でしょう?宮内庁でしょうか。

帰国後の婚約会見の為に、再燃させようとしているのでしょう。

一般人との結婚となると、結構騒がれる可能性がある為に、2011年から今に至るまで、インターネット上で騒がせて、『騒がれる事に慣れさせておく』意味もあるようにみえます。

黒田さん も未だに騒がれておりますから、所謂、「水に慣れさせておく為」かと推測できます。

※2011年11月頃に、秋篠宮眞子内親王殿下との布団上での写真流出を受け、やったやらないの「下半身事情」で、世間では相当騒がれていた時に、渦中の男性が行っていた、twitter上に於いての発言も年月を経て、

《「お酒の飲み方を覚えられた方が宜しいかと思います」であったのが、「お酒の飲み方を覚えなきゃ」》

という具合に、誤魔化しの為に雇われた、書き込み専門の方であろうか?自分の事の発言のように、すり替え工作がされております。

その他にも「処女ゲット」であったり、避妊具に関する発言日時も、秋篠宮眞子内親王殿下を取り巻く環境;状況を表しているものであるといえます。

以上の事柄が、誤魔化しの為に雇われた、書き込み専門の方と思われる24時間続く書き込みとなります。


[2]

一見すると、秋篠宮や皇太子などの皇族を罵倒しているかのような書き込みがネット上に溢れておりますが、書き込み内容を分析してゆきますと、罵倒しているようで持ち上げているという視覚的な心理誘導が行われております。

例えば、障がい者を引き合いに出し、「悠仁は聾唖者だ」であったり、差別的表現となる「かたわ」であったりと、障がい者を蔑む書き込みを行いつつ、皇族を罵倒しております。

これによって、皇族に興味を抱きネットで検索した方が書き込み内容等を見た際に抱く印象は、秋篠宮や皇太子をはじめ、皇族に対し何かしらの苦言を呈する発言を行っている人物は「差別主義者」であり、極めて非常識な人物が異論を唱えているというふうに印象を付ける事となります。

この事柄に至っては、あえて、異常な書き込みを行い、まともな人物の見解を損ね、『皇室の価値を保とう』とする組織的な書き込みである事が鮮明となっております。

この事柄に、宮内庁はじめ、皇族が関わっているのかといいますと、2006年頃から始まった、「ネット右翼ブーム」に乗じた自身の付加価値を創造する為の工作的書き込みが多々見受けられます。

特に、秋篠宮眞子内親王はじめ、女性皇族の男性関係の話が出始めた際には顕著なものがあります。

例えば、先にも述べましたが、皇后陛下である美智子様が行った、在日批判から救った清和会とのマッチポンプによるヒーロー演出や、後に詳しく書きますが、皇太子妃雅子様が、ハロウィンパーティーには出るが、公務には出られないという週刊誌等の記事の際に多く見られます。

事実上、ネット上に於いての書き込みと、皇族自身が行ってきた一連の動きは連動しておりますので、『宮内庁や皇族自身が裏側から手を回している』or『言わなくても解るでしょう?』といった、暗黙の連携がある事が、はっきりと見えてまいります。

その上で、秋篠宮眞子内親王が2012年の海外留学時に、ハロウィンパーティーに参加している写真を、〝敢えて〟ネット上や週刊誌を使い流出させる等の動きがあるのです。

ハロウィンパーティーは経済効果的側面から見た際にも良い事であると私は思いますが、作られたネット右翼による在日批判や排外主義を利用し、ハロウィンパーティーに街宣を掛けるなどした上での、「在日批判から救った清和会とのマッチポンプによるヒーロー演出」を行っている事が、時系列順に見てゆきますと鮮明化しているのであります。

このような事が事実ありますので、「暗黙の連携」ないし「裏側から動員を掛ける」といった事柄を行っているという事が判るのであります。

子供達も大人達も楽しみにしているイベント事を利用したり、人種憎悪表現を敢えて行い、自身の付加価値を創造する事自体が、私はおかしいと思っております。

そのうえで、私のようにネット上に於いても苦言や異論を唱えている人物を、異常者であるかのようにする為の、「印象操作」や「心理誘導」を行なうという事柄事態が異常な事であり、昨今の「モラルハザード」という社会問題に直結するという事を私は述べているまでであります。

このように、言論を封殺する動きが現状であるという事を、このサイトを閲覧して下さっている方にも知って頂きたく思います。

このままですと、「クリスマス」や「神道のイベント」までもが、自身の付加価値創造の為に利用されかねないという状態である事を述べさせて頂きます。


[3]

既に、秋篠宮眞子内親王が参加した神道の儀式である「大祓の儀」は利用されております。

大祓という儀式については『知らず知らずの内に犯した罪穢れを祓う』という意味合いがあるそうです。

その上で、大祓には、神道上極めて重要な《麻》が使われるそうです。

麻という植物には穢れを祓う意味合いがあるそうでして、この麻で〝御祓い〟を行うのです。

神社で神主がバサバサと振っている白い紙が麻であり、お札やお守りを包む紙もまた麻であります。

養蚕という儀もまた、絹を作る為であり、絹には穢れを寄せ付けないという意味があるそうです。

この時に、桑科の植物である麻を食べさせ、麻を食べた蚕が吐き出した糸を紡ぎ、絹ができ、この絹を使用し、大祓の儀が執り行われるという事であります。

大嘗祭の潔斎を行う時に着る羽衣にも、本来この絹が使われる筈です。

ところが、秋篠宮眞子内親王は、大学生時代や高校生時代、小学生時代に至るまで、

いいだけ男遊びを繰り返してきたのです。※A

本人が自覚を持ち、知っていながら繰り返してきた事を、どのように祓うというのでありましょうか?

本人は無自覚の状況に於いて、意識が無いままに男遊びを繰り返してきたというのでしょうか?

この期に及んで、『うちの娘は知らなかった』『私は知らなかった』と言うのでしょうか?


≪2019年04月11日追記:※A≫

※A:当時は許嫁だったと言った所で、現在〝結果〟が出ています。

このように、神道としての儀式的意味合いを利用し、自身の交友関係を正当化しようという事までに及んでいるのです。 なぜ本人は自覚があり男遊びを行ってきたと言えるのかについての詳細は、後程記述しますが、読み進めて頂きますと、事の真相がお判り頂ける事と思います。

※関連項目1:ICUダンスサークルと佳子さまの関係‐繋ぎ役は眞子さま!?(留学中に眞子様が浮気騒動)

※関連項目2:秋篠宮家の眞子さま御婚約と三股保険(恋愛心理学悪用テクニック)

※関連項目3:秋篠宮家の眞子さまが〝出会い系〟に投稿していたプロフ

■参考:大祓の儀式(日本古代思想における悪)大阪大学の研究

日本古代思想における悪(大祓の儀).PDFファイル

浮世絵と養蚕と皇室‐養蚕皇国栄(国政 Kunimasa)

錦絵(Nishiki-e Nishiki-Art):養蚕皇国栄の図

神社と神道大麻と伊勢の御札(天照大神宮)

※イメージ画像:神社の幣と神社参り・神道大麻

2011年7月5日被災地にて(2)

宮城県にて私が2011年7月5日に撮影した現場写真1

2011年7月5日被災地にて

宮城県にて私が2011年7月5日に撮影した現場写真2

眞子さま2011年3月11日にスキー部の大会に出ている(イメージ画像)

大学スキー部

※2枚目まで、宮城県にて私が2011年7月5日に撮影した現場写真。

3枚目は2011年3月11日に秋篠宮眞子内親王(眞子さま)がスキー部の大会に出ていたという情報のイメージ画像。

詳細は、後程、【身内を使ったスケープゴート】【地震学の風景】【世界的な問題と円高を用いた経済的な圧力】で説明します。