三笠宮彬子さまを幼少期から可愛がる森善朗と旧宮家の竹田家の関連性及び経済産業省と皇族の関係。秋篠宮家が得意とする、将来重役になるであろう学生との留学による交流で次世代を見据えた皇室外交の実態と諸外国を踏み台にしている現状を解説する。

森善朗と橋本龍太郎を繋ぐ厚生労働省とGPIF:オリンピックと森善朗と三笠宮彬子さまと高円宮久子さまの関係

【国際経済を理解できていない皇族が自己顕示欲の為に動きを出している現状解説の纏め】

先程、『天皇家と政府が仕組む〝平成の謀略〟 』で説明した事を補う意味を含め、

ここで『天皇家とオリンピック』、『世界が示す事柄』に触れてゆく。

元総理大臣;森善朗(元総理大臣;橋本龍太郎の絡み)がオリンピックの組織委員長で、GPIFの絡みも橋本元首相(厚生労働省)絡みであり、三笠宮彬子が幼少期から親しい森善朗。森善朗とオリンピックと旧宮家の竹田の関係と高円宮。

NISA口座で国内(国民)に押し付けを図ったが、不発に終わる。(資金の引き上げが始まる)

六次産業化(復興特区)で補助金団体設立を試みるも失敗に終わる。(5カ年計画)参入企業の撤退束縛期間は、わずか5年である。

あとは、ハーバードを踏み台にした挙句、将来重役になるであろう学生との交流によって、

次世代を見据えた皇室外交を誰が行ってよいと言ったのか?という事であろう。

英国も、レスターからオックスフォード大学の三笠宮様を国民に刷り込んだうえで、

そのレスターに留学しますという踏み台を誰が行ってよいと言ったのか?という事であろう。

さらに、王室に手紙を送った上で留学されたエピソードも前面に押し出して、

王室とオックスフォードを踏み台にして良いと誰が言ったのか?という事にもなるだろう。

その他、脱IMF(日本の出資比率は世界第2位)の世界的な動きを見て焦ったのか知らないが、

BRICsやAIIBの絡みであったり、誰がメキシコやブラジルに行こうと考えたのか?と言う話にも繋がるであろうし、

そもそも、川嶋家の話を誤魔化そうとしている動きは何なのか?という事にもなる。

ここまでやったからには、『守山〝名古屋〟で〝富山〟を誤魔化す』という規定路線は行ってもらうという〝世界的な圧力〟が見えてくる事となる。

世界的な経済ショックは日本がトリガーとなったのであるし、自覚を持って頂きたいというふうに解釈できます。

PIIGSの話もある状態でオリンピック開催国という二択が発生し、日本は開催国となる事を選んだ。

したがって、自覚の有無を見る為にも〝世界が一円安い店〟を演じたのも頷けます。

例:一円安いガソリンスタンドで最初に燃料を入れる為に、1時間も2時間もエンジンを掛けたまま開店を待っていると、得ですか?損ですか?

(これが、日本が手にしたオリンピック招致である)

高円宮久子さまと東京オリンピックと6次産業化やGPIFに関連する政治的動きが炎上し灰になる