TwitterFacebookLink

眞子さまが2012年の留学先で小室圭さん以外の男性と『一夜限りの関係』を持った話を裏付けできる証拠がある。それは、暴露サイトを運営している私に届いた『一通のメール』だ。この事実、結婚相手や宮内庁は知っているのだろうか?

眞子さまが2012年の留学先で小室圭さん以外の男性と『一夜限りの関係』を持った話を裏付けできる証拠がある。それは、暴露サイトを運営している私に届いた『一通のメール』だ。この事実、結婚相手や宮内庁は知っているのだろうか?

【海外留学先で高円宮承子に続いて秋篠宮眞子もパーティーで男漁りの事実】

秋篠宮眞子内親王がエディンバラ大学に留学中でしょうか、それとも日本国内でしょうか。

クラブで知り合った男性と、その日限りの性的な関係があったそうだ。 (成り行きで)

それを、まとめサイトで暴露され、暴露したサイトの管理者に秋篠宮眞子内親王と思われる女性が連絡を入れ、その後、その女性が宮内庁に連絡を取り、そのサイトを削除してもらっている。

宮内庁も、連絡先が明記してあるにもかかわらず、そのサイト管理者に一切連絡すら入れず、一方的に問答無用で削除させていた。

その暴露サイトは、連絡が来た2日後に、『このページは権利者のお申し出により削除されました。』と表示され閲覧できない状況となった。

※以下のキャプチャ画像は2015年

削除された【婚約】秋篠宮家の佳子様と眞子様の彼氏事情【結婚】1

※削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像。(本年2015年の『まとめサイト』)

削除された【婚約】秋篠宮家の佳子様と眞子様の彼氏事情【結婚】2

※削除された『まとめNAVER』

削除された【婚約】秋篠宮家の佳子様と眞子様の彼氏事情【結婚】3

※削除された『まとめNAVER』

※連絡が来たのは『2013年3月頃』

↓↓↓画像拡大↓↓↓

  1. 削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像(1)

  2. 削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像(2)

  3. 削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像(3)

  4. 削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像(4)

  5. 削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像(5)

  6. 削除された『まとめNAVER』のキャプチャ画像(6)

(上記のURLは削除されたキャプチャです。2013.04のキャプチャは抹消されていて掲載できません)

先述した本人と思われる女性からメールが来るしばらく前に(一ヶ月以上前)、宮内庁に対し、「暴露サイトを立ち上げました」と管理者自らがメールを出していたのだが、その際は、一切、苦情も入らず、サイト自体も削除すらされない状況であった。

暴露サイトが削除されたのは、本人と思われる女性からメールが着てから2日後の事である。(宮内庁にメールを出してから1ヶ月以上経過)

この出来事は、一声で『宮内庁を動かせる人物が連絡を入れた』という事である。

ちなみに、この出来事は、2013年3月頃だったように思う。(サイト公開から一ヶ月以上経過した後)

また、この時にメールで苦情を申し入れてきた女性は、

  • 『なんで本人しか知らない事を知っているんですか!!』

  • 『誰から聞いたんですか!?友達ですか!?スムステ関係ですか!!!?』

  • 『親しい人しか知らない話を何で知っているんですか!!』

  • 『名前を教えて下さい!プライバシーの侵害です!!』

  • 『宮内庁に連絡して削除してもらいます!!!!』

という様な内容のメールを出してきていた。

ところがこの時、2013年3月の時点では、スムステというダンスサークルの存在をサイト管理人は知らなかったから話が通じない。

この様なメールが来た後に、スムステというのは何かを調べ、サイトの管理人はその存在を初めて知ったのだ。

恐らくは、クラブに関連する関係者から情報が洩れ伝わったと思い、自身の周辺で一番身近なスムステが思い浮かんだ物であると思われる。

したがって、この様なメールを出してきたのは、秋篠宮眞子内親王(本人)以外に考えられないとの結論に達する。

そもそも、関係者で無い者がそこまで熱くなりメールを出して来るだろうか?

通常、本人でなければ、そこまで熱くなる事はない。

では一体、その暴露サイトの管理人とは誰なのかというと、すでにお気づきの事と思うが『私〝実態を知る者(Teda Wako)〟』であります。

また、2014年11月と2015年5月にも同様に暴露サイトをこの様に作成しましたが、その際は何かしらのメールも来ずに、突如として削除された。

ですから、また暴露サイトを立ち上げて暴露させて頂き、皆様が閲覧する事のできる、このサイトがあるという事になります。(URLは変わっておりますが、これで削除される事、7度目の公開となります)

ここで、『身内を使ったスケープゴート』としても、秋篠宮佳子内親王とスムステの関連を大々的に取り上げさせ、秋篠宮眞子内親王とクラブで知り合った男性の関係性を有耶無耶にする誤魔化し工作にかかっているのが、2014年9月~2015年現在の状況となっている。

なぜならば、その男性は一夜限りの相手であって、しかも、その様な状態にあるのが、『天皇家;秋篠宮家』の『長女』であるという事が世間にバレてしまうと大変な事態に陥るからであろう。

(さらには、秋篠宮家の宮務官がハプニングバーで逮捕されたスケープゴート事件でもこの事を誤魔化している)

※他にも秋篠宮眞子や秋篠宮佳子、及び、その他の皇族に関するサイトは無数にありますが、いずれも削除される事無く運営されている。

にもかかわらず、私〝実態を知る者〟が立ち上げたサイトのみが削除されるという事は、私の告発は、極めて不都合な事実がであるという証明になる。

(2013年4月まで利用していたGoogleアカウント(gmail)は、直後に『不正利用を理由に』強制的に削除されました)


【追加情報】

2012年8月から9月にかけて、留学の為に一人暮らしの練習でしょうか? マンションが2つあるらしく、このマンションにて、友達皆が集まって、飲み食いした後、ゴミが、そのまま散らかった状態で、部屋にはこんなにどうするの?という位の量の避妊具や、洗面台には大量の日焼け止めクリーム等がそのままあったそうです。 1つは、一年ほど使用していないと、洗面台などの水周りにカビが生えやすい部屋であるとの事です。

※この話は、2012年11月頃の話でありまして、部屋を片付けに行ったという女性(清掃担当者と言うのでしょうか?)から入ってきた情報となります。 このような事柄も、英国留学中であったり、秋篠宮家の宮務官の逮捕(ハプニングバー)で誤魔化しているようです。(ただし、マンションの話に関しては、論点逸らしの為の偽りの情報である可能性も考慮するべき状態である)

※そもそも、高円宮承子女王(承子さま)が一足先にエディンバラ大学に留学されているのですから、なぜ、秋篠宮家の眞子さまが承子さまと同じエディンバラ大学に留学したのか、皆様、安易にお察し頂ける事と思われます。


【追記情報:2018年07月06日(2016+2017も追記したがデータが飛んでいる為、再掲)】

これらの話に関してですが、眞子さまは、2012年6月から小室圭さんと付き合っていたというのにこれです・・・。

英国内の銀行系(金利操作で問題になった)で働いていて、フットサルのチームにいた人です。

だから、わざわざ小室氏の話題でフットサルをアピールして誤魔化そうとしている事実があるわけです。

これらの事柄は、その男性がTwitterをやっていたから特定できた事実です。

まだTwitterをやっているでしょうか?

そもそも、2012年の留学先で『良い相手を探して来い』と秋篠宮文仁親王が言っていたんですよね。(週刊誌報道) にも拘らず小室圭 氏を投入したのは、これらが内部で露呈したからです。

交際を認めていたなら『良い相手を探して来い』とか、そんな事は言わないですよね?

この矛盾点を明確に説明できる事が、これらの事です。

あとは、人物像のすげ替えで、『銀行系の人物』やら『二股』やらを誤魔化しにかかったって事です。(現状=結果論です) これが眞子さまの本当の姿です。

これらを皇室や宮内庁ぐるみで〝この国の為〟と、いう所に話を集約し、誤魔化そうと必死なのです。

※皇后陛下(美智子さま)と紀子さまが危惧している事は、これらの事実が世間に知れ渡る事でもあるわけです。(宮内庁発表の〝雑音〟声明文)

小室圭 氏の二股疑惑が出てきたのは、眞子さまの男性との関係に関する話を挿げ替える為だった訳です。(事実、小室圭 氏も二股をしていた様ですが)

ですから、『銀行系』『サッカー』『二股』といった具合に、人物像のすげ替えをひた繰り返してきている訳です。

《※皆様、皇室以外で見た事ありますか? 自分の娘の男遊びを、親族ぐるみで正当化しようとする人達を・・・。》


※追記:2020年12月28日

  1. 2012年の留学中、現地の男性と関係を持つ。

  2. 2012年の事は都合が悪いから2014年に再留学して小室さんを英国に送る。

  3. 2012年の話を出されても、2014年の話にスリ替えて『結婚相手の小室さんの事でしょう?』と言える状況を作り出す。

  4. 万一に備えて、小室さんが二股していた話をリークし、眞子様の浮気話を片一方に集約しようと試みる。

  5. 結果、『2012年の留学後の欧州旅行に小室さんが同伴していた』と言い広める連中がネット上に大量に湧く。

2012年の留学中は、小室さんと交際している最中ですよね?(眞子様が婚約会見で2012年の6月から交際と明言)

2012年と2014年を混同して不都合な事実を曖昧にしようとするのが現在の皇族とその取り巻きの特徴的な撹乱方法です。

どこかの誰かに雇われたネット工作部隊の皆様、お疲れ様です。


【眞子様と小室圭さんと山守さんの三角関係】

ICU大学時代、山守さんも小室さんも同じスキー部員だったとの話が週刊誌にて報道されていた。

そのスキー部に、眞子様も居た事実があります。

少ない人数のスキー部内で、眞子様は、男を取っ替え引っ換えしていた事実があります。

しかも、小室さんに乗り換えた後も、山守さんも居るスキー部で活動を継続していた事実があるわけです。

2011年、週刊誌にて、眞子様と山守さんが布団の上で寄り添っている写真が報道されました。

2012年には、記者会見の場に於いて、2人の関係を質問された紀子さまは、

『私達の学生時代を思い出します。うちの娘は爽やかな青春を送っております。』

上記の回答をしております。

しかしながら、眞子様と小室圭さんは、2012年から付き合っていると話をしております。

したがって、上述した、「スキー部内で男を取っ替え引っ換えしている」事実が鮮明となるわけであります。

よって、「小室圭さんに眞子様が騙されている」という風潮は、あまりにもおかしいという事に気が付きます。

どこが『爽やかな青春』なのでしょうか??

2012年の留学中に英国で知り合ったアジア人や日本人とも関係を持っているのも眞子様です。

その時期、既に小室さんと付き合っていた事実が鮮明となっております。

また、美智子様は、孫である眞子さまの男漁りの結果に心を痛めているのではなく、それらの話を出している世論に心を痛めていらっしゃるようでして、孫の酷さに愕然とするどころか『〝雑音〟声明文』を宮内庁から発表するありさまです。 皇室を擁護したいなら、男漁りの数々を正当化できる方法を全国民で考えてあげては如何か、と思う次第であります。

※詳細:美智子様の威光を利用する紀子さまが述べた矛盾|良心と恋愛観の歪み

※これら眞子様の異性関係に関する趣味嗜好の何処が、『この国の為』として正当化できるというのでしょうか!? 国際的な問題を、自分の娘の男遊びの趣味嗜好を正当化する為に利用している事実があるわけであります。 したがって、眞子様の異性関係について、このように記述する必要がある訳であります。

即ち、プライバシーや人権を盾に言論を弾圧する事は、絶対に許されない事となる訳である。

※宮内庁職員や警備を担う警察官は、この様な皇族の為に職務を遂行している事に誇りを持ちましょう!!

(私ならば御先祖様に顔向けできなくなりますが…)

※関連1:ICUダンスサークルと佳子さまの関係‐繋ぎ役は眞子さま!?(留学中に眞子様が浮気騒動)

※関連2:江ノ島の小室圭と笹川良一の関係

上記を御読み下さい。

眞子さま男性とクラブのパーティーで知り合う(イメージ画像)

※イメージ画像:眞子さまとパーティー