秋篠宮紀子さまの手話に関する公務や、皇太子妃雅子様などが行われている知的障がい者に関連する公務。皇族は福祉に献身的な側面があるが、実際は障がい者を利用して自身の付加価値を創造している事実がある。ネット上での工作も行われている。偽善に満ちた真実を暴露する!!

障害者関連の公務の欺瞞と皇室に関するネットを使用した世論工作の手法解説(宮務官逮捕の真相)

【秋篠宮付けの宮内庁職員である宮務官が逮捕された真相と福祉活動から判明する人間性】

[1]

2013年3月~4月にかけて、私は今年2015年と同様の〝サイト〟を作成しております。

さらに2012年10月~12月にかけても2ch上に書き込みを行ってきております。

しかしながら、当時の書き込みを見る為に2chの過去ログを読み込みますと、当時私が行った書き込みは全て消されている状態となっております。

これにより、実態を知る者は、宮務官が逮捕された後に、後出しのこじ付けで私たちの事を騒ぎ立てていると思わせる事ができます。

さらに、これを行う事によって、「今までに出てきている下半身事情は、私たちの娘の事ではなく、逮捕された宮務官が行っていた事です」と、宮務官に責任の擦り付けを行った事は明白となっております。(その他も含む)

※産経新聞:秋篠宮家担当の宮内庁職員逮捕「ハプニングバー」で公然わいせつの疑い

また、秋篠宮家が責任の擦り付けにより言い訳を行う場合、

『私たちの公務を決めているのは宮務官ですし、2011年~2014年までの私たち行った公務に、誤魔化しの為の、何らかの意味合いがあるとしても、それは、異常な宮務官が決めていたものですから私たちは関係ありません。』

このように言う為の〝トカゲの尻尾切り〟と保険が、宮務官の逮捕である事も見えてきます。

したがって、私が書き込みをした2012年10月~12月・2013年4月までの事を2chの過去ログから消去する事によって、「実態を知る者」は、秋篠宮眞子内親王(眞子さま)の根も葉もないデタレメをばら撒き、おかしな妄想をし始めたというようなインターネット工作を行ったといえます。

※重要項目:実態を知る者の家族構成|近衛師団と第二次世界大戦の関連性と裏工作の実態

※関連項目:「北海道の江ノ島海岸」と「眞子様の結婚相手(江ノ島海の王子:小室圭さん)」の〝秘密〟

しかし、インターネットは世界中で利用されており、世界中が2chにアクセスできます。

さらに、2chは告発など、重大なリークが出てくるサイトでありますから、当たり前のように、世界中が当時のログを保存しているという事は、考えずとも分かるかと思います。

にも拘らず、私『実態を知る者』対個人にばかり目が行き、2chのログを改竄した、という事は、世界中が保有しているログとの整合性がとれない事態を引き起こしたという事になります。(※A)

これにより、自ら世界中に対し、自身の行った事を世界中に披露した事となるのは、お分かり頂けると思います。

要するに、「墓穴を掘った」「策士、策に溺れる」となったという事になります。

そして何より、『根本的な問題』、それも『世界的な問題』を理解していないようです。

(〝世界的な問題〟については後述します。)

※関連項目:彬子さまと瑶子さまの結婚に立ちはだかる三角関係(ネット情報消去手法)


【追加情報】

2012年8月から9月にかけて、留学の為に一人暮らしの練習でしょうか?

マンションが2つあるらしく、このマンションにて、友達皆が集まって、飲み食いした後、ゴミが、そのまま散らかった状態で、部屋にはこんなにどうするの?という位の量の避妊具や、洗面台には大量の日焼け止めクリーム等がそのままあったそうです。

1つは、一年ほど使用していないと、洗面台などの水周りにカビが生えやすい部屋であるとの事です。

※この話は、2012年11月頃の話でありまして、部屋を片付けに行ったという女性(清掃担当者と言うのでしょうか?)から入ってきた情報となります。

このような事柄も、英国留学中であったり、秋篠宮家の宮務官の逮捕(ハプニングバー)で誤魔化しているようです。(ただし、この話はミスリードの可能性もあるので鵜呑みにはできません。)


※A

Google等の検索サイトは、一度クローラーが回ったURLを短期間に、何度も繰り返し巡回し、サイトの内容やキャッシュを保存してゆきます。 したがって、改竄後は、Googleで検索を行ったとしても、改竄された情報しか出て来なくなります。

(おおよそ2年もあれば完全に、改竄された内容しか出て来なくなる)

このようにして、〝国内向けの裏工作〟を行っているのが秋篠宮家(天皇家)です。

はっきり申し上げさせて頂きますと、ここまで裏工作を行わなければならない程に、秋篠宮眞子内親王殿下(眞子さま)は酷い状況と言えるでしょう。


[2]

皇族が行うハロウィンパーティーについての批判がインターネット上で散見される。

これについては、街宣団体が行っている『ハロウィンパーティーをぶっ潰せ!!』という街宣行為が一つの指標となる。 街中でハロウィンを楽しんでいる方達から見ても、その他の方達から見ても、このような街宣行為は迷惑と言えるような行為であろう。

この様な事柄を利用し、天皇家は下記の事柄を演出している。

皇太子妃のハロウィンパーティーの話と、天皇家も百済から来たとの皇后の発言。(眞子さまと佳子さまの在日の彼氏の噂と裏側の目的 )

これに乗る形で秋篠宮眞子内親王が参加したハロウィンパーティーの話について、ネット上で見られる作られた誘導的苦言。

秋篠宮家の御長男に聴覚障害があるかのような、障害を馬鹿にするネットの書き込みと、秋篠宮家の手話公務によるイメージ形成。

この書き込みによって、皇室に苦言を呈する者は、ならず者であるという風潮を作り出すイメージ構築の為のネット工作。

同様の事は、皇太子の御長女が知的障害であるかのようなネット工作にも見る事ができる。

これらは、世間様を踏み台にし、自らの価値を創造しようとするやり方である。

2015年、皇太子が発表した歌会始の和歌にある『紅葉山と学び舎』であるが、(平成27年発表,歌会始の儀(※PDFファイルです)) 北海道石狩市花川の紅葉山公園の横には養護学校がある。 尚、お題は紅葉ではない。

この周辺は、皇太子妃の御印である『ハマナス』の群生地でもあり、石狩砂丘がかつて存在した地点でもある。

現在、石狩砂丘に関連する施設で、石狩ハマナスの丘公園という施設がある。

※紅葉山公園:北海道石狩市花川に実在する〝紅葉山公園〟(Googleマップのキャプチャ画像)

このようなネット世論の構築と、自身に対する付加価値を付ける行為は如何なものであろうかと思う。

※聴覚に障害がある方からすれば、秋篠宮紀子さまや、眞子さま・佳子さまが話しをされているのを観ても『読唇する事が不可能な話し方』をされている。(ほぼ開口せずにモゴモゴと〝まごついた幼稚園児〟のような話し方) 即ち、聴き手よりも『如何に自分を可愛く見せるか(幼児性アピール)を重視』している事が判る。 尚、平安貴族の話し方とは違い、巷に溢れている〝幼児性アピール〟の話し方そのものである。 この様な方々が、聴覚障害者に関する公務や活動に熱心であるとは甚だ疑問である。

※関連項目1:【皇室が行っている印象操作術の解説】

※関連項目2:24時間続くネット世論工作専門人員による書き込み内容(眞子さまや佳子さまの男遊びを誤魔化す為)

眞子さま佳子さまの不都合な情報をネット上から消す

※イメージ画像:検索結果の上書きとERROR