愛子様や秋篠宮家の佳子様の結婚候補者を公開。実は、眞子さまの許婚だった富士急ハイランドの御曹司(南満州鉄道)。その男性が佳子さまにスライドされた真相には天皇家と満州事変に関係する戦争責任の思惑がある。天皇家と学習院常磐会の関連性も解説!!

皇族が関わる満州鉄道総裁の家柄の重要性|眞子さまや佳子さまの許婚や結婚候補に選ばれた理由

【秋篠宮眞子さまや佳子さまの彼氏と許婚と結婚相手の真相|満州鉄道と富士急創業家】

※秋篠宮佳子内親王殿下(佳子さま)の御相手として週刊誌に取り上げられている、「富士急ハイランドの御曹司」の御家系には、「満州鉄道総裁」もいらっしゃるようである。

(曽祖父;林 博太郎(伯爵、第13代南満州鉄道(満鉄)総裁、貴族院議員などを歴任)

この男性は、眞子内親王と学習院時代からの同期である。

元々は、誰と関係が有り、〝どの様な間柄〟なのだろうか?

この話は、自身の家柄に結び付く「満州事変」を浮き彫りにさせない為の「政略的裏工作」である事が見えてくる。

また、これにより、常磐会関連(華族;伯爵)も取り込むことができ、天皇家(皇太子家;秋篠宮;川嶋家;池上家)と政府が行った謀略(1928;1931)を誤魔化す為の動きである事が見えてくる。

尚、富士急ハイランドの御家とは、全ての皇族が交流を持っている。

勿論、第126代天皇である浩宮徳仁家も家族ぐるみの付き合いを持っている。

例えば、三笠宮家の長女である〝彬子さま〟の漢字は読んで字の如く、林にサンズクリである。

対するサンズイは、検察や警察などで汚職や不正を意味する事から、南満州鉄道の総裁には満州事変になどに関する責任は無いとする意味合いを見てとる事ができる。

また、同じく三笠宮系列である高円宮家の長女、承子さまの漢字は、三+了+水となる。

即ち、前のページで述べた〝三〟を了解しています。 水(サンズイ)があります。 となる。

何かがあっても、どちらか片方の宮家が残るよう考慮したとしか思えない事柄ではなかろうか。

これだけの事柄を経ているだけに、秋篠宮家との婚姻がなされない場合、敬宮愛子さまが婚姻関係となる以外に無い。 何故ならば、皇室が行ってきた事の正当化及び、富士急を保護する為には必要であるからだ。

富士急から離れる動きを出せば、それは即ち泥舟に残して自分達のみが助かろうとしている動きに他ならないからである。

【宮内庁の付加価値創造手法とファンの獲得を求める皇族】

また,秋篠宮佳子内親王(佳子さま)の持ち上げ方が極めて過度であるのは、次女である佳子内親王を目だたせて、他の女性皇族や皇室の動きから世間の目を逸らす事のみならず、「アイドル的付加価値」を付け、目的の御相手に逃げられないようにする為である事も見えてくる。(国民に対する印象改善の効果をも目論む動向)

※さらに、宮内庁としても、『アイドルの佳子様を抱えている宮内庁』という付加価値が欲しいのだろう。(EXILEの項目に記述した通り)

例;Q&A。

  • Q;『○○さんは、どこで働いているの?』

  • A;『私は宮内庁!』

  • Q;『宮内庁??』

  • A;『エグザイルのコンサートを皇居でやったり、アイドル皇族の佳子様を抱えていたりする所!』

  • Q&A;『あーーー!!ハイハイ!!わかったわかった!!』

  • 『わかった!?そうそう!その宮内庁!!.』

この様な浅い考え方であろう事は想像するまでもない。

※関連:北海道の江ノ島海岸と眞子様の結婚相手『湘南江の島 海の王子 小室圭さん』の秘密(笹川良一)

※皇后陛下が詠まれた和歌について(林ありて〝その下陰〟)について。


恋愛に於けるA-B-X理論(共通認識の敵と複数の男性をキープする方法:心理学)

秋篠宮家が行う共通認識の敵を利用した恋愛と付加価値の付与(心理学の悪用)

満州鉄道総裁『林博太郎』(伯爵‐第13代南満州鉄道総裁などを歴任)

※満州鉄道に対する武力攻撃に備えて完全装甲仕様となった鉄道の写真