北海道警察の公安警察は実際の捜査内容が報道されない部署だ。この度、その尾行捜査の様子を撮影した。その動画を公開する。秘密警察の運転技術は第一級か!?『〝免停レベル〟の交通違反を平然と繰り返す警察車両』を御覧頂きたい。警察不祥事24時だ。

北海道警察本部の公安警察が覆面車両で尾行捜査を行っている様子を撮影した動画(公安の実態)

【公安警察という公的立場かつ公的組織に所属する司法警察官の現状と人間性に関して】

以下の動画を紹介する。

私が北海道札幌市北区篠路の道路を走行中、尾行されている事に気が付き、50km制限道を40kmで走行してみたところ、当該車両も同じく速度を落としてきた。

そこで、この車両の後ろにこちらが着いた結果、すぐにUターン。

運転席と助手席にはスーツ姿の男性が2人。助手席はマスク姿。

この車両に違和感を感じざるを得ない。

こちらに用があるのだろう。という事で、こちらもUターンし後に続く。

すると、この車両は住宅街で右左折を繰り返す。

その過程で一時不停止を3回も繰り返した尾行捜査車両。(道交法上、免許停止となる。)

その時のドライブレコーダーの記録である。

私に対し日々行われている尾行は、捜査とはいえず、示威行動を行う事によって得られる連帯感と快感に重きをおいている。

即ち、相手を挑発する事で悦に浸る、極めて低俗な集団心理に陥った組織的な嫌がらせである。

したがって、一見して判るあからさまな尾行となっている。

尚、上述した事柄を明確に指摘できる行動の例を挙げるならば、

    1. 『動画中頃の信号待ちで後方車両(私の車両)にかける事を目的としたウォッシャー液の使用』

    2. 『動画後半の交差点通過後に行う左折意思が無い左ウインカーの一回点灯(事前の右左折挙動無し)』

『動画中頃の信号待ちで後方車両(私の車両)にかける事を目的としたウォッシャー液の使用』

『動画後半の交差点通過後に行う左折意思が無い左ウインカーの一回点灯(事前の右左折挙動無し)』

上記を挙げる事ができる。(公開している映像にその場面有り。)

これが、『国民の生命・安全と財産を守る日本の公安警察の実態』である。

※アリオンA20のユーロアンテナ(無線アンテナ)仕様は、捜査機関ぐらいしか使用していない。

※音声は動画から削除しているが、特殊無線が発する電波を、積載している受信機が拾っている。

※動画の原版はさらに鮮明な画像である。

《車両情報:札幌503 ほ93-51(シルバーのトヨタ・アリオン A20)》

その他にも、尾行が付いている事が明確に判るドライブレコーダーの記録を保有している。(プリウスや軽自動車及びプロボックス等)

私が尾行に気が付くのは、十数年間にわたる不当な尾行・監視を受けているからである。

以下の項目を御覧頂くと、公的組織の異常性及び極めて重大な問題点を御理解して頂ける事と思う。