佳子さまと眞子さまの彼氏の存在が取り上げられているが、裏側に大きな『秘密』がある。元彼や婚約者まで利用した、国民の目をあざむく為の政治的動きも。美智子様の自己正当化手法に連動する眞子さまの交友関係及び芸能人を利用した印象操作術を解説。

秋篠宮家が行う芸能人を利用した心理学的印象操作による自己の付加価値創造と美智子様の正当性確保手法を解説

【美智子さまの正当化手法に連動する眞子さまの交友関係及び芸能人を利用する印象操作術の解説】

[1]

眞子内親王殿下(眞子さま)が入学してから~2012年以降までの間に、〝2ちゃんねる〟という世間で注目を浴びている掲示板(インターネット)をホームベース(発端)とした〝在日特権を許さない市民の会〟などが話題に上がっていた。

この時と時期を同じにして、「在日の彼氏」などの話の基礎が築き上られてきた実態が浮かぶ。

では、何の為に「在日の彼」を的に絞ったのかを分析してゆこう。

時を同じくして在特会など、人種的憎悪表現が話題に上がっていた時期である。(2012年、国連から人種的憎悪表現に関し日本へ是正勧告があった。)

したがって、ここに天皇家の戦争責任、及び、日本国政府の戦争責任が浮上してくる事になっていた。

この時に、在特会とは実質関係の無い「スケープゴート」もまた、右翼的活動に参加させられていた時期でもある。

眞子内親王殿下(眞子さま)もまた、画像の流出により、「プロテスタントとは程遠い実態」が浮き彫りとなり、

また、国際基督教大学入学(ICU)は売国奴と言われていた時期でもある。


[2]

以上の事から、自身の中に内包する、「2ちゃんねる」という極めて狭い世界に対する狭視的な敵対心や〝期待〟が、自身の交友関係に大きく作用する事となったと推測できる。

この事柄は、皇后陛下の「天皇家も百済からやって来ました」というアナウンスに代表されるであろう。

しかしながら、在特会は、清和会関連の組織でもあり、この実態は、いわばマッチポンプの様相を呈している事が見えるのである。

したがって、眞子内親王殿下(眞子さま)自身の交友関係と、プロテスタントとは程遠い実態が浮き彫りとなってきた事を誤魔化す為に、眞子内親王殿下(眞子さま)の「在日の彼(フレンド)」を、佳子内親王殿下(佳子さま)の「在日の彼」と摩り替えて誤魔化しに利用している実態が浮かび上がってくる。

この事柄は、【ICUダンスサークルと秋篠宮佳子内親王殿下(佳子さま)のご関係,繋ぎ役は眞子内親王殿下(眞子さま)!?】で述べた様に、デッチ上げから発生する、共通認識(注釈※A)の敵である「スケープゴート」を利用した自己保身的要素に主眼に置いた事柄である事が見えてくる。

注釈※Aを参照の事。

また、2010年の留学の際であろうか、又は、2012年からの留学の際であろうか、英国の大学には「アジア系」が多いのも実情である。 したがって、ここでの異性関係もまた、「〝中国人ないし台湾人〟と〝日本人〟」という状態となっている事が安易に予測できる。

これを濁す為の「在日の彼の噂」が見えてくる事となる。

また、濁さなければならない程の「軽いお付き合い(フレンド)」『現地だけでの彼氏』である事も見えてくる。

このような事柄も、英国留学中であったり、秋篠宮家の宮務官の逮捕(ハプニングバー)で誤魔化しているようです。


【注釈※A】

セオドア・ニューカムのA-B-Xモデル(心理学).実態は,この三角関係を裏で操る〝Z〟と環境を構築する〝Y〟が居る事となる。

したがって、実態は、〝Z-Y〟+〝A-B-X〟となる。

※A-共通認識;セオドアニューカム

以上の事は、2011年~2012年にかけて私が達していた結論であり、この事柄は、2013年3月~4月にかけて、別のWEBページ上でも同様の事を書いていた。(そのWEBサイトは公開直後に削除されてしまった。)

たとえ自身の過ちに気が付き、現状を正したところで、「昔の自分は。。。。だった」というような事は通用しない。

何故ならば、昔の自分という、「昔」というキーワードを用いて、「現在の自分」と「昔の自分」という、区切りを作り、自己正当化しているに過ぎないからである。

自分も巻き込まれた被害者であって、知りませんでした。では済まないのである。

要するに、自身が行ってきた事柄である事に相違は無いのであって、どのような要因があろうとも、自身が行った事柄に違いは無いからである。

これは、「スケープゴート」にも適用される。「自分に甘く他人に厳しい」は通用しないのである。

結局は、思慮分別を経て、根本的な問題点に帰結するのである。「道理が無い=考え方が浅い」したがって、この結果となった。

「知りませんでした」「お互い様」「関係ない」は通用しない。

辻褄が合わない程、誤魔化さなければならない事が多く、誤魔化しに明け暮れているのは何処の誰であろうか?

『信用皆無』手遅れである。


※恋愛に於けるA-B-X理論考察(共通認識の敵)参考文献

日本福祉大学福祉社会開発研究所『日本福祉大学研究紀要-現代と文化』

第130 号 2014 年9 月

友人関係の進展過程におけるパーソナリティの類似性認知 および一致・不一致事象の変化について。(※PDFファイル)

著者:吉原 智恵子

■関連項目:秋篠宮家(天皇家;宮内庁;関係者)が行うインターネットに対する工作

秋篠宮家の罠.デモ活動で嵌められる(イメージ画像)

※イメージ画像:デモ活動

眞子さまと佳子さま,噂の在日の彼(イメージ画像)

※イメージ画像:右翼活動

【インターネット上に於ける印象操作手法と公務で話題の芸能人を利用する印象操作手法の解説】

[3]

ちなみに、上述した「在日の彼氏」の話題について、2013年頃にレスリングのオリンピック選手である「伊調選手」が、韓国人のレスリング選手と結婚するという話題が大々的に報道されていたが、これ自体が、秋篠宮眞子(眞子さま)の「在日の彼氏」という話題を消す為に、大々的に報道させた話である。

伊調選手は可愛いというネット世論であったり、秋篠宮眞子(眞子さま)に似ているという論調が、ネットを中心に広がっている事からも、上述した事柄について利用しやすいという点がある。

皇室では、他人のイメージを利用した、『心理学的印象操作による自己の付加価値創造』を行っているが、これらの事柄に関していえば、『自身の男遊びを誤魔化す為に利用された』のが「伊調選手」である。

ここまでの事柄を御読みになられても、あまりにも漠然としていて、ピン!!とこないと思われるので、上述している事柄について、他人を利用する具体的な手法の詳細を記述してゆく。

※誤解を避ける為、あらかじめ前置きをさせて頂くが、以下[4]に記述してゆく内容に、「大沢たかお 氏」についてのイメージ解説があるが、その点については、私の主観的なイメージである事を述べさせて頂きたい。


[4]

秋篠宮佳子(佳子さま)と秋篠宮文仁親王に関して、「映画の鑑賞会」という公務を利用している。

例えば、秋篠宮佳子(佳子さま)に関する、《純粋イメージ構築》の為に、「宮崎あおい 氏」を利用し、

《華やかで美人で若者に絶大な人気》がある「May J 氏」をイメージ構築の為に利用しているという事柄がある。

秋篠宮文仁親王に関しては、映画『風に立つライオン』に出演されていた「大沢たかお 氏」を利用し、

《若々しくイケメンでダンディー》という『入れ替わりによる心理学的印象操作』を行っている。

一連の流れと手法について、[写真1~7]までを解説に用いて説明してゆく。

秋篠宮佳子(佳子さま)に関しては、《高校時代の彼氏との写真流出》や、《学習院大学での彼氏》の話題が、2012年頃に噴出している事からも、その後の、『佳子さまフィーバー』という、イメージの改善と付加価値創造に関する報道工作が生じている。

これらの事については、秋篠宮眞子(眞子さま)の男遊びを誤魔化す為でもあり、世の中の視線を逸らす為に、『佳子さまフィーバー』を意図して作るという、まさに《一石二鳥》という考え方からメディアを利用した印象操作の工作を行っている事が明確にわかる。

映画『船を編む』を鑑賞される秋篠宮文仁親王と紀子さま(眞子さまと佳子さま)

[写真1]映画試写会『船を編む』と秋篠宮

映画『風に立つライオン』を鑑賞される秋篠宮佳子さまと紀子さま

[写真2]映画試写会『風に立つライオン』と秋篠宮

[写真1]を見れば、「1:秋篠宮文仁親王」「 2:紀子殿下(紀子さま)」「 3:宮崎あおい 氏」という座り順である。

「宮崎あおい 氏」に関しては、純粋なイメージを芸能価値として売り出しており、テレビCMや、映画等で起用されている。

そのうえで、[写真2]の、「1:大沢たかお 氏」「 2:紀子殿下(紀子さま)」「 3:秋篠宮佳子(佳子さま)」という座り順を見れば判るが、秋篠宮夫妻と「宮崎あおい 氏」の後に、秋篠宮佳子(佳子さま)を座らせ、「宮崎あおい 氏」の《純粋イメージ》を付けている事が判る。

アナと雪の女王を鑑賞する秋篠宮眞子さまと紀子さま

[写真1]映画試写会『アナと雪の女王』と秋篠宮]

映画『船を編む』を鑑賞される秋篠宮文仁親王と紀子さま(眞子さまと佳子さま)

[写真2]映画試写会『船を編む』と秋篠宮

映画『風に立つライオン』を鑑賞される秋篠宮佳子さまと紀子さま

[写真3]映画試写会『風に立つライオン』と秋篠宮

[写真1]を見れば、「1:紀子殿下(紀子さま)」「 2:秋篠宮眞子(眞子さま)」「 3:May J 氏」という座り順である。

「May J 氏」は、《華やかで美人で若者に絶大な人気》がある有名歌手であり、秋篠宮眞子(眞子さま)の横に「May J 氏」を座らせる事によって、姉妹を連想させようとしている。

そのうえで、[写真2]の、「1:秋篠宮文仁親王」「2:紀子殿下(紀子さま) 」「3:宮崎あおい 氏」や、[写真3]の、「1:大沢たかお 氏」「 2:紀子殿下(紀子さま)」「 3:秋篠宮佳子(佳子さま)」という座り順を見れば判るが、秋篠宮夫妻の横に秋篠宮眞子(眞子さま)、その横に「May J 氏」を座らせ、其処には居ない秋篠宮佳子(佳子さま)に「May J 氏」の《華やかで美人で若者に絶大な人気》というイメージを付けている事が判る。(姉妹を連想させる)

また、先述した、秋篠宮眞子(眞子さま)の「在日の彼氏」という話題を消す為に、『佳子さまフィーバー』にて《一石二鳥》という、国民の視線逸らしの為に、他人と公務を利用した『心理学的印象操作による自己の付加価値創造』を、行っている事が判る。

どちらの写真も芸能人の髪型や化粧を、そっくりそのまま真似し、その芸能人が座った席に、秋篠宮佳子(佳子さま)を座らせているという明確なる特徴がある。

上述した事柄については、『偉人の座った椅子に座る事で偉人の持つパワーを吸い取る』という様な、

極めて『呪術的な思考と行為』が其処にある事を読み取る事ができる。

[5]

上述した『心理学的印象操作による自己の付加価値創造』という事柄を基礎とし、下の[写真4~5][写真6~7]を見ると判るが、秋篠宮佳子(佳子さま)に、「宮崎あおい 氏」の《純粋イメージ》と、「May J 氏」の《華やかで美人で若者に絶大な人気》という利用をした後は、[1][2][3]で述べた、問題となる異性関係に関する事柄のある、秋篠宮眞子(眞子さま)に、「宮崎あおい 氏」の《純粋イメージ》と《キャリアウーマン》というイメージを定着させる為に利用し始めている事が判る。

そのうえで、2つの公務のみでは、偶然の可能性を指摘する事できるが、その他の映画鑑賞に関する公務について、以下に掲載している写真を見て頂くと、上述してきた『心理学的印象操作による自己の付加価値創造』を継続して意図的に行っている事が明確にわかるかと思う。

女優『宮崎あおい』

[写真4:女優『宮崎あおい』]

秋篠宮眞子さま大学院留学の際『宮崎あおい』のイメージを利用する

[写真5:『秋篠宮眞子さま大学院留学の際『宮崎あおい』のイメージを利用する』]

秋篠宮家の姉妹に関して、何も問題が無いのであるならば、ここまで国民に対する印象操作を行う必要は皆無であろう。事実、これだけ大掛かりな事を、『心理学的印象操作による自己の付加価値創造』という形で行っているのであるから、秋篠宮家の教育方針による、眞子さまと佳子さまの異性関係に関して、『国民の信を失う事柄が事実としてある』という事である。

映画『奇跡のひとマリーとマルグリット』を鑑賞される秋篠宮紀子さまと佳子さま

[写真6:映画『奇跡のひとマリーとマルグリット』を鑑賞される秋篠宮紀子さまと佳子さま]

歌手『May J』

[写真7:歌手『May J』]

また、これらの事柄に関連する事件もたくさんある。

それらの事柄については、別の項目にて、その詳細な経過を記述してゆく。

※関連する項目:美智子様と秋篠宮家御用達の印象構築手法とアニメ文化の相関性

※上記している事柄に関して、2013年1月と2015年5月にも記述している。現在2016年8月21日、再び、項目[3]~[5]を追記した。(削除の経緯がある為)

眞子さまと佳子さまと偽りの彼氏

※イメージ画像:二面性

眞子さまと海外の彼(イメージ画像)

※イメージ画像:秘撮