藤崎晋吾と京都祇園の重大事故に関する不可解な状況と皇室および警察権益拡大の関連性を解説する。藤崎慎吾というノンフィクション作家が存在する。当該作家は、3.11を予言していたとまで言われる映画、「日本沈没」の作者でもあり、国際基督教大学にも関連する人物である。

藤崎慎吾と京都祇園の重大事故に関する不可解な状況と皇室の関連性を解説(生贄思想)

秋篠宮眞子さまの結婚相手候補者と彼氏に関連する京都祇園事故の解説(騒ぎを起こす事による本質の隠蔽とカルト的生贄思想・警察権益拡大)


当該項目を、ご理解して頂く為に、以下の項目を先に御読み頂きたい。先に御読み頂かないと、ご理解頂けないと断言できる内容である。

  1. 眞子さまと佳子さまの在日の彼氏の噂と裏側の目的(心理学的印象操作)

  2. プチエンジェル事件と皇族|秋篠宮と高円宮の隠蔽と中村哲暗殺の真相

  3. 【祝日】山の日と秋篠宮眞子さまの関連性(山守眞子)【皇室と議員連盟】


2005年、西の里の立命館高校近くに、夏休みの期間中に、お手伝いさんのお婆ちゃんと住んでいた、当時12歳の女の子(秋篠宮眞子内親王殿下(眞子さま))の情報がある。

厚別東通沿いで、同乗する男性との間でトラブルがあったそうだ。

この件と密接な繋がりを認める事ができる事件は、以下となる。


2012年4月に発生した、京都祇園に於いて白昼に発生した死者・負傷者多数の事件である。

当時、『てんかん:癲癇』と自動車運転免許証について大きく取り上げられた重大かつ不自然な交通事案である。

当該事案から、てんかんと警察庁管轄の運転免許に関する法改正議論が本格的に始まった経緯がある。

また、病が関連するとの事から、厚生労働省と警察庁が本格的に連携し始めた事件でもある。(病と警察権益拡大に拍車が掛かった重大なポイントである)

※2016年、とある事件と統合失調症の関係を拡大し、厚労省と警察庁が連携、統合失調の人物を警察組織が監視する法案の作成と提出が行われた事もあった。(病と警察権益拡大)


【藤崎晋吾】

経歴;立命館中学校‐立命館高等学校‐立命館大学文学部‐吉本総合芸能学院(NSC)‐呉服店


《事件概略》

京都市東山区の祇園で4月に通行人7人が死亡し、12人が負傷した軽ワゴン車暴走事故で、京都府警は死亡した呉服店社員の藤崎晋吾容疑者(当時30歳)について、運転中、持病のてんかんの発作をおこし事故を起こしたと判断し、京都府警は年明けにも自動車運転過失致死傷容疑で、被疑者死亡として書類送検する方針です。 他車の車載カメラの映像を見ても、明らかにハンドル操作をしているように見えるため、当時から意識はあったのだろうと言われていました。しかし、専門家によると「発作が起きて意識朦朧の状態でも、大きな障害物をよけるなど、周囲からは意識があるように見える症状もある」のだそうです。秋葉原で7人が死亡し10人が負傷した無差別殺人事件の同様の通り魔的犯行かとも言われていましたが、てんかん発作が原因の事故であると判断されました。てんかん発作による自動車事故は、2011年4月18日に、栃木県鹿沼市樅山町の国道293号で登校中の小学生の列にクレーン車が突っ込み6人が死亡した事故もありました。

※参照元;月刊精神分析特集京都祇園自動車暴走事故


藤崎晋吾;画像⇒藤崎晋吾


女性皇族(秋篠宮眞子さま)=ジャニーズの松本潤さんのファンであったとの事だ。

藤崎晋吾は松本潤さん系の顔である事に注目されたい。

※この事件も、インターネットで知り合い関係を持った為に消されたのであろうか? または関連付けか利用されていたのであろうか?(被疑者死亡なので実質、お宮入りの事件である。)

※某藍染の有名な企業系と皇族の関係も存在している。

藤崎慎吾という、同姓同名のノンフィクション作家が存在する。当該作家は、3.11を予言していたとまで言われる映画「日本沈没」の作者でもあり、国際基督教大学(ICU)にも関連する人物である。


【類似事案;2016年1月・2016年11月・2017年4月】

当該、類似事案は小室圭さんが表沙汰になる直前の2016年1月に発生した交通事案である。また、当該事件は、『大学・スキー・交通事故』が揃っているうえ、被害者の名前が『小室結さん』である。 尚、2016年11月20日、紀子さまと悠仁さまが乗った車が渋滞中に追突事故を起こした交通事案や、2017年4月、秋篠家の眞子様が乗った車両が事故を起こした事にも関連してくる。

本項目のタイトルに設定した『生贄思想と縁談』と密接に繋がっている事がお分かり頂ける事件であるとご理解して頂けた事と思う。

極めてカルト的思想かつ、都市伝説的な内容であるがゆえに、信用し難い状況が構築されている。また、そうであるがゆえに、異常な実態から視線を逸らす事が可能となっている複合的事案となっている。

『ほら、事故を起こしたでしょう? でも、この程度で済んだのは、1月に厄移し〟をしてあったからなのよ?』

極めて異常な『カルト的な国家犯罪の実態』が明確に浮かび上がっている。

眞子さま佳子さまの男遊びを清算する為の事件(イメージ画像)

※イメージ画像:裏工作組織