父は学習院大教授。その秋篠宮紀子さまの弟である「川嶋舟」の命名由来と雲の絵の欺瞞を告発する。大和川錦舟に関連あり。鉛筆画の画家名『錦舟』が描いた肖像画も掲載第二次世界大戦中、日本(大日本帝国)の皇太子(平成の天皇陛下)就け近衛兵だった祖父の写真も掲載(日光御用邸)。

川嶋舟と名付けられた理由と『錦舟』の鉛筆画・大和川錦舟と雲の絵の思惑/近衛師団の写真及び地震学の風景(証明画像)

【秋篠宮家もとより皇室が川嶋紀子を入内させた理由を垣間見る事ができる事柄】

以下に掲載する写真は、私に直接関係がある写真である。

川嶋舟と名付けられた理由及び、その動機となった可能性が極めて高い事由に関する事柄を提示する。

ちなみに、川嶋舟とは、秋篠宮家に嫁いだ「紀子さま」の弟に付けられている名前である。

詳細は、ページ下部に掲載の、《※関連項目:近衛師団と第二次世界大戦の関連性》を御覧頂きたく思う。


【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真】

大日本帝国陸軍 儀仗兵(近衛兵)の祖父 日光御用邸前

近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真;日光御用邸

近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真

【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)】に掲載した、近衛兵(儀仗兵)の祖父の写真に追加の画像を掲載する。

向かって左側、矢印を付けたのが祖父である。

銃剣が付いていない事から判るように、休憩中ないし、警戒解除の状態である事が御分かり頂けるだろう。

この様な写真は、どこを探しても無い貴重な写真である。

拡大画像:近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真

【実態を知る者;地震学の風景(証明画像)】

実態を知る者;地震学の風景(証拠)

NIED発表のHi-net連続波形(重点観測点の分析)

公安含め、地震学ではなく天皇家の粗捜しの為に日本三代実録を借りたのであって、地震学はやっていないという事を言い出しかねない。よって、私〝達伊和洸〟が行っていた地震学の様子を掲載する。モニターに映し出されている波形やツールは、NIED発表のHi-net連続波形(重点観測点の分析)

NIED公開のKIK-net強震モニター、及びAQUAシステムCMT。

この他には、USGS及び、IRISのデータと解析結果を使用させて頂いていた。

拡大画像:地震学の風景(証拠画像)

【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)【錦 舟】の画像】

曾祖母の肖像画を描いた流れの画家「錦 舟」

昭和29年3月 錦舟 (印)流れの画家、(曾祖母の肖像画)

曾祖母の肖像画:画家【錦 舟】の画像

【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)】に掲載した、曾祖母の肖像画を描いた『錦 舟』の証明画像である。

ご覧の通り、『昭和29年3月 錦舟 (印)』とある。

聞いた話ですと、流れの画家がやってきて、曾祖母の肖像画を描いて下さったそうである。

私の一族に関連付けをする為に、ご子息に『舟(かわしましゅう)』と名付けたのではないのだろうか。

川嶋家が、画家名を、私の曾祖母の名前と勘違いしたという事を指摘できる物となる。

「錦 舟」は画家名である。よって、ここで明確な謀略が発生した事を指摘できる。

昭和29年3月 錦舟(肖像画-鉛筆画)

川嶋舟は1973年生まれである。1972年に札幌オリンピックが開催されたが、当該オリンピックに関連し、札幌に一時移住してまで関わった皇族が存在する。それは、右翼思想で有名な「三笠宮寬仁親王」である。近衛兵だった私の祖父の在住も札幌である関連性は極めて強いと言える。

尚、有名な画家に「大和川 錦舟(やまとがわ きんしゅう)」という人物が存在する。

また、『秋篠宮紀子さま(あきしののみや きこ)』の祖母である『川嶋紀子(かわしま いとこ)』は、雲の絵を専門とする画家を名乗り、活動していた経緯もある。

尚、川嶋家と皇族の関係は、秋篠宮紀子さまの父親である「川島辰彦」が、学習院大学の教授であった事から、その関係性が明確となる。

※秋篠宮紀子さまが生まれた時、祖母である「紀子(いとこ)」は在命であった。通常、自分の母が生きている時に生まれた娘に、母と同じ名前を付けるだろうか? また、紀子と書いてイトコと読むのは、華族でも皇族でもない一般人界隈においては常用外の読みではなかろうか。 一説によると、和歌山県の紀に因んだ命名と言われているが、あまりにも不自然ではなかろうか。


拡大画像:画家【錦 舟】

川嶋辰彦とは

川嶋 辰彦(かわしま たつひこ、1940年〈昭和15年〉4月20日 - )は、日本の経済学者。学習院大学名誉教授。国土交通省専門委員。研究分野は空間経済学、統計学、計量経済学。学位はPh.D.(米国ペンシルベニア大学・1971年)。文仁親王妃紀子の父。

学習院馬術部大学部長であり、皇太子明仁親王一家(当時)とは部の会合で何度か顔を合わせ、面識があった。

日タイ間の学生交流やボランティア活動にも力を入れており、講演活動や学校の総合学習などの講師などの活動も盛んに行っている。

礼宮(文仁親王)と長女・紀子の婚約内定の報道がなされた際、社内の表記基準に従い標準字体の「川島」と報道した媒体も存在したが、宮内庁関係者などからの強い要望もあり、異体字を使用した戸籍名の「川嶋」に表記を改めた。

1940年、現在の東京都豊島区に内閣統計局長の父・川嶋孝彦と母・川嶋紀子(いとこ)の次男として生まれる。本籍地は和歌山県和歌山市本町。