秋篠宮家の紀子さまの弟である「川嶋舟」に舟という名前を命名した本当の由来について解説する。また、第二次世界大戦中の日本(大日本帝国時代)の皇太子(平成の天皇陛下)の儀仗兵(近衛兵)だった私の祖父の写真も公開する(日光御用邸にて)。

川嶋舟と名付けられた理由と近衛師団の写真及び地震学の風景(証明画像)

【秋篠宮家もとより皇室が川嶋紀子を入内させた理由を垣間見る事ができる事柄】

以下に掲載する写真は、私に直接関係がある写真である。

川嶋舟と名付けられた理由及び、その動機となった可能性が極めて高い事由に関する事柄を提示する。

ちなみに、川嶋舟とは、秋篠宮家に嫁いだ「紀子さま」の弟に付けられている名前である。

詳細は、ページ下部に掲載の、《※関連項目:近衛師団と第二次世界大戦の関連性》を御覧頂きたく思う。


【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真】

大日本帝国陸軍 儀仗兵(近衛兵)の祖父 日光御用邸前

近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真;日光御用邸

近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真

【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)】に掲載した、近衛兵(儀仗兵)の祖父の写真に追加の画像を掲載する。

向かって左側、矢印を付けたのが祖父である。

銃剣が付いていない事から判るように、休憩中ないし、

警戒解除の状態である事が御分かり頂けるだろう。

この様な写真は、どこを探しても無い貴重な写真である。

拡大画像:近衛兵(儀仗兵)の祖父 その他の写真


【実態を知る者;地震学の風景(証明画像)】

実態を知る者;地震学の風景(証拠)

NIED発表のHi-net連続波形(重点観測点の分析)

公安含め、地震学ではなく天皇家の粗捜しの為に日本三代実録を借りたのであって、地震学はやっていないという事を言い出しかねないので、私〝達伊和洸〟が行っていた地震学の様子を掲載する。モニターに映し出されている波形やツールは、NIED発表のHi-net連続波形(重点観測点の分析)

NIED公開のKIK-net強震モニター、及びAQUAシステムCMT。

この他には、USGS及び、IRISのデータと解析結果を使用させて頂いておりました。

拡大画像:地震学の風景(証拠画像)

【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)【錦 舟】の画像】

曾祖母の肖像画を描いた流れの画家「錦 舟」

昭和29年3月 錦舟 (印)流れの画家、曾祖母の肖像画

曾祖母の肖像画:画家【錦 舟】の画像

【秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)】に掲載した、曾祖母の肖像画を描いた『錦 舟』の証明画像になります。

ご覧の通り、『昭和29年3月 錦舟 (印)』とあります。

聞いた話ですと、流れの画家がやってきて、曾祖母の肖像画を描いて下さったそうです。

私の一族に責任を擦り付ける為に、ご子息に『舟』と名付けたのではないでしょうか。

川嶋家が、画家名を私の曾祖母の名前と勘違いしたという事を指摘できる物です。

「錦 舟」は画家名ですから、ここで明確な謀略が発生した事を意味すると言えます。

拡大画像:画家【錦 舟】