歌会始の儀で発表される和歌には裏の意味がある。皇后陛下の美智子様が発表された和歌に『眞子さまや佳子さまの男性遍歴と真実の姿』が秘められているのだ。さらに、岸信介を引き合いに出し自己保身に奔走する和歌も発表されている。ご覧頂きたい。

美智子様が和歌で公表された眞子様の結婚候補者と異性関係の状況および高円宮家の動向の解説

【美智子さまが歌会始で発表された孫の状況と岸信介を引き合いに出した自己保身の和歌】

※宮内庁(歌会始の儀):平成27年発表,歌会始の儀(※PDFファイル)

皇后美智子様の和歌:【来し方に本とふ文の林ありてその下陰に幾度いこいし】

『来し方』=岸かた(2012年発表;岸とふ文字を歳時記に見ず;歳時記の中の季語に岸と云う文字は無く。)

『本とふ』=本当(元とう)ウォンは台湾。ゲンは中国。

『文の林ありて』=「林」は「人工的に作られた物(者)お友達」;自然の物は「森」。医者+有名なのは「林先生」+「噂の婚約相手の富士急の林さん」

『その下陰にいくどいこいし』=下陰(子息;陰部)であり、下の陰部に幾度もいこいしてきましたよ。(一人=一本ではないから。林=複数である。)(中国の方に幾度も憩いしてきましたよ。)

また、

『来し方』=来る方

『本とふ文の林ありて』=「元を問う方」娘の御相手(ご子息)リンさん。貴方(それは)はゲン(元)ですよ

『その下陰にいくどいこいし』=同上

歌会始;2012年発表の皇后陛下発表の歌『岸とふ文字を歳時記に見ず』=岸という文(仁)

歌会始;2015年発表の皇后陛下発表の歌『来し方に元問う文』=来し(岸)方に元問う文(仁)

「岸信介の孫である安倍晋三と対立している。」「来る方に元を問う文仁がいる。(息子も岸と対立しています)」

※岸方に責任を問うている様にも見えますが、あたかも、そういうふうに見える様にするのが目的の一部でもあるだろう。(自己保身・自己正当化)

岸かたと対立しており、且つ責任を問うているならば、このような事にはならない。(ただでさえも皇族の政治介入となる)

※実質、皇室と清和会の深い互助関係が明確に存在する事が分かります。

※解説:清和会及び統一教会と秋篠宮の関係から明確となる皇室の政治介入と美智子様の考え方


※それとなく読み解く物であって、解説するのは極めて失礼に当たると思いましたが、今年の歌会始の儀で発表された歌が余りにも個人的に目に余るものでしたので失礼を承知で書かせて頂きます。目に余るのが、以下の歌になります。(どこが目に余るのかは、後に記述する〝秋篠宮眞子内親王殿下発表の歌と、その意味〟をお読み下さい。)

【時久しく風月の移ろい見続けし一本の巨樹に思いめぐらす。】

『時久しく』=久しぶりである。時が「悠」の時(2006年)2006年ぶりである。

『風月の移ろい見続けし』=「デリヘル風月」は「大阪」「福岡」そして「長崎」にのみある。

大阪;福岡=太宰府天満宮;長崎=2013年7月30-31日8月1日の公務に絡む。7月31~8月1日は札幌公務となる。

2013年;2014年6月28日の事。他の方々の目を誤魔化す意味も含む。

『一本の巨樹に思いめぐらす』=縦書きの際、漢数字の「一」は一線を引く事となる。元の巨樹(神木=御相手;元は真珠いま泥団子=娘)に思いめぐらす。

漢数字を使った歌を発表されたのは、天皇陛下と秋篠宮文人親王殿下;眞子内親王殿下(眞子さま)のみである。


〝秋篠宮眞子内親王殿下(眞子さま)発表の歌〟

2015年歌会始の儀で発表(眞子さまが詠まれた和歌。)

【呼ぶ声に気づかず一心に本を読みふける幼き我が日】

上記、秋篠宮眞子内親王の歌については、後に詳細を記述する、

秋篠宮眞子内親王殿下発表の歌と、その意味〟をお読み下さい。


※皇后陛下が詠まれた和歌について(林ありて〝その下陰〟)について

秋篠宮眞子内親王殿下発表の歌と、その意味

佳子さまの婚約相手と身内で話をスリ変える(林)

政略的に必要な男性を複数維持する心理テクニック

上記を御読み下さい。


※2019年08月02日追記

高円宮家の三女、絢子さまが守谷慧さんと結婚されました。 以下に、極めて単純でありますが、秋篠宮家の長女が関連してきた男性と相関する点を挙げます。

「山守 氏・小室圭 氏」+「守谷慧 氏」=『山守谷圭』となります。

即ち、高円宮に関して判る事は、私が述べている事柄を嘲笑う姿勢である事が窺えます。

したがって、『世界中の戦没者を愚弄するシナリオを面白がっている状態』であると言えます。

でもなければ、このような事に発展しないと言えます。

※関連:北海道の江ノ島海岸と眞子様と江ノ島海の王子小室圭さん結婚の秘密(笹川良一と象の花子)

※重要:仁和寺宮(小松宮-伏見宮)蝦夷地開拓と第二次世界大戦の謀略《公文書 解説》と明治天皇

瑞龍寺

源頼朝関連=守山氏

(私が述べているのは、富山県高岡瑞龍寺ではなく、富山県〝瑞龍山(瑞龍寺)〟の方ですが、天皇家は公務を利用し、高岡瑞龍寺に視点を逸らしています。)

○守凌平と眞子さまと源頼朝と富山県(イメージ画像)

※イメージ画像:武士

眞子さまの現状を歌われた和歌(イメージ画像)

※イメージ画像:和歌

文仁親王が詠んだ和歌デリヘル風月(イメージ画像)

※イメージ画像:誘惑

和歌に隠された眞子さまの現状(イメージ画像)

※イメージ画像:菊の誘惑