小室圭さんとの結婚が決定した「眞子さまの婚約」と「佳子さまの許婚」。小室眞子さんになる以前の彼氏事情は『二股どころか三股四股の事実…。』〝監修者は紀子様か!?〟心理学を悪用した『お付き合い裏工作』を徹底解析!!

概要;秋篠宮家(皇室)が行っている心理学を応用した複数の男性をキープする手法(A氏・B氏・C氏のキープ手法)

【皇族が複数の結婚相手や交際相手を維持する心理学的手法の解説】

【秋篠宮家が行う身内を使うスケープゴート工作と誤魔化し工作の証拠】にも記述したが、秋篠宮眞子内親王は、昨年9月に御婚約されている旨の報告を周囲に話していたようである。

この際に、周辺では噂が広まり、渦中の男性との間柄をインターネットで検索する方が急増した。

現時点では、未公開となっているようですが、恐らくは今年発表となる事であろう。

今年発表とならないのであれば、時間稼ぎの為の工作の一環であると思われる。

検索数を見たら判るとおり、「彼氏」ではなく「婚約」で検索されている。

人は検索する際に、第一情報を元に極めてストレートに検索する。よって、2014年の9月頃に「婚約」という情報が広まった事を意味する統計となっている。尚、2012年7月~9月にかけても同様の検索数上昇があった。留学前に上昇する。

したがって、二人の関係性を示す結果が、数字となって表れた事になる。

また、「二人は決められたお友達」として、とある事を誤魔化す為に9月に意図して検索数を増加させた場合も同様であり、結果として、お付き合いしている(していた)事を誤魔化す為、意図的に検索数を増加させる事で、根本的な事柄を誤魔化してしまおうという意図が発生している事を意味する検索結果ともなる。

例えば、渦中の男性とは何も無いという風に誤魔化したい場合、渦中の男性との話を意図的に作り上げ、渦中の男性は「ダミー」という形にしてしまおうという事ができるのだ。

これにより、渦中の男性との関係が終わった後に、新たに関わりを持ちたい男性が居る場合、その男性に近づいた後に、渦中の男性は「ダミー」の役割だとして、新しく近づきたい男性に誤認識を起こさせる事ができる。

要するに、根本的な事柄を誤魔化す為に、更なる誤魔化し工作を行うという事になる。

実際は、渦中の男性とお付き合いしていても、渦中の男性を「ダミー」と位置づけておく事で、お付き合いを継続できるというメリットも発生する事となる。

何故ならば、新しく近づきたい男性には「ダミー」として認識させておく事ができるので、実際は渦中の男性と付き合っていても、「ダミーであって付き合っていない」と思わせ、安心させる事ができるからだ。(場末のキャバクラ嬢が良く使う手口)

新しい男性を、「Aさん」:渦中の男性を、「Bさん」

とした場合、「Aさんと、この間会った事を誤魔化す為に、Bさん(Bさんはスケープゴート)と会ったの」という具合に認識させる事ができるのだ。

これにより、「Aさん」を確保しつつ「Bさん」との関係も継続できる事にる。(複数人をキープできる)

具体例を提示すると、「結婚相手のAさん」と「彼氏のBさん」を分けて、結婚するまでは自由に振舞う事ができるという事だ。

また、学生時代は「決められたお友達」しか周りにいなかったという情報を意図して流す事により、当時の交友関係を曖昧にしてしまおうとの工作も見られる。(週刊誌や同学内からの話など)

具体例であると、佳子内親王入学の後には、周りの学生は、「学生に扮した若い警備」・「決められたお友達」といった情報の拡散に見ることができるのも典型例である。

上記項目の記述時期-2015年〕


【心理学を悪用した2股3股4股の進行状況】

お相手はなんと、当時の許婚か彼氏? とのことだ。

ただ、その許嫁の男性の他にも二人ほど絡みがあったそうで、聞こえはよいが「トリプルスタンダード」、所謂「三股」の状態が、2003年の時(11歳)には有ったとの確定情報である。

だから、学習院大学には進学せず、ICU大学に入学となった経緯があるのだ。

それは、小学生の頃から、良く知っている男性達とは別の学校に行きたくもなるだろう。

ただ、それだけで話が済む訳ではない。

なぜなら、小学生の時から接触を堪能されているのだから、やはり〝虫が騒ぐ〟。

  1. 学習院からの男性は『Aグループ』

  2. ICUの男性は『Bグループ』

  3. その他の男性は『Cグループ』

といった具合に男性との交友を堪能されてきたのである。

この期に及んでも「トリプルスタンダード」をやめる事ができないそうだ・・・。

恋愛に於けるA-B-X理論考察(共通認識の敵)参考文献を参考にされたい。

ある意味で『政略的な』・・・。『性略的な』と言った方がしっくり来るだろう。

そんなこんなで、ICU大学の彼が『処女ゲット』と、国民に対する処女であるというイメージ形成をおこなったのだ。

にわかには信じ難いかもしれないが、これが現実の話である。

そんな事があり、触れられたらマズイ話は、大学時代で印象操作を行い、封印しようとしている。という事だ。

世の中には『表向きの顔』と『裏側の顔』がある人は沢山居るが、これ程の〝顔〟をお持ちの方達は早々居ないだろう。

また、小室眞子さまは、足を閉じて滑走する〝競技スキー〟をやられている。(三笠宮の薦めだそうだ)

これは、※宮様スキー大会(札幌・旭川富良野)の関連と、歴史の捏造を引き継ぎさせる目的もある。(一石二鳥との考え方)

学習院かいわいの一部では有名な話であるようだが、週刊誌にも出てこない話である。

それは、週刊誌も書けない話だろう。と納得して頂けた事だろうと思う。

※許婚のいる御家柄とはそういうものでもある。これが現実である。(結婚相手と彼氏とは別という考え方)

2011年‐2012年に御両親が記者から渦中の男性について聞かれた際、

「私達の青春時代を思い出します(婚約していた)」と会見しており、世界中に、「二人は婚約している」という事を公開しております。

それが2014年9月にはっきりと数字となって表れたという事になる。

後程、なぜ婚約しているのか・渦中の男性には『どの様な政略的な意味があるのか』について述べてゆく。


【追記情報:2018.07.06(2016+2017も追記したがデータが飛んでいる為,再掲)】

これらの話に関してですが、眞子さまは、2012年6月から小室圭さんと付き合っていたというのにこれである。

英国内の銀行系(金利操作で問題になった)で働いていて、フットサルのチームにいた人だ。

だから、わざわざ小室氏の話題でフットサルをアピールして誤魔化そうとしている事実があるわけだ。

これらの事柄は、その男性がTwitterをやっていたから特定できた事実である。

まだTwitterをやっているだろうか?

そもそも、2012年の留学先で『良い相手を探して来い』と秋篠宮文仁親王が言っていたようだ。(週刊誌報道)

にも拘らず小室圭 氏を投入したのは、これらが内部で露呈したからであろう。

交際を認めていたなら『良い相手を探して来い』とか、そんな事言わないはずである。

この矛盾点を明確に説明できる事が、これらの事である。

あとは、人物像のすげ替えで、『銀行系の人物』やら『二股』やらを誤魔化しにかかったという事だ。(現状=結果論です)

これが眞子さま(秋篠宮)の本当の姿である。

これらを皇室や宮内庁ぐるみで〝この国の為〟と、いう所に話を集約し、誤魔化そうと必死なのである。

※皇后陛下(美智子さま)と紀子さまが危惧している事は、これらの事実が世間に知れ渡る事でもあるわけです。(宮内庁発表の“雑音”声明文

小室圭 氏の二股疑惑が出てきたのは、眞子さまの男性との関係に関する話を挿げ替える為だった訳だ。(事実、小室圭 氏も二股をしていた様だが)

ですから、『銀行系』『サッカー』『二股』といった具合に、人物像のすげ替えをひた繰り返してきている訳だ。

《※皆様、皇室以外で見た事ありますか? 自分の娘の男遊びを、親族ぐるみで正当化しようとする人達を・・・。》


【眞子様と小室圭さんと山守さんの三角関係】

ICU大学時代、山守さんも小室さんも同じスキー部員だったとの話が週刊誌にて報道されていた。

そのスキー部に、眞子様も居た事実がある。

少ない人数のスキー部内で、眞子様は、男を取っ替え引っ換えしていた事実である。

しかも、小室さんに乗り換えた後も、山守さんも居るスキー部で活動を継続していた事実があるわけだ。

2011年、週刊誌にて、眞子様と山守さんが布団の上で寄り添っている写真が報道された。

2012年には、記者会見の場に於いて、2人の関係を質問された紀子さまは、『私達の学生時代を思い出します。うちの娘は爽やかな青春を送っております。』

上記の回答をしている。

しかしながら、眞子様と小室圭さんは、2012年から付き合っていると話をしている。

したがって、上述した、「スキー部内で男を取っ替え引っ換えしている」事実が鮮明となるわけだ。

よって、「小室圭さんに眞子様が騙されている」という風潮は、あまりにもおかしいという事に気が付くはずである。

これのどこが『爽やかな青春』なのだろうか??(現代の皇室の価値観では爽やかな青春という事なのであろうが)

2012年の留学中に英国で知り合ったアジア人や日本人とも関係を持っているのも眞子様だ。

その時期、既に小室さんと付き合っていた事実が鮮明となっている。

また、美智子様は、孫である眞子さまの男漁りの結果に心を痛めているのではなく、それらの話を出している世論に心を痛めていらっしゃるようであり、孫の酷さに愕然とするどころか『〝雑音〟声明文』を宮内庁から発表するありさまだ。

皇室を擁護したいなら、男漁りの数々を正当化できる方法を全国民で考えてあげては如何か、と思う次第だ。

※詳細:美智子様の威光を利用する紀子さまが述べた矛盾|良心と恋愛観の歪み

※これら眞子様の異性関係に関する趣味嗜好の何処が、『この国の為』として正当化できるというのでしょうか!? 国際的な問題を、自分の娘の男遊びの趣味嗜好を正当化する為に利用している事実があるわけであります。 したがって、眞子様の異性関係について、このように記述する必要がある訳であります。

即ち、プライバシーや人権を盾に言論を弾圧する事は、絶対に許されない事となる訳である。

※宮内庁職員や警備を担う警察官は、この様な皇族の為に職務を遂行している事に誇りを持ちましょう!!

(私ならば御先祖様に顔向けできなくなりますが…)


※関連事案:「北海道の江ノ島海岸」と「眞子様の結婚相手(湘南江ノ島海の王子)」の〝秘密〟

※心理テクニックと〝複数の男性との関係維持〟について

上記を御読み下さい。

ストック要員である眞子さま 婚約相手と眞子さまの彼氏関係(イメージ画像)

※イメージ画像:複数人を確保する心理学

恋愛に於けるA-B-X理論考察(共通認識の敵)参考文献

日本福祉大学福祉社会開発研究所『日本福祉大学研究紀要-現代と文化』

第130 号 2014 年9 月

友人関係の進展過程におけるパーソナリティの類似性認知 および一致・不一致事象の変化について(※PDFファイル)

著者:吉原 智恵子

上記は、紀子様がお得意の心理学に関する論文である。