秋篠宮は不都合が生じると記者会見で担当省庁へ責任を転嫁する発言をすると同時に自身を良く見せる為の心理的発言を行ってきた。それら発言を分析し文仁親王や紀子さまの独善性を明確にする。また、眞子さまが東大博物館へ就職した裏の目的も解説する。

秋篠宮家の公務と歴史の捏造に関するダブルスタンダードの矛盾した会見の現状を解説する

【秋篠宮家の特別意識から生じる自己正当化とダブルスタンダードの解説】

天皇家は公務を行われているが、特に目立つのが『海外公務』、即ち、『皇室外交』であろう。

秋篠宮文仁親王ご一家は、『自分達は受身の公務ですから』と、いう事を述べられてきた。

このような発言は、誕生日の会見や、結婚記念日の会見など、多岐にわたる。

その上で、今一度、秋篠宮様の述べられてきた発言を順を追って分析してゆくと、全ての事柄に関し、整合性が取れず、論理破綻を起こしている状態である事がわかる。

判り易いよう、氷山の一角を記述してゆく。

皇室外交や国内公務に於いて、歴史の捏造の為の動きが明確に出ている。

ただ、皇室外交という海外公務を行っておきながらも、不都合が生じた際には、〝宮務官の逮捕〟と同様、誰かに責任を擦り付ける事が常となっている。

具体例を示すと、〝海外で皇室外交〟という海外公務を行った際に、相手国の重役から

『観光で来たのですか?』と聞かれたそうである。

この話を、世界中が見ている国内での記者会見で平然と秋篠宮ご夫妻が述べた挙句、

『自分達は受身の公務ですから』という事を常に言ってきた。

この時の会見で、『皇族が政治活動をする事は認められていないわけですから、私たちが行っても大丈夫なよう、話をまとめておくべきです』との事を述べている。

上記の会見内容を目にした国民は、「外務省や宮内庁が悪い」と思う事だろう。

それだけではなく、実にいやらしいと表現すべきか、心理学的要素を使い自らを持ち上げようとしている。

例えば、上記会見を目にした国民は、「本当はダメな政治的外交を秋篠宮様がまとめて下さったんだ」と思う事だろう。

すなわち、各省庁へ自らの今までの行いを責任転嫁するのみならず、他を蔑める事により自らを引き立てようとしたのである。

また、外務省や宮内庁に責任転嫁をしておきながらも、やはりご自身が良い格好をする為であろうか、

『うちの娘には、せっかく頂いた公務だから選り好みするなと言っております』

という矛盾した発言を、会見にて、国民や世界中に向け言ってきた事実がある。

したがって、はっきり分かる事柄は、以下の〝5項目〟となる。

    1. 公務は選べる.

    2. 公務は受身で選べない.

    3. 観光旅行状態である.

    4. 観光で行っている訳ではない.

    5. 公務は受身で選べないので外務省や宮内庁が悪い.

上記のように、矛盾した事を平然と世界中に向け披露しているのだ。


当然、これらの事柄は、一般人の私でも判る事なのであるから、世界中に分析されているだろうと思う。

その他であると、記憶に新しい事柄として、歴史的人物との関係にまで至る。

それは、秋篠宮佳子内親王(佳子さま)が、〝ケネディ家の御子息と家族ぐるみのお付き合いをされている〟との報道がされていた事である。

しかし、これだけ歴史の捏造を遂行し、諸外国を見下す言行がある上で矛盾に満ちた発言や行動を取り続けて来たのであるから、単なる家族ぐるみのお付き合いという〝爽やかな報道〟ではないだろう。

秋篠宮家もとより天皇家と日本政府は、国際社会に対し、いわば喧嘩を売ってきた言動行動が其処にある以上、ケネディ暗殺事件で有名なケネディ家と関係を持つという事は、

『私たちが死んだらアメリカに殺されたと思って下さい』

というアピールと保険掛けをおこなったと視る以外にない。(詳細は後述の※関連項目をお読み頂きたい)

それも、佳子内親王(佳子さま)とケネディ家の御子息と個人的に知り合ったのではなく、〝外務省が引き合わせた〟というネットを利用した情報の流布がある以上、この話を公表していること事態が、『保険掛け』の要素であるという事が明確となる。

また、秋篠宮紀子殿下(紀子さま)の発言が週刊誌に掲載されたが、その発言内容とは、

『私は将来皇后になる人です・庶民なんて・将来の天皇(悠仁親王)が居る家なんですから』というものである。

秋篠宮紀子殿下(紀子さま)の話が本当ならば、自身の方が皇太子妃雅子殿下(雅子様)よりも皇后に相応しく、将来の天皇がいる自分の家こそが天皇皇后両陛下となるに相応しいと思想しているという事であろう。

また、『子供は親の背中を見て育つ』という考えから分析すれば、

『自分(秋篠宮紀子が皇后で、夫(秋篠宮文仁が天皇』という状態が相応しいとの御考えであろう。

これ以外であるならば、

『皇太子が秋篠宮よりも先に死ぬか、天皇としての責務を果たせなくなり退位する』

という確信が秋篠宮ご一家(秋篠宮紀子さま)にはあるという事になる。

また、あえてこの話を週刊誌に書かせる事によって、身内(天皇家内部)での仲間割れを防ぐ目的も見えてくる。

心理学的には、都合の悪い事柄は、否定する発言よりも肯定した発言をとる方が、相手自ら否定的に捉える。


〔例〕

警察:お前怪しいな!泥棒しただろ!

犯人:あー!さっきね!オレオレ!俺,泥棒!笑

警察:こいつ泥棒じゃなさそうだな.


この様な言動を敢えて取る事で、全体からの疑念を、全体自らが払拭するように、誤った解釈を引き起こす事ができる。

ちなみに、秋篠宮紀子殿下(紀子さま)は〝心理学を勉強している〟との事である。

したがって、実際に普段から秋篠宮紀子殿下(紀子さま)は自分が皇后になる事を考えているという証明となる。

恐らく皇太子殿下や、その他の皇族・関係者に対しては、

『ネット上でも、皇族同士が対立しているという工作をおこなっていますから、世間の目を逸らす目的で週刊誌に書かせましょう』とでも言ったのだろう。

そうでもしなければ、秋篠宮家の本心が露呈し、身内での対立に繋がるからだ。

さらに、今後の事としては天皇や皇后といった、高齢の皇族も多い。

したがって、この様に、秋篠宮家のような皇族のみが次世代となるのであるから、何かに付けて、

『次世代の皇族の結束力固めが必要な時なのよ』などという〝頭の中に花が咲いている者しか居ない〟という証明でもあろう。

〔はじめに〕でも記述したが、EXILEを即位記念式典に呼び、喜んでいるレベルだから仕方が無い。(社会問題や国民性すら分かっていない)

お遊びでは済まない事であるという自覚がまるで無いようだ。

【秋篠宮眞子(眞子さまが博物館へ就職した裏の意味】

眞子内親王(眞子さま)が博物館学を学び、現在は博物館へ就職されているそうだ。

博物館といえば、北海道大学植物園博物館に展示されている『羆の剥製』があるが、この剥製は、『丘珠羆事件の羆』であり、〝明治天皇が御覧になられた〟羆の剥製である。

これらの事柄を分析してゆくと、さらなる歴史の捏造と、自己正当化の為の保険掛けが明確となってくる。

千葉県我孫子市に、〝鳥の博物館〟がある。

これに絡み、博物館で動いた際には、北方領土=クリル諸島に生息する鳥である、『エトピリカ』に絡む事となる。

これに絡めば、ロシアと北方領土(クリル諸島)問題が解決した際には、秋篠宮眞子(眞子さま)がヒーローとなる事ができ、道東の方面でアイヌとの結びつきで明治政府の謀略を隠蔽する事もできる。

その他ならば、シャクシャインの戦い(函館と、戊辰戦争(函館絡みで、伊達家や会津の方向性で、明治政府から続く歴史の捏造(世界大戦の戦争責任を隠蔽工作する事ができる。

万が一、都合が悪くなったら丘珠羆事件と明治政府の謀略を、秋篠宮眞子(眞子さま)が暴き、北海道にて発生している冤罪事件や、道庁・北海道警察本部爆破事件を解決したヒーローになろうという魂胆が見える。

さらに、稲葉事件の舞台である小樽には、忍路(オショロといって、アイヌが儀式を行っていた地がある。

この事は、小樽博物館にて出土品の解説などと共に見る事ができる。

そのうえ、オショロとは、『貴重な・珍しい』という意味合いのアイヌ語が語源であり、魚では『オショロコマ』という魚が北海道に生息しているという事柄もある。

そのうえ、天皇陛下は魚類学者でもあるので、天皇を保護する保険掛けの意味合いをも含む事となる。

明治時代から保険掛けや自己正当化の行い方が、まるで変わっていない事が判る一例ともなっている。

要するに、どちらに転んでも、自分達はヒーローになりたいという御考えのようである。

尚、秋篠宮との関係が極めて強い山階鳥類研究所の研究員が、北海道とロシアを繋ぐ毬藻の研究に関連が深い釧路タンチョウ協会に移籍している。

概要としては、北海道のマリモがタンチョウによってロシアに運ばれた為、北海道のマリモと同じ遺伝子の藻類がロシアに生息しているという研究である。

即ち、秋篠宮が息子と共にマリモ博物館などに足を運んでいる事柄自体が、ロシア外交に関する自己の手柄を作りに行っているという事でもあるのだ。

※関連項目:【皇室と北海道】皇后雅子様と三笠宮家を繋ぐ北海道と秩父宮|ハマナスとロシア


【関連事項と国際動向】

    1. 米国,高速鉄道の事故(運転士は事故前後の記憶が無い)

    2. インドネシア、鉄道の発注を中国へ

    3. 英国、原発の発注を中国へ

    4. 日本人米国留学生の交通事故

    5. 英国、博物館学やるなら英国でやれとのアナウンス

    6. ロシア、航空機事故(321便)

    7. ウクライナ、ガスプロム社とロシアと欧州の繋がり

    8. 福島の物産展を海外で

    9. チベット、ダライラマ14世を札幌へ

    10. 話は通っているはずの安保反対運動に対する米国の怖い発言(注目しているが〝日本の内政の問題ですから〟)

    11. アフリカの開発と自衛隊の陸地測量部隊

    12. 国際的情報共有網から蚊帳の外の日本

    13. 自己保身に明け暮れる、名のある一族

    14. オリンピックが日本に決まった訳

    15. 王族がメディアに出てくるようになった理由

    16. 日本大手通信検索事業社が米国での回線事業を蹴られた訳とアリババ・日本財閥の関係

    17. 米国でのシェールオイル事業から日本財閥が追い出されている現状

    18. 米・中・英が〝狩り作戦〟を遂行している眞の目的と最終警告(古から伝わる狐の特性は眉唾)

これが日本の行っている事柄の結果である。

ユダヤの金融資本が悪いという考えは、日本が戦争責任逃れの為に『歴史捏造』を繰り返す為に作られたものである事は述べてきたが、そもそも、日本という国は、ナチスドイツと連盟していた国である。

※ちなみに、秋篠宮文仁親王殿下は、『ナチスドイツが製作を指揮した初代ビートル』に乗っていた。

車としては良い車であるが、立場上、それが意味する事は大きい。

尚、このビートルの購入を勧めたのが『天皇陛下の娘である清子内親王(黒田清子さん)の夫であり、文仁親王の学友』でもある。

当人自身、世間から反社会的であるとの憶測や批判を呼ぶ自分は格好良いと思っているのではないかと推測できる事柄である。

ナチスドイツと日本(歴史的写真)

写真⇒ナチスと日本の歴史写真

秋篠宮文仁(初代ビートル改)カスタム車両

秋篠宮の初代ビートルと平成の天皇皇后及