『江の島』は全国に2ヶ所存在する。一つは湘南、もう一つはなんと『北海道の島牧村!!』 眞子様の結婚相手、湘南-江ノ島-海の王子(小室圭さん)の〝秘密〟とは!?『美智子さまと紀子さまの〝プラン〟‐お二人に課せられた《反対されても〝勝ち取った強き愛〟》のシナリオ遂行』

秋篠宮眞子さまと小室圭さん〝結婚シナリオ〟の真相に統一教会関係者である笹川良一の影|『美智子さまと紀子さまの〝プラン〟お二人に課せられた《反対されても〝勝ち取った強き愛の絆〟》のシナリオ遂行』

【眞子さまと小室圭さんの政略結婚に関する明確なる動向と江ノ島海岸および笹川良一の関係】

昨今、日本国内に於いて、慶事の報が世間を馳せている。

どの様な慶事かと言えば、改めて述べさせて頂く必要も無いとは思うが、弊サイトで紹介させて頂いている、秋篠宮家の御長女である『眞子内親王(眞子さま)と、小室圭さん(湘南 江の島 海の王子)ご婚約』の報である。

2016年7月、とある週刊誌に掲載されたデートの報道に端を発する形で、御相手共々、世間に公表された慶事である。

週刊誌に掲載された報道内容に関する詳細については、そちらを御覧頂きたいと思うが、差支えが無い範囲で概要を述べると、御二人が神奈川県に電車でデートに行かれた際に、電車内で撮影された、寄り添い歓談する御二人の写真である。

現在では御婚約会見が開かれ、世間に御披露目となっている事柄であるが、報道された当時は驚かれた方もいらしたかもしれない。

実は、弊サイトに於いて分析すると判る事柄が多々あるのだが、週刊誌に掲載される3ヶ月ほど前から、横浜からのアクセスが目に見えて多くなっていた。

要するに、「眞子さまがデートをされている」と、いう目撃が、「目撃者のストレートな表現による検索結果に現れた」と、いう事である。 《分析手法》については、記述すると長くなってしまう為、この項目で詳細の説明を行う事は省略させて頂きたく思うので、詳細はリンク先を御覧頂きたい。(詳細リンク:検索数から割り出せる行動歴の解説|皇族の動向

それだけではない。さかのぼる事2年前の2016年4月頃から、同様の〝表現方法〟による検索結果が見受けられた事もあったのだ。

それは、「大阪」「福岡」「京都」「名古屋」「金沢」「栃木」といった地からである。

上述した地に於いて〝何があったのか〟は、知らないが、検索傾向が同様である事には留意したい所である。

前置きが長くなってしまったが、この項目のタイトルとした、

【北海道の江ノ島海岸と眞子様結婚の秘密(笹川良一と象の花子)】

上記についての詳細、即ち本題に入ろうかと思う。(尚、笹川良一は、統一教会の右翼組織である国際勝共連合の名誉会長であった人物である。)

秋篠宮家の御長女が御婚約されたが、お相手は、『湘南 江の島 海の王子』も勤めた方との事である。

〝湘南 江の島〟とは、島が存在する訳では無いとの事であるが、実在する地名である事に間違いはない。

江の島とは、はたして湘南のみに存在するのかといえば、そうではない。

タイトルのまま、〝北海道の島牧郡島牧村〟にも〝江ノ島〟は実在している。

こちらは、アイヌと松前藩が関連している土地であるとの事だ。

さて、〝江ノ島〟と〝江の島〟という〝エノシマ〟は、『〝湘南江の島〟と〝島牧の江ノ島〟の全国に2ヶ所しかない』のだが、実に不思議なもので、〝江ノ島〟に関しては、私の両親や、私が幼少期の頃から御世話になっている地なので何かと馴染みがあったりする。

馴染みがあるので少し土地柄を説明しよう。

島牧郡は素晴らしい自然に恵まれている極めて優れた観光地でもある。

例えば、「江ノ島海岸」は、積丹ブルーと評される色にグリーンがさらに深まった独特な色と、まるで映画のセットかと思うほどに瑪瑙などが散見される、色彩豊かな玉砂利の海岸で有名である。

その他には龍神伝説がある「賀老の滝=がろうのたき」や、「宮内温泉=ぐうないおんせん」がある。

「宮内温泉」には、有名な話があるそうで調べてみたのだが、何か違和感を感じるような気分となったので記述してゆく。

「宮内温泉」に関する歴史の中で、「ゾウの花子」が湯治を行ったとの事である。

ゾウの花子は、1964年にタイのバンコクから日本の子供達の為に、京都市の動物園に贈って下さったゾウであるとの事。

その後に、札幌市にある円山動物園に、1966年、お引越しを行い、1967年の旭川動物園開園と同時に旭川にお引越しとなったそうである。

しかしながら、残念な事にゾウの花子は越冬中に足が病気になってしまい、足が曲がらなくなってしまったそうだ。

したがって、一般公開できないと判断され、1968年、安楽死をさせる為に、札幌真駒内の開拓地に住んでいた北海剥製標本社の信田修治郎に売却されたそうである。

この時、ゾウの花子を購入した信田修治郎は、治療できると考え、安楽死をさせられ北海道大学に納められる予定である〝ゾウの花子〟の面倒を見る事としたそうだ。

その結果、なんとゾウの花子は再び歩けるまでに回復したそうである。

これらの話がマスコミに取り上げられ、全国で人気が出て、〝ゾウの花子の会〟という全国組織が設立されたとの事である。

しかしながら、1970年、「旭川冬祭り」に出演した際に骨折してしまい、立つ事さえできなくなってしまったそうだ。

その為、1970年8月から、長万部町(おしゃまんべ ちょう)の二股ラヂウム温泉で湯治する事となった。

ところが、温泉は冬期間閉鎖となる為に、同年11月、「宮内温泉」に移り、浴槽付きの〝花子のお宿〟という小屋を建て、長期間、湯治の為に面倒を看てもらう事となった。

ゾウの花子は、朝の7時から晩の4時まで健康診断や食事、歩行訓練を行い就寝するという湯治生活を送っていたそうだ。

この時の宮内温泉湯治滞在中に、〝ゾウの花子の会〟の招きにて、パラグアイ大使御一家や、茨城県議会一行が訪れる等、かなり人気であったそうだ。

この時期の関東地区花子後援会会長は、衆議院議員であった、〝三ツ林弥太郎〟との事である。

1972年には、〝偶然〟、宮内温泉を訪れた〝笹川良一〟が、ゾウの花子の姿を見て感嘆し、日本顕彰会から信田修治郎が社会福祉貢献者として表彰されたそうである。

1975年、ゾウの花子は宮内温泉を離れ、その後は内地(本州)を旅して回ったとの事。

5年後の1980年、ゾウの花子は募金で集まったお金を元に、飼主である信田修治郎と共にパラグアイに移住し、パラグアイで、その生涯を終えたそうである。

パラグアイでもゾウの花子は人気があったらしく、「パラグアイ日経ジャーナル創刊号」にて、〝花子南米の地を歩け-念願のパラグアイ移住-日本の子供たちの夢と希望を背にして〟という記事を表紙として取り上げたそうだ。

以上が、タイトルである「笹川良一と象の花子」に関する概要である。

そう、笹川良一といえば、言わずと知れた〝右翼の大物(国際勝共連合の名誉会長)〟であるが、その笹川良一が、影で関わっているのである。

〝偶然〟訪れたとの事だが、はたして偶然なのだろうか・・・?

なんとも、「江ノ島」と「江の島」‐「島牧」と「笹川良一」‐「動物園」と「秋篠宮」と「北海道」という『点と点が線で結べてしまう』のである。(秋篠宮の海外公務先も御覧頂きたい。2016年9月8日、眞子さまが公務でパラグアイへ行く等がある。)

統一教会国際勝共連合は、安倍政権、即ち自民党清和会の大きな支持母体の一つである。(自民党と腹心の関係である。)

昨今、安倍政権と皇室の対立が取り沙汰されているが、対立しているという構図から明確に逸れる事柄(矛盾)の一つが、この項目で述べてきた、秋篠宮家の〝江ノ島〟という慶事である。

秋篠宮家が、このタイミングで(2010年頃から)、あからさまに国際勝共連合(統一教会)へ近づく意味(意図)は何であろうか??

〔統一教会 とは?〕‐Wikipedia

〔勝共連合 とは?〕‐Wikipedia

〔笹川良一 とは?〕‐Wikipedia

~~~笹川良一と日本財団(テレビCMソング-愛は勝つ♪)~~~

日本財団愛は勝つ動画

【眞子様と小室圭さんと山守凌平さんの三角関係】

ICU大学時代、山守さんも小室さんも同じスキー部員だったとの話が週刊誌にて報道されていた。

そのスキー部に、眞子様も居た事実があります。

少ない人数のスキー部内で、眞子様は、男を取っ替え引っ換えしていた事実があります。

しかも、小室さんに乗り換えた後も、山守さんも居るスキー部で活動を継続していた事実があるわけです。

2011年、週刊誌にて、眞子様と山守さんが布団の上で寄り添っている写真が報道されました。

2012年には、記者会見の場に於いて、2人の関係を質問された紀子さまは、

『私達の学生時代を思い出します。うちの娘は爽やかな青春を送っております。』

上記の回答をしております。

しかしながら、眞子様と小室圭さんは、2012年から付き合っていると話をしております。

したがって、上述した、「スキー部内で男を取っ替え引っ換えしている」事実が鮮明となるわけであります。

よって、「小室圭さんに眞子様が騙されている」という風潮は、あまりにもおかしいという事に気が付きます。

どこが『爽やかな青春』なのでしょうか??

2012年の留学中に英国で知り合ったアジア人や日本人とも関係を持っているのも眞子様です。

その時期、既に小室さんと付き合っていた事実が鮮明となっております。

また、美智子様は、孫である眞子さまの男漁りの結果に心を痛めているのではなく、それらの話を出している世論に心を痛めていらっしゃるようでして、孫の酷さに愕然とするどころか『〝雑音〟声明文』を宮内庁から発表するありさまです。

皇室を擁護したいなら、男漁りの数々を正当化できる方法を全国民で考えてあげては如何か、と思う次第であります。

※これら眞子様の異性関係に関する趣味嗜好の何処が、『この国の為』として正当化できるというのでしょうか!? 国際的な問題を、自分の娘の男遊びの趣味嗜好を正当化する為に利用している事実があるわけであります。 したがって、眞子様の異性関係について、このように記述する必要がある訳であります。 即ち、プライバシーや人権を盾に言論を弾圧する事は、絶対に許されない事となる訳である。

※宮内庁職員や警備を担う警察官・官僚の皆様は、この様な皇族の為に職務を遂行している事に誇りを持ちましょう!!(私ならば世間様や御先祖様に顔向けできなくなりますが…。)

宮様スキー大会の破裂音事件で犯人の私が犯行直前に撮影した写真

2016年3月6日、宮様スキー大会の白旗山競技場で私が撮影した写真。

この日本という国の、人口1億2000万という数字をベースとした確率論で述べれば、偶然や関連妄想ではない事が、安易に、お判り頂ける事と思う。

天皇家(秋篠宮)と私の関係(川嶋紀子と満州事変‐宮城事件と近衛兵)に記述した、「平成の天皇と私の祖父の関連性」のみに焦点を絞っても、厳格なる確率論で述べる事ができる程であろう。

その他に、最低でも、

  1. 【天皇家と北海道】秋篠宮妃紀子様と皇太子妃雅子様に隠された意味(婚約や結婚相手と三笠宮)

  2. 秋篠宮家と〝実態を知る者〟の関係(秋篠宮家と満州事変)【錦舟】の画像

  3. 【近衛兵‐逆賊の汚名】2・26事件の勾坂暗号と通話記録,天皇家と財閥と政府が利用した近衛師団の屈辱の日【宮城事件】

  4. 眞子様と彬子様‐富士急様と○守様‐婚約と結婚‐皇室と政府の裏工作と印象操作

  5. 札幌市北区屯田ガスボンベ連続爆破テロ事件(警察に受け取り拒否された映像)

上記〔1~5〕のような事柄が関連してくるのである。

お読み頂ければ、私が先に述べさせて頂いた『確率論と必然性』を、ご理解して頂ける事と思う。

なぜ私が、このようなサイトを立ち上げ、服役や報復覚悟の上で、「宮様スキー大会)」に於いて、事件を起こしてまで告発しようと考えていたのか。

その理由を知る術は、弊サイトを閲覧して頂く他は、もう無くなってしまっているのが実状だ。

即ち、日本国憲法に明記されている〝言論の自由〟を行使する他に無いのが現状である。

【北海道の江ノ島で発生した事件と事故に関して】

その他、少々引っかかる点もある。

江ノ島がある島牧には〝栄〟という第125代天皇の御印である〝栄〟という地名もある。

その栄に於いては、栄漁港という場所に於いて、札幌と島牧を結ぶ非常に残念な事件(他殺と自殺)があったという過去がある。(一家心中との事だが、わざわざ札幌から200km程離れた、島牧村の栄漁港まで行く心理・必要性は・・・?)

事件とは関係ないかもしれないが、栄という地には2007年だったか2008年の事で少々引っ掛かる点が個人的にある。 詳細についての記述は、慶事という事もあり、現在は控えさせて頂きたく思う。

さて、これらの話は、私の『関係妄想』なのだろうか?

私は、統合失調症の関係妄想として、検察官が呼んだ医師及び行政に、これら記述してある全ての話を否定され、2016年11月1日から5ヵ月半もの間、精神福祉法第29条を乱用され、『強制入院』させられた。

突然、体を押さえ付けられた挙句、麻酔薬を注射され、意識が無い状態で5点拘束され、目が覚めるとベッドに5点拘束という状態にされていたのだ。

その状態を政府は知りながら黙っていたのであるから、政府のお墨付き『強制入院』という事だろう。

国際的な問題に、更なる問題を作り出したとの自覚が無いようである。


【追記;2020年5月20日】

2020年4月22日、私の自宅に北海道警察本部警備部公安一課の捜査官および爆発物探知犬や爆発物処理班が家宅捜索が入りました。

2020年4月26日、私、伊藤和浩は、2016年の家宅捜索に於いて『北海道警察が発見していながら意図的に押収せず放置していった火薬』を所持していた理由により、火薬類取締法違反の容疑で逮捕・勾留されました。

また、同年5月15日に私、伊藤和浩は釈放され、5月18日に札幌地検により不起訴(起訴猶予)とされました事を追記いたします。

北海道警察は、東京オリンピック開催に向けたテロ等捜査により浮上した危険人物が危険物を所持しており、テロを未然に防いだお手柄として世間に公表しています。(銃刀法違反加重所持・武器等製造の容疑については捜査中との事です)

島牧江ノ島海岸で死亡事故(2018.05.09)

上記の画像キャプチャは、2018年5月10日、中国の首相が北海道へお越しになられる直前に報道されたニュース記事である。 おそらく偶然であろうと思うが、このような死亡事故があったという事は覚えておきたい次第である。

《岩場で転落か、釣り人死亡 島牧の海岸》2018年5月9日11時14分発表【島牧】8日午後3時20分頃、後志管内島牧村江ノ島の海岸で、釣りに来ていた苫小牧市明徳町3の男性が亡くなった。以下略(参照元:北海道新聞)

尚、私が必然であると考える〝事件〟は、先述した、2007年にわざわざ栄漁港で身投げした〝事件〟である。

報道発表の住所にも注目されたい。

現在、弊サイトを閲覧して下さっている皆々様に対し、心より御礼を申し上げさせて頂きたく思う所存であります。

また、この度の御婚約(御結婚)に関し、心より祝福の意を表したく思う。

以上。

※関連項目1:仁和寺宮(小松宮彰仁親王-伏見宮)と蝦夷地開拓(北海道)の暗号公文書(明治維新)

※関連項目2:第125代天皇(皇太子明仁)の近衛兵(儀仗兵)‐軍人名簿とGHQ

2014年,江の島海岸にてアメマス3

ショア釣りで有名な島牧村江ノ島海岸の海アメマス1

2014年,江の島海岸にてアメマス1

ショアフィッシングで有名な島牧村江ノ島海岸の海アメマス2

北海道 島牧 江の島海岸 ヒラメ (ショア)

ショアサーフ釣りで有名な島牧村江ノ島海岸のヒラメ

2014年,江の島海岸にてホッケ

磯釣りアングラーに有名な島牧村江ノ島海岸のアイナメ(アブラコ)

2014年,江の島海岸にてアメマス2

サーフフィッシングのショアで有名な島牧村江ノ島海岸のウミアメ