三船殉難事件の体験談を札幌在住の生存者から聞いた。様々な情報が交錯する終戦宣言後の北海道に関する史実を三船遭難事件の生存者の証言を元に分析し公表する。何故、樺太真岡郵便局の電話交換手の女性達が集団自決をしたのか?等々

三船殉難事件の生存者から直接聞いた状況|樺太真岡郵便局の関連と北海道警察公安と政府の動き

【三船殉難事件の船舶の乗船者‐生還した男性の証言】(以下、2015年記述)

私が乗船者から直接聞いた話を記述したい。

この方は現在80歳間近であり、一流の職人である。

現在、札幌市東区にて、ご兄弟でラーメン店を経営されている男性である。(私のTwitterを御覧下さい)

当時、この方は小学生程であった。

樺太に一家で住んでいたそうで、終戦時に樺太からの引揚船に乗っていたと聞いている。

引揚の際、船上の甲板に兄弟と居たそうで、どこからともなく現れた舟により『機銃掃射』を受けたと聞いた。(狙って打っていれば機銃照射であろう) この際に、耳の横を機関砲の弾丸がかすめ、鼓膜が破れたと聞いている。

この方は、兄弟を守る為に覆い被さりその場に伏せたそうだ。

勇気ある行動があり、幸運にも被弾する事無く帰ってくる事ができたようである。

この際、甲板上には他の乗船者も居たそうで、複数人が機銃掃射の犠牲となったと聞いている。

この方が乗船した舟は、機銃掃射は受けたものの、沈没する事無く航行したという事である。

戦後からそれなりの時間が経過している為、この方が話をして下さった事と、三舟殉難事件とを比較した際に相違する点が一つある。

それは、『引揚船は〝2隻〟であって』という事である。

当時、引揚船に乗船する時間が違った為に、不幸中の幸いであろう、撃沈された船には乗船しなかったという事である。

ここで一つ、公表されている情報と、明確なる違いを示す『重要な話』を記述したい。

当時、この船に乗っていた引揚者の中には、〝軍人も居た〟という事である。

したがって、浮上してきた潜水艦が、どこの国籍の潜水艦であるのかを見分ける事ができる可能性がある。

私が聞いた話では、この男性が乗っていた引揚船に対し機銃掃射を行った潜水艦は、『日本軍の船』だという話が船内で広まっていたという事である。

したがって、話を聞いた当時の状況を分析してゆくと、

    1. 『潜水艦は浮上し,機銃掃射をしている為に目撃されている』

    2. 『軍人も多数乗船している船内では,日本軍が機銃掃射をしてきたという話が出ている』

    3. 『この男性の鼓膜が破れたのは、「引揚船が機銃照射を始めた為である」という事も言っている。』

上記の点である。

※繰り返すが、この男性は、引き揚げ船に設置されている機銃近くに居たそうだ。(鼓膜が破れたのは、この発砲によるとの話も聞いている)

※そもそも潜水艦は潜水しているから有効な兵器となるうえに、敵艦が完全に沈没していない状態に於いて浮上した場合、反撃を食らう恐れが極めて強い。 したがって、浮上している姿が目撃されているという事は非常に重要な証言となる。

例えば、日本軍が自国の引揚船に対して危害を与えたと仮定するならば、何らかの理由があったからであろう事が見えてくる。

では、どの様な理由があり、自国の引揚船に危害を加えたのか、この点を分析してゆくと、

  1. 『樺太』:サハリン(樺太)

  2. 『満州』:満州国概況

  3. 『真岡郵便局事件』:終戦直後に電話交換手が〝集団自決〟

上記に結び付いてくる事となる。

まず第一に、満州では芥子が栽培されていたという事、なにより芥子を流す事により資金を調達していたという事である。 アヘンのルートはどこであったのか、樺太と北海道が担っていた役割は、どのようなものであったのかという事である。

次いで、満州にて謀略が発生した『張作霖爆殺事件』や『満州事変』の根本は明治時代であるということ。

明治維新から領土拡大と覇権の拡大を行い、『第二次世界大戦を引き起こした』という事である。

この時期に、ソ連に近づくと同時に、ソ連をも踏み台にしようとした事が見えてくる。

第二次世界大戦に突入する際、日本は、ソ連含め数カ国の重役と合い話をしている事も重要なポイントとなってくるだろう。 また、『芥子坊主が分泌する乳白色の液』から生成されるモルヒネには強力な鎮痛作用があり、戦地では負傷兵の治療に使われたのは周知の事だろう。 したがって、戦争の下準備としての満州での芥子栽培があった事も指摘できるだろう。

では、大量の芥子を栽培していたにも拘らず、日本軍は戦時中にモルヒネが不足した事態は、どのように説明する事ができるのかを述べたい。

極めて単純な話となるが、満州で栽培されていた芥子は、外貨獲得の為であり、『戦場にて使用する事は想定していなかった』のではないだろうかという事が見えてくる。さらに、満州と樺太はソ連(ロシア)に近接するので、欧州諸国に攻め入る際には重要な地点となってくる事が見えてくる。

要するに、芥子をロシアに流し、外貨を獲得すると同時にロシアを嵌め込み、本当の目的である欧州侵攻に備えたのではないかという事が見えてくるのである。 満州と樺太を丸で囲った際には、ソ連侵攻の際に挟み撃ちとできる地理的関係にある事が見えてくるのではないだろうか。

したがって、満州と樺太を基点とし、満州鉄道と、ソ連の既設鉄道を繋ぐ事ができ、欧州圏に及ぶ国土の拡大と覇権を手にする事を前提とした戦略的な土地であったととらえる事ができるであろう。この事から、ソ連にモルヒネを供給し、時期が来たらソ連を統治し、世界を統治するという日本の構想が見えてくる事となる。

以上の事から『満州』と『樺太』の関連性を指摘できる事となるのである。

【※重要事項(追記日:2018.10.28)日本の公的組織が乗船者に接触を図っていた場合】

尚、上述した乗船者及び、その家族に対し、日本の情報機関である公安警察等が接触を図った場合、乗船者が話している実体験を、自国にとって都合が良いように歪曲しようという事になるであろう。

日本(外務省等)がロシアに対して抗議声明を行ってきている事自体が不条理となる可能性すら出てくる。

したがって、日本にとって不都合となる話を潰す為に公安警察等が接触しているという事となるからである。

即ち、私が乗船者から聞いている話が変わった場合に、公安警察等が接触していたのであれば、

『歴史を捏造する為に、公安等が接触していた。』という事となるからである。

例え、公安警察等が、「歴史を捏造しようという意図は無かった。」と言った所で、〝情報機関〟という性質上、捏造の意図が無いという事はありえないからである。

さらに、北海道警察の特徴として挙げられる事柄に、『でっち上げによる手柄作り』が、実際に行われたという前科がある。 要するに、〝内政の問題〟と〝国際的問題〟を理解できていないが為に、『稲葉事件や北海道警察裏金事件』が発生しているのである。

即ち、私に対して懇意にして下さっている方や、その家族に対しての「三船殉難事件の真相隠蔽工作」が発生した場合、極めて重大なる《国際的問題》を作り出したという事となるのだ。

したがって、「歴史を捏造する意図は無かった。」と述べた所で、乗船者や、その家族に接触した時点で「真相隠蔽工作」を行い始めていると「国際社会はみなす」事となる。情報機関である以上、「乗船者とは知らなかった」は通用しない。

国際的問題という重大な事を理解できない連中が関わっている以上、更なる重大な問題が生じる事が必至となっているのだ。

これらの話は、私の妄想では済まされない。

何故ならば、統計学の範疇となる確率論で述べた際に、これら一連の事柄は『必然的事由』となるからである。

妄想で済まそうという、実にやましく浅ましい考え方で事に当たって来た事は、〝死〟を意味する事となるのは必然である。 作り出した国際的問題の〝示しを付ける為〟には当然の事となるであろう。

北海道警察がいかようにして『でっち上げによる手柄作り』を行っているのかについては、『●次のページ』や、下記《※公安の尾行監視について》でも、その詳細を述べているので、そちらを御覧頂きたく思う。

尚、私がこの事柄を追記したのには理由がある。

公安警察等が既に、私を徹底監視・徹底尾行しているからである。

これらの事柄に関しても御一読願いたく思う。

※追記(2020年02月25日):2019年5月、三船殉難事件の方が廃業された。

前年の11月15日、道警の公安一課課長補佐の久保哲彦警部含め複数人が私を尾行待ち伏せし、店から出た私を店舗敷地内で取り囲み、近隣に聞こえる程の大声で絡んできた。 この様な事が公然と行われている。また、私が三船殉難事件の話をしても、ヘラヘラと笑いながら私の言葉を繰り返す状況である。

※追記(2020月04月11日):現在、この様な事を公然と行う当該人物(久保哲彦)は、北海道警察本部警備部外事課課長補佐に任命され、外事課の捜査官となっている。

【三船殉難事件と真岡郵便局事件の相関性(暗殺含む)】

それでは、『三船殉難事件』と『真岡郵便局事件』の繋がりは、どの様な事柄をもって指摘できるのか、以下に纏めてゆく。

先述した、『樺太と満州』を繋ぐ鍵は『モルヒネ』である事を考慮したうえで考えると、実に単純であり、欧州侵攻とソ連統治の謀略が露呈する事を防ぐ為に、『樺太の引揚者』が乗った船を撃沈したという事が見えてくるのである。

おそらくは、引揚者の中に重要な人物が乗っていたのであろう事に間違いないであろう。(乗船者が未だに不明)

また、『真岡郵便局事件』で自決した稚内の電話交換手は、樺太と北海道・日本本土を繋ぐ重要な役割を担っていたと見る事ができ、樺太からの電話を繋いでいた事から、

『重要な人物』が連絡を取る為に電話を掛けた記録を知っている『重要な証人』となる事は明白であろう。

したがって、『真岡郵便局事件』の交換手は自決させられたと考えるのが一番腑に落ちる結論となるのである。

以上の事を以って、『満州』『樺太』『真岡郵便局事件』の繋がりを説明する事ができる。

更にこの事は、現代で発生した『稲葉事件』にも繋がりがみえてくるだろう。

稲葉事件:北海道警裏金事件(ロシアと旭川と富良野と留萌)

※私、〝実態を知る者〟の曽祖父である『三次朗』の妹は、第二次世界大戦中に、

『軍部関連の電話交換手業務に就いていた』そうである。(真岡郵便局では無いと思われる。)

この曽祖父の妹は、終戦後数年の時を経て、『病死』した。

私の家系には、若くして『交通事故死や病死』といった、『不自然な死』が目立つ。

私が、これまでに述べてきた事により、〝実態を知る者〟は、天皇家;政府の謀略の的となっている事は、以上の事から見ても説明できるだろう。

※2013年4月と本年(2015年4月)、同様の事を、『まとめNAVER』と『ここと同様のサイト』にて、これだけの情報を公開したが、この時も『削除』された。

今回再び、これを記述し公開したが、再び『政府の圧力により企業が動かされ』削除されるのだろうか?


※これを記述している私は、現在29歳となった。

依然として、政府から国家犯罪の被害を受けている。(2015)

※これらを記述している私は、現在32歳となった。

依然として、政府から国家犯罪の被害を受けている。(2018)

※同上、2019

※同上、2020

※同上、2021

※追記:2019年5月、三船殉難事件の方の店は廃業された。

三船遭難事件生存者の旭川ラーメン店
三船殉難事件(樺太引揚船:サハリン引揚船)の小笠原丸の写真

※三船遭難事件、小笠原丸の写真

【三船殉難事件(三船遭難事件)‐概要】

三船殉難事件(さんせんじゅんなんじけん)とは、第二次世界大戦末期(日本の降伏文書への調印予告、および軍隊への停戦命令布告後)の1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上にて、樺太からの引揚者を乗せた日本の引揚船3隻(小笠原丸・第二号新興丸・泰東丸)が、ソ連軍の潜水艦による攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没し、『1,708名以上が犠牲となった事件』を指す。三船遭難事件とも呼ばれ、現在に至っても尚、《未解決・未解明の事件》である。当該事件の起因は、日本が引き起こした第二次世界大戦である。

※三船殉難事件:小笠原丸、第二号新興丸、泰東丸